« 「永遠の青年」の政治 | Main | 「解散」への極秘会談? »

February 28, 2012

「あさま山荘」から四十年後の風景

■ 今日、連合赤軍「あさま山荘事件」の機動隊強行突入の日から四十年目である。
 一昨日午後、NHKがドキュメンタリー番組を放映していた。
 事件当時、雪斎は七歳である。
 「鉄球で建物を壊している光景」だけが印象に残っている。
 加えて、赤軍派の面々を事件後も折に触れて、「大学に行かせてもらって下らぬことししかしなかった馬鹿」と吐き捨てた父親の表情とかである。

 雪斎は、左翼運動と呼ばれるものには、微塵もポジティブなイメージを持ったことがない。
 往時の極左過激派の面々が攻撃しようとした「体制」側のほうに、近しい人脈が出来上がった。

 たとえば、事件処理の前線指揮官として高名なのが、佐々淳行さんである。
 先週、その佐々淳行さんと会った。
 佐々さんには、「永田町」で仕事をするようになってから、今に至るまで随分と世話になっている。
 事件前夜、佐々さんが最重点の警備対象とした政治家が、雪斎にとっての「先代」、愛知揆一であった。
 その「縁」が、雪斎にも回ってきたのである。
 「そろそろ、君が正論大賞をもらえ」と佐々さんが仰っている。恐縮する他はない。

 後に、事件当時の警察庁長官であった後藤田正晴さんにも、話を聞く機会を得たことがあった。
 「怖い」と思った。ひとに会って、「怖い」と感じたのは、久し振りに思った。
 だが、後藤田さんは、雪斎の政治認識に最も強い影響を与えた政治家の一人である。
 今の政治家で、「怖い」と思わせるような例は、どれだけあるのだろう。
 後藤田さんが逝去した時、追悼文を書いた一人が、雪斎である。
 再掲しておこう。これも「縁」である。
 □ 追悼 後藤田正晴
 ところで、現在、放映中のTBSドラマ『運命の人』で、後藤田さんの役を演じているのが、伊武雅刀さんである。絶妙すぎるキャスティングであろう。

 雪斎は、一時期、左翼活動家の面々と接触していたことがある。
 事件から十数年後、一九八〇年代後半、雪斎は、北大学生だった。
 当時、雪斎は、レーニンの著作を一通り読んだ。
 アイザック・ドイッチャーの『トロツキー伝』は、面白いと思った。それにしても、分厚い書であった。
 『スターリン伝』は退屈だった。
 当時は、ソヴィエト連邦史を理解しようすれば、それらは、必読書だと思っていたのである。
 今でも、ロシア史に触れるのは、雪斎の趣味の一つである。
 そして、学食でアジ・ビラを配っていた左翼シンパの「もぐり学生」、「老残活動家」を捕まえて、「君は、『トロツキー伝』を、ちゃんと読んだかね…」と噛みついていた。当時でも、そういう著作を脇に抱えている学生は、「化石」の類であったから、彼らも雪斎を「少しは話せる奴」と勘違いしたのであろう。そのやり取りの中で、「左翼が知的だなどというのは、嘘だろう…」と思った。「マルクスやレーニンの著作を読んだ程度で、世の中のことが判ったような気になる頭脳」の持ち主が、何故、知的なのか。それ以前に、その面々の多くは、そうした著作をまともに読んでいないことが判ったのである。

 当時、ミハイル・ゴルバチョフの「改革」か始まっていた。「マルクスもレーニンもまともに読んでいない左翼活動家」の姿0は、共産主義体制崩壊の予兆を示していた。

|

« 「永遠の青年」の政治 | Main | 「解散」への極秘会談? »

Comments

本論とはあまり関係はありませんが、後藤田氏がどんな風に「怖い」人だったのか、詳しく語って欲しくあります。
いい大人に「怖い」と思わせる人物というのは、なかなかいないものですし

Posted by: 村好 | February 29, 2012 11:58 PM

アフターザレッド 連合赤軍 兵士たちの40年を読んでいます。第1章第2章を読み終わりましたがなかなかいい本です。朝山実著 著者はルポライタ―でアエラ等で取材しさらに深入りしたとのこと
最近アラブの春さらにロシア中国等デモが続きますが、歴史は繰り返すのかどうか 今日のお昼はかなりの人数のデモを見かけました。

Posted by: 星の王子様 | March 07, 2012 08:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「あさま山荘」から四十年後の風景:

« 「永遠の青年」の政治 | Main | 「解散」への極秘会談? »