« オリンピックで問われる「ずる賢さ」 | Main | ナショナリズムの「沸点」 »

August 02, 2012

「陰謀の国」のオリンピック

■ 昨日のエントリーの「補足」である。

 □ 川澄 シュート禁止令を訂正「ノリさんなりのジョーク」
              (スポニチアネックス)2012/8/2 7:02
 南アフリカ戦から一夜明け、「ノリさん発言」を一部訂正した。なでしこジャパンの川澄にシュート禁止令を伝え聞くと「それはノリさんなりのジョーク。自分が受けた印象は、ワイドに開いてボールを動かし奪われないでくれというニュアンスだった」と笑いながら明かした。
 南アフリカ戦には後半13分から出場したが、この日もミニゲームでシュートも決めるなど好調を維持している。「3時間のバス移動はあっという間だけど飛行機は別」と移動がないことも喜んでいた。
 

 「日本は現場が強い」という話を確認させる記事である。
 「なでしこ」佐々木監督の「勇み足」をフォローした形になっている。
 一昨日の「なでしこ」 における「引き分け」狙い戦術は、それ自体、批難されるべきではない。
 ただし、そういう戦術における「意図」を口に出して言ってはいけない。
 「総動員体制確立のために色々な選手の調子を確認した」とだけ言っておけばよかったのであろう。
 佐々木監督の「日本人らい生真面目さ」がポロリと出てしまった瞬間であろう。
 だが、そういう「生真面目さ」は、国際舞台では、仇となることもあるのである。

 ところで、英国は、「陰謀の国」である。
 開会式に「女王陛下の007」を登城させる演出は、「カッコイイ」ものであったけれども、そもそもジェームズ・ボンドが身を置くMI6は、英国の対外諜報を担って来た組織である。

 英国紳士にとって、「陰謀」や「謀略」は嗜みの一つである。 
 だが、そういうものにまつわる「後ろ暗さ」を「公正」や「気品」で見事に覆い隠してきたのも、英国紳士の流儀である。
 前のエントリーでも書いたように、「『ずる賢さ』は露骨になってはいけない」けれども、それを実践してきたのが、大英帝国の歳月である。日本人は、こうしたところは本腰を入れて倣うべきなのであろう。

 「ずる賢さ」には、「公正」や「気品」という衣装を着せよ。
 
 それができなければ、バトミントンで失格になった中韓両国ペアのような仕儀になる。
 オリンピックは、色々なことを考えさせてくれる。
 

|

« オリンピックで問われる「ずる賢さ」 | Main | ナショナリズムの「沸点」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「陰謀の国」のオリンピック:

« オリンピックで問われる「ずる賢さ」 | Main | ナショナリズムの「沸点」 »