« 「意識」の世界地図 1 | Main | 「意識」の世界地図 2 »

April 07, 2012

「外交青書」と韓国の抗議

■ 新年度最初のエントリーである。
□ 「竹島」日本領土は遺憾、韓国が外交青書に抗議
読売新聞 4月6日(金)20時45分配信
 【ソウル=門間順平】韓国外交通商省は6日、玄葉外相が同日、閣議報告した2012年版の外交青書に、日韓が領有権を争う竹島(韓国名・独島(トクト))を日本の領土と記述したことに対し、「不当な主張に深い遺憾を表明する。我々の領土主権に挑戦する、いかなる試みも容認できない」と抗議する報道官の談話を発表した。
 談話はまた、「日本が誤った歴史認識で独島を自国領土と主張するなら、『未来志向的な韓日関係』は空虚な言葉に終わる」と指摘。「日本は国際社会で責任ある役割を果たすことはできない」と激しく反発した。
 外交青書は竹島を「歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかに日本固有の領土」とし、「問題の平和的解決のため、粘り強い外交努力を行っていく」と記載した。
 
 相変わらずの反応である。
 ただし、韓国サイドがどのように反応しようとも、竹島領有権、日本海呼称、歴史認識に関する日本サイドの対応は、変わらないし、変えてもならない。故に、この件は、日韓関係の業病として長く続く。
 もっとも、「蒲柳の質」の人物が、養生専一に務め結局は長命を保つことがあるのと同じ理屈で、こうした業病を絶えず認識していることは、日韓関係に惰性や慣れが生じるのを避けることでもある。それ自体は、決して悪しきことではない。
 昔日、韓国は、日本にとっては、政治上も経済上もマイナーな存在でしかなかった。日本は、韓国に対して、「上から目線」で接してきたのであり、それ故にこそ、「泣く子」をあやすようにして韓国に相対してきたのである。歴史認識や領土が絡む摩擦が生じた折に、日本が示した対韓姿勢とは、そうしたものであった。韓国からすれば、日本の「反省」が「反省」として映らないのにも、そうしたことに理由があろう。
 だが、もはや、そういう時代でもあるまい、韓国は、相応の国力を持つ存在になったのであるから、日本も、今後は遠慮なく自らの「国益」を主張すべき段階である。「子供相手のボクシングでは手抜きはするけれども、大人相手のボクシングでは本気で打ち込む」というのと同じことである。その「本気のボクシング」に韓国が耐えられるかは、雪斎には判断する材料がない。日本は、憲法や外交人員・予算の点で、片手を縛ったままの状態で、対韓関係を含む国際政治のゲームを半世紀以上も続けてきたのであるから、その縛りが解けたら相当に「楽しい」ことになりそうである。韓国は、「普通の国」としての日本を相手にしたことはないのである。
 野田佳彦内閣は、外交の面では、「大過なく」振る舞っている。鳩山由紀夫内閣期の外交上の対応が、余りにも禍々しかった故に、野田内閣の「普通の対応」が一層、清々しく感じられるだけかもしれない。武器輸出三原則の緩和は、実に佳き対応であった。自民党が政権を奪回した暁には、前に触れた日本の「縛り」は次々と外していくことになる。雪斎は、その準備を急ぐように、自民党関係者サイドに提言している。

|

« 「意識」の世界地図 1 | Main | 「意識」の世界地図 2 »

国際情勢」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「外交青書」と韓国の抗議:

« 「意識」の世界地図 1 | Main | 「意識」の世界地図 2 »