« ロバート・ピールの三つの言葉 | Main | 「陰謀の国」のオリンピック »

August 01, 2012

オリンピックで問われる「ずる賢さ」

■ 何時もの通り、世は、オリンピック一色のようである。
 昨日の「なでしこ」の対南ア戦ドローは、「よい判断」であった。
 もし、まともに勝ちに行くようなことをやっていれば、「なでしこ」の名声も今が「極」になっていたような気がする。
 今後、「覇権」を握り続けようとすれば、「頑張るとき」と「頑張らなくてもいいとき」の区別は、できなければなるまい。

 ところで、開会式には、雪斎にとっての「人生の一作」である英国映画『炎のランナー』が使われた。
 ヴァンゲリス作曲のテーマをサイモン・ラトル指揮でロンドン・シンフォニーが演奏し、映画に、「ミスター・ビーン」が茶々を入れるという演出である。流石に、笑える演出である。
 この映画で描かれるのは、1924年パリ五輪、陸上短距離ででゴールド・メダルを獲得した英国青年の軌跡である。
 この映画では、見方によっては、主人公の二人にまつわる「相当にずるい」事情が描かれている。
 ユダヤ人青年は、専属コーチを付けるという当時の「アマチュアリズムの規範」からすれば問題になるような振る舞いを平気でやった。牧師の青年は、安息日である日曜日に行われる競技には出られないと訴え、急遽、出場種目を差し替えて競技に臨んだ。当然、この出場種目変更には、当時の英国代表団上層部の「政治力」がモノを言った。
 しかし、「勝てば官軍」である。彼らの活躍は、90年後の母国でのオリンピックで、思い出された。パロディー付きであったが…。

 オリンピックで問われているのは、「雄々しさ」だけではないl。
 そこに問われれているのは、「ずる賢さ」である。
 そもそも、古代ギリシャ・ローマ世界で賞揚されたのは、「獅子の威厳」と「狐の狡知」であった。
 ニコロ・マキアヴェッリは、それをルネッサンスの世に復活させたに過ぎない。

 故に、「遮二無二、全力で臨む姿勢」というのは、ただ単に「日本人の美意識」の問題であって、「戦争」の考慮の問題ではない。雪斎は、昨日の「なでしこ」戦でいえば、その「手抜き」の加減を観るのが、楽しかったと告白しておこう。問題は、そうした「ずる賢さ」が露骨に目につくか、覆い隠されるかということなのである。

 ところで、「なでしこ」の次戦は、ブラジルだそうである。
 難敵である。

|

« ロバート・ピールの三つの言葉 | Main | 「陰謀の国」のオリンピック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オリンピックで問われる「ずる賢さ」:

« ロバート・ピールの三つの言葉 | Main | 「陰謀の国」のオリンピック »