« カンボジアの「縁」の話 | Main | フランスの「政変」 »

April 15, 2012

「次の選挙」の意義

■ 北朝鮮のミサイル発射は、失敗した。
 三年前の発射からは、技術上の進歩はなかったということなのであろう。
 北朝鮮には、「ミサイル開発の父」、「核開発の父」と称されるような技術主幹は、いるのであろうか。
 失敗の折々に、一々、詰め腹を切らされていたら、技術開発に必要な「経験の蓄積」などできるはずはない。
 だが、それでも。結局、日本の安全保障環境は、変わっていない。
 □ 社民、抗議するも「自衛隊展開は緊張増幅」
         産経 2012.4.13 13:50 [核・ミサイル事情]
 社民党は13日、北朝鮮の「人工衛星」と称する長距離弾道ミサイル発射を受け、「国際社会の意思を無視した発射に断固抗議する」との談話を発表した。
 重野安正幹事長名の談話では、イージス艦や沖縄県に地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を配備した政府の対応について「『北朝鮮の脅威』を口実にミサイル防衛システムの整備・強化、『南西諸島防衛』の名目で自衛隊の沖縄展開に利用することは、北東アジアの緊張関係をかえって増幅しかねない」とも指摘した。

 こういう反応を聞くと、日本政治の最大の不幸は、ドイツにおけるヴィリー・ブラントやヘルムート・シュミット、フランスにおけるフランソワ・ミッテランのような政治家が登場しなかったということにあろうと痛感する。
 故に、次の衆議院選挙は、「民主党を政権の座から降ろす選挙」ではない。
 それは、「社会民主党」と「民主党内旧社会党残党」の息の根を止める選挙である。
  おそらくは、次の選挙の後、憲法改正という「旗」を立てれば、共産党以外の日本の政党は、大概、乗ってくるであろう。「みんなの党」も「橋下・大阪新党」も、その志向は同じである。石原、平沼、亀井各氏を中心とする「元・自民党」保守政党は、いうに及ばない。次の選挙で、民主党内の生き残りがあるとすれば、それは、前原、枝野、野田といった各氏であろう。彼らのような旧日本新党系は、こうした政策志向に異を唱えることはないであろう。
 野田内閣支持率は、時事通信の最新のもので、22パーセントである。10パーセント台突入間近である。
 ここまで落ちると、「辞める理由と時機」が問われることになる。
 過日、さる筋から聞いた。
 「通常国会会期一ヵ月延長、七月末に消費税法案処理、同時に解散。八月末に総選挙」という観測があるらしい。
 雪斎は、それでいいと思う。
 できれば、そのあとに、「自民・公明、民主」で「挙国一致」内閣樹立をやってほしいと思うが…。
 


|

« カンボジアの「縁」の話 | Main | フランスの「政変」 »

Comments

前原、枝野、野田といった各氏の親分は、元全共闘の仙谷氏ですが、雪斎さんは彼は放置しても良いと考えているのでしょうか?

Posted by: Baatarism | April 16, 2012 at 11:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/54475426

Listed below are links to weblogs that reference 「次の選挙」の意義:

« カンボジアの「縁」の話 | Main | フランスの「政変」 »