« 近時のテレビ・ドラマの二題噺 | Main | 大阪維新「船中八策」の「馬脚」 »

January 18, 2012

政治家の言論と学者の言論

■ 雪斎の新著は、自民党の「売店」には、かなり置かれているらしい。
 一昨年の下野の折に、「自民党の再建に助勢仕る」と無茶な振る舞いをしたのであるから、それくらいのことはしてもらっても、罰はあたるまい。
 ところで、雪斎にとっては師匠筋にあたる山口二郎教授と橋下徹大阪市長とのテレビ朝日番組上での対談の模様が、話題になっているらしい。雪斎は、この対談を観てはいないけれども、率直に不毛にして無意味な対談であったであろうとは想像できる。山口教授と橋下市長との間には、議論の前提としての「敬意」や「共感」が成立するように思えない。山口教授が竹中平蔵教授を相手にした対談では、政策志向を異にするとはいえ学者同士の作法を守った議論が成立していたけれども、橋下市長を相手に同じような議論が成立とするとは考えにくい。言論の世界では、その目的や立脚点を異にした「異種格闘技」は大概、不毛なものにしかならない。山口・橋下対談も、その「異種格闘技」の類であろう。「民主党シンパ」と呼ばれていた山口教授のような学者は、民主党の「再建」、あるいは日本における社会民主主義政治勢力の再建に乗り出すべきであって、橋下市長相手の「異種格闘技」に首を突っ込んでいる暇はあるまい。「教え子」の一人としては、そのように申し上げる他はない。
 政治家は、彼らにとって実際の統治に参考にできる学者の意見しか尊重しない。彼らは、「実践の世界」の住人なのである。学者が「学問の権威」を掲げて自説を披露しても、l政治家が「それは使えない」と反応すれば、それで終わりである。雪斎が「永田町」で政策担当秘書として手掛けたことは、学者が披露する説を「使える状態」にして政治家に伝えることであった。「権力や利益の追求」を旨とする政治家の言論と「真理の追究」を旨とする学者の言論には、本来、越えがたい断層がある。

 橋下徹という政治家に関していえば、雪斎は、既に下掲のような論評を加えた。だが。雪斎が彼に関して語れるのは、これが限度である。関西圏」の復活が日本の国益に合致するであろうとは、その通りであるとしても、雪斎は、大阪の事情には「疎いのである。拙論の趣旨は、一つである。「ぐだぐだいわずに、結果を出せ」。
  □ 橋下徹の「大阪維新」の前提
 平成二十三年晩秋の「大阪の陣」は、橋下徹(前大阪府知事/大阪維新の会代表)が率いる「大阪維新の会」の完勝に終った。選挙の結果。大阪府知事には松井一郎(大阪維新の会幹事長)、そして大阪市長には橋下が、それぞれ選出された。民主党や自民党にとっては、この結果は衝撃的であったかもしれないけれども、そうした時節であればこそ、橋下における「大阪維新」の論理を冷静に検証する必要があろう。
 選挙戦最中の推移から判断する限りは、橋下の圧勝には、二つの要因が作用していた。
 第一に、「大阪都」構想を掲げた橋下の政策志向は、誠に明確なものであった。しかも、大阪府知事から大阪市長に転じようとした橋下の姿勢は、この構想実現に向けた彼の「本気度」を世に印象付けた。「郵政民営化という政策」ではなく「小泉純一郎が手掛けようとしたこと」が支持された「郵政選挙」に似た風景が再現されたのである。
 第二に、橋下の勝利は、他面では平松邦夫(前大阪市長)の「自滅」の結果である。平松は、民主党、自民党、そして共産党といった既成政党の相乗りの支持を受けたけれども、そうした様相は、「平松が再選されればならない理由」を世に説明するのには、明白に支障となった。故に、平松は、たとえば「独裁が必要だ」という趣旨の橋下の言動に煽られる形で、大阪府民に一定の程度まで漂っていた「反・橋下」感情に乗ずる体裁での選挙運動を展開した。橋下の苗字とファシズムを掛けた「ハシズム」なる造語さえ登場したのは、結局のところは、橋下批判を趣旨とするネガティヴ・キャンペーンしか選挙戦術として採れなかった平松の安易さを暗示していた。
 ただし、ネガティヴ・キャンペーンを含む選挙手法は、橋下のように凡そ品行方正を装わず、その故に毀誉褒貶の激しい候補を相手にした場合には、効果を生まないことが多い。こうした毀誉褒貶は、ニコロ・マキアヴェッリの言葉にある「果断さ」の反映なのである。橋下と平松を比べた場合、その政治姿勢から「果断さ」が伝わったのは、明らかに橋下の方であった。橋下に対するネガティヴ・キャンペーンは、平松自身のアピールを意味するわけでは決してなく、却って橋下の「存在感」を浮き上がらせる結果を招いたのである。平松の敗北が「自滅」であったことの意味は、そうしたことを指している。
 もっとも、此度の「大阪の陣」を経た橋下の政治上の「隆盛」が続くためには、一つの前提がある。それは、彼の政治上の「野心」の射程が、「大阪都」構想という大阪地域限定のものに留まるということである。「大阪都」構想は、大阪府と大阪・堺両市を再編する趣旨のものであれば、その実現に至る道程は、決して平坦なものではない。しかも、この構想それ自体が、大阪を含む関西圏の「活力」を底上げできるかは、決して自明ではない。橋下や松井には、脇目を振る暇のない取り組みが今後、少なくとも数年の間は求められているのではないか。
 故に、橋下が大阪府知事や大阪市長としての「声望」を梃子にする体裁で国政に進出するような思惑を抱いたとき、彼の権勢は、途端に失速を始めるであろう。彼の政治上の到達点は、「大阪都」構想を実現させた上で、自ら大阪「都」知事として地方分権を加速させることでしかない。彼の政治上の隆盛は、日本における関西圏の地盤沈下を防ぐという「時代の要請」を前にして、彼がそれに応えるに足る「ダイナミズム」を示していると世に受け止められていることの結果である。もし、彼が、国政に色気を示せば、その「ダイナミズム」は、確実に失われるであろう。
 振り返れば、一九五八年、シャルル・ド・ゴールが樹立したフランス第五共和制は、共和制の枠組の中に「君主」を登場させる趣きを持つものであった。それは、大統領に対して半ば独裁的な権限を付与した政治体制であったのである。けれども、ド・ゴールの実際の執政は、首相に任じたミシェル・ドブレやジョルジュ・ポンピドゥーに内治の多くを任せ、ENA(国立行政学院)の枠組で養成された行政官僚の能力を動員するものであった。世に独裁的、強権的と評されたド・ゴールの執政は、実際には国民各層の様々な知見に依るものであった。彼の執政は、「緻密さ」や「細心さ」を伴なったものであったのである。
 橋下における「大阪維新」が成就するかは、彼が「独裁」の言葉で印象付けられる仰々しさの裏で、どれだけの「緻密さ」や「細心さ」を実際の執政に際して披露できるかにかかっているといえよう。『世界日報』2011.12

|

« 近時のテレビ・ドラマの二題噺 | Main | 大阪維新「船中八策」の「馬脚」 »

Comments

 橋下氏は結局、大阪都構想での大阪市の区割り案を一向に示さず選挙を戦いました。ずるい態度だと思います。

 WTCは耐震性に致命的な欠陥があったことが発覚しています。今後30年間で補修に1000億円かかります。しかし、購入前から問題は再三指摘されていました。橋下氏は議会の二度の否決にもかかわらず移転を強行しました。咲洲庁舎への地下鉄が震度5で停止することも事前に指摘されていました。橋下氏はなんと、WTCを防災拠点にすると言ってたんですよ。

 有識者からの指摘は無視し、自分の判断を優先して大失敗した橋下氏に、そのような緻密さがあるとはとうてい思えません。ちなみに、府知事時代に自身で集めた有識者からも都構想は否定的な見解が出されています。

 雪斎先生がどう思われるか分かりませんが、左派には橋下氏がワイマール共和国から選挙でうまれたヒトラーにかぶってしまうんですよ。改憲勢力の期待の星としてかつがれるのではと。雪斎先生の予測どおりに、国政ではポシャることを期待します。
 

Posted by: 左派 | January 21, 2012 at 12:03 PM

雪斎様の懸念通り、橋下氏は国政参加を非常に急いでいるように見えますね。
一部の方は国政参加を熱狂的に支持しているようですが、私はどうにも胡散臭く見えてたまりません。政治手法が小泉元首相の上面だけを真似ているように見えるからだと思います。

私は橋下氏があちこちでぶち上げているマニュフェストのようなものの方向性自体には8割方賛同できるのですが、それを周辺の既得権益層などへ十分な根回しと説得・妥協を行った上、きちんと実行できるかについては非常に懐疑的です。また、どこかで足を掬われてしまい、全てが頓挫してしまう可能性が日に日に高まっているのではないかと思います。そしてそれは、日本全体にとってもマイナスではないかと。

小泉元首相には竹中平蔵というブレーンと飯島勲という懐刀が有りました。
対して橋下氏には上山信一というブレーンがいますが、飯島勲に伍するような懐刀を手に入れているのか否か。この辺が今後の展開に非常に影響すると考えています。

Posted by: お父ちゃん | January 22, 2012 at 10:57 PM

別に不毛でも無意味でもありませんでしたよ
映像見ましたが仮に山口先生が学者の代表であると言うのなら
この世に学者というものは不要だろう、そう思えるくらい氏の主張は稚拙でしたね
本人を前にしてイメージ論で橋下批判を繰り返し、具体性のある話になったら
根拠を訊ねてくる橋下相手に返答に窮し「知りませんでした」
でも「間違ってるのは橋下」と譲ろうとしない。これじゃ子供です
メンツを潰しにかかった橋下の態度も大人げなかったのですが
それ以上に山口先生の情けない事。不憫にさえ思えました

Posted by: 猪山 | January 27, 2012 at 02:04 PM

 雪斎先生、勝手なリクエストに応えてくださりありがとうございました。拝見しての感想です。
 雪斎先生は「政治家」と「学者」に二分化して「議論は成り立たぬ」と断じてらっしゃいますが、人間はそういう二分法で単純に割り切れるものではありますまい。政治家兼学者も大勢いらっしゃいます。少なくとも山口先生は現実政治に対して公に論陣を張ってらっしゃる以上、「ボク学者だから意見の合わない政治家とはお話しできないの」では済まないし、「政治家の土俵」で対峙する気概でお臨みだったと拝察します。でなければ「現実政治に口出しなんかせずに、狭い学問界でせっせと論文書いてろよ」ということかと。もっとも山口先生を身近でしってらっしゃる雪斎先生が、師であるが故に遠回しに、「山口先生は政治家と直接対峙する資質のない学者だ」とおっしゃってるのかも・・・・と読めもするのですが。
 橋下評については雪斎先生にしては甘い。彼は沈下する大阪(その先に「沈下する日本全体」が知事就任当初から暗示されていたわけですが)を立て直すには構造そのものを変えて競争社会を作り出す必要があるとしていて、大阪が独立国でない以上、国政への参与は、知事就任以来時間の問題だったと思います。むろん、政治家ですから最初からそんなことは言うわけないですが、でもちょっと考えれば、国会で法改正しない限り、彼の望む地域ごとに競争して全体を活性化させる、なんてできないことぐらい誰でもわかるはず。もっとも、現状の議院内閣制の下で彼の手法で国を動かせるか、「橋下&その一味」の政治会派の現状で大丈夫か、たくさん懸念点はありますけど。そして私自身は、橋下氏の志向する社会態様になると「怠け者の自分には暮らしにくくなるだろうなぁ」と思っておりますが。
 あと「結果」は大阪府知事という限定された権力で4年弱という期間にしてはけっこう出していると思います(これは評価の仕方でしょうが)。「結果を出せ」は正論ですが、「ぐだぐだいわずに」はとっても余計だと思います。ああいう既存政党・利益団体に依拠しない政治家は、「ぐだぐだ」言って大衆を乗せなければ(悪くいえば扇動ですが)、ガチガチの既存権益を破壊することなど到底不可能であろうことは、政治の現場にいらした雪斎先生なら自明のことではないかと思いました。
 長文かつ生意気な意見、ご容赦ください。

Posted by: 吉田です | February 10, 2012 at 04:59 PM

「常識としての保守主義」をちょっと前に買って読みました。もうちょっと深堀したほうがいいのではというところもあったのですが、基本的な教養の共有という意味ではよかったのかもしれません。後半の個別の保守政治家を扱ったところでは、他の人はなんとなくどういうことをやったか分っていたのですが、アデナウアーについては無知でしたので、単純に勉強になりました。
私も陰ながら自民党の再生に協力してきたつもりですが、さて、どうなることやら。次総選挙があれば議員数は増えるとは思いますので、広義の再生は達成できるのでしょうけどね。
山口二郎教授には、正直、いい印象はもっていませんが、学問の世界ではそれなりに業績があるのでしょう。しかし、現実の政治センスの乏しさを見ると実際に政権のブレーンを目指すよりも訓詁学に徹したほうがいいのではないかと思いました。

Posted by: 江戸の黒猫 | February 12, 2012 at 07:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/53763497

Listed below are links to weblogs that reference 政治家の言論と学者の言論:

« 近時のテレビ・ドラマの二題噺 | Main | 大阪維新「船中八策」の「馬脚」 »