« フランスの「政変」 | Main | 「小澤一郎」の終り »

May 08, 2012

小沢一郎の党籍復活

■ 小沢一郎氏の民主党籍が復活だそうである。

 □ 小沢氏処分、8日に解除決定=党内に異論、対立激化も―民主
                時事通信 5月7日(月)     18時25分配信
 民主党は7日夕の役員会で、資金管理団体の土地取引事件で無罪判決を受けた小沢一郎元代表の党員資格停止処分について、10日付で解除することを了承した。8日の常任幹事会で正式決定する。消費増税関連法案への反対姿勢を強める小沢氏の処分解除で「反増税」の動きが加速するのは確実で、党内対立が激化しそうだ。
 役員会では、輿石東幹事長が「社会保障と税の一体改革などの課題を進めるため、挙党一致で対応する必要がある」として、8日の常任幹事会に処分解除を諮ることを提案した。
 ただ、昨年2月に処分を決めた際の党員資格停止期間は「判決確定まで」だった。このため前原誠司政調会長は、検察官役の指定弁護士が9日に控訴するかどうか最終判断することを踏まえ、「まだ処分解除を決めるのは早い」と慎重論を唱えた。ほかにも、「小沢氏は説明責任を果たすべきだ」という意見も出たが、最終的には輿石氏が一任を取り付け、解除の方針が固まった。 

 だが、このことには、「どうでもいい感」が濃厚に漂っている。
 党籍復活の根拠とされる先刻の無罪判決は、ただの「一審判決」である。控訴ということになれば、先が続く話である。
 最高裁まで行けば、決着は何年後のことになるのか定かではない。
 
 「小沢裁判」などの行方とは無関係に、彼には、政治上の「影響力」が残っているのか。
 小沢復帰で民主党の党勢は復調するのか。逆であろう。
 民主党という看板でなくても、「小沢党」で次の選挙を闘ったら、小沢陣営の勢いは、どのくらい保たれるのか。「数は力」の信仰の人物が「「数」を失ったら、どうなるのか。
 しかも、御本人はもう齢七十になろうとしている。
 石原慎太郎東京都知事のように明確な政策志向があれば別であるけれども、彼には、そうしたものはない。『日本改造計画』で書いていたことも、弊履のように捨てた。今さら、何らかの政策上の「旗」を掲げても、誰かが呼応するのも難しいだろう。
 彼には、「既に終わった」感が漂っている。

 「政局」しか頭になかった政治家の末路である。政治は、政策志向だけで語れるものではないけれども、そうした政策志向を大事にできない政治家は、簡単に失墜する。小沢氏が『日本改造計画』で書いていたような政策志向に戻ることもなそうである。

 下らないのが、「小沢側近」という議員たちの挙動である。
 自分に「議員」しての立場を与えているのが小沢氏ではなく有権者であることを、彼らは忘れていないか。
 「小沢ガンバロー」と気勢を上げるので、様々な疑惑について説明するように小沢氏に進言するのが、彼らに期待されていることであろうに…。

 小沢氏の党籍復活は、「党内融和」の模索だそうである。
 だが、「党内融和」を図ったところで、党勢の沈下が進んだら、意味がないと思うのだが…。

 民主党は、次の選挙で下野するとして、その後に「政権復帰」の機があると思っているのか。
 その「芽」を残せるかどうかは、今の姿勢にかかっているはずだが…。

|

« フランスの「政変」 | Main | 「小澤一郎」の終り »

Comments

小沢氏の党籍復活は、検察に控訴をしないよう圧力をかけるために、党籍復活を優先させているようにしか思えません。

民主党が党内融和と言うたびに、「しょせん民主党という内輪の話、結局、国民のことなどどうでもいいんでしょう」と腹立たしい気持ちになります。

民主党政権は昨年より、TPP、消費税、行政改革の懇談会と話題だけ振りまきますが、結局何も実現していません。政党としての意思決定もできていません。「やっているふり」で国民をごまかすのはもういい加減にしてほしいです。

その上、電力確保も最近まで放置し、原子力の代替にはならない太陽光発電の費用ばかりを国民に押しつけるなど、やっていることは滅茶苦茶です。

小沢氏が党籍復活すれば、有権者はなおさら民主党への信頼を失うでしょう。判決要旨を読む限り、小沢氏は限りなく黒に近いグレーです。

党内融和ばかりで、国民のために仕事をしない政権など不要です。民主党には、ぜひ党内融和に全力を傾けていただいて、そのまま次の選挙に臨んでほしいものです。

Posted by: いしかわ | May 08, 2012 at 09:15 AM

 新聞や雑誌、テレビやネットなどでは、小沢氏を擁護する意見がいまだに多く見られるように思います。私は若年でありますので、若い頃の小沢氏がどのような政治家であったのかということを肌身で感じたことはありません。しかしながら、多くの人を引き付ける小沢一郎という一人の政治家が持つ「神話」は、過去はともかく現在ではとっくに剥がれ落ちてしまっているように感じます。
 小沢氏一人だけならまだしも、現在の日本の国政に大きな悪影響を及ぼしているのは小沢氏にすり寄る(信仰している)小沢グループの議員であることは、冷静に政治を観察している人の多くが思っていることではないでしょうか。小沢グループの議員の行動からは、国会議員とは国民に選ばれた代表者である以上、(建前上は)互いに対等な立場であり、できるだけ自分の頭で考え、その判断をもとに責任をもって行動するしなければならない、という自覚が感じられません。日本国がどんなに無茶苦茶になろうと、自分の保身が第一といういやらしさが感じられるだけです。
 どんなに小沢グループの議員が今回の判決に気勢をあげたところで、次の衆院選では小沢グループの議員はほとんど再選できないでしょうから、野田首相や自民党には解散に向けて思慮を巡らせてほしいものです。

Posted by: 一読書子 | May 13, 2012 at 12:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/54617810

Listed below are links to weblogs that reference 小沢一郎の党籍復活:

« フランスの「政変」 | Main | 「小澤一郎」の終り »