« 真冬の二題噺 | Main | 政治家の言論と学者の言論 »

January 17, 2012

近時のテレビ・ドラマの二題噺

■ TBSドラマ『運命の人』を観る。
 いわゆる「西山事件」を題材にした山崎豊子原作のドラマである。
 劇中、大和田伸也さんが演じていた政治家のモデルは、雪斎が「先代」と呼んでいた愛知揆一である。
 佐藤栄作内閣では外相、田中角栄内閣では蔵相を務めた。
 シャルル・ド・ゴールの穀倉には、日本政府代表として参列した。
 故に、ドラマ化の話を聞いた時、率直なところ、「先代を演じるのは誰よ…」という関心が先に立った。
 大和田さんが演じていたのを見て、違和感を感じなかったのには、安心した。
 大和田さんぐらいの俳優ならば、愛知揆一の「剛毅」と「怜悧」の双方を演じられるのは、当然なのであろう。
 こういうドラマは、筋書云々よりも、「誰が、どういう演技をするか」に着目するほうが楽しいかもしれない。
 人間造形的には、本木雅弘さん演じる主人公の記者は、面白くない。
 むしろ見ていて面白いのは、大森南朋さん演じるライバル紙記者のほうであろう。これは、あの御方をモデルにしているのであろうか。

■ 今年は、久しぶりに、「普通の大河ドラマ」が期待できそうである。
 『平清盛』のことである。
 この三年の大河ドラマは、ひどすぎた。
 「先人の歴史」に何の敬意も持たない脚本家が書くから、このような結果になる。
 特に昨年のものは、「ままごと」であろう。一昨年のものは、「プロモーション・ビデオ」、三年前のものは、「学芸会」だったか。真面目に演じている俳優たちが気の毒であろう。
 雪斎の新著では、いきなり四半世紀前の大河ドラマ『武田信玄』の場面の引用から始まる。
 あの時代のものは、歳月が経っても、様々な場面を覚えているものなのである。
 ところで、白河法皇を演じた伊東四郎さんの「怪演」ぶりには、おもわず膝を打った。 
 ただし、雪斎が期待しているのは、「日本三大怨霊」の一つである崇徳上皇を井浦新さんが、どのように演じてくれるかである。雪斎は、井浦新という俳優は、往時の石橋蓮司さんを髣髴させる「怪演」系の雰囲気を持っていると思うので、是非、清々しいまでの「怪演」を観たいと思う。

 

|

« 真冬の二題噺 | Main | 政治家の言論と学者の言論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/53756021

Listed below are links to weblogs that reference 近時のテレビ・ドラマの二題噺:

« 真冬の二題噺 | Main | 政治家の言論と学者の言論 »