« 長谷川如是閑の言葉 | Main | 政治家が憧れ倣おうとした「指導者」 »

May 16, 2011

エコ・ポイント制度を復活させよ。

■ 雪斎は、若い時は、「当たって砕けろ」式の「精神主義」の権化だったtが、今は逆になっている。
 戦時中、「贅沢は敵だ」と書かれた張り紙の「敵」の字の脇に「素」の字を小さく書き加えたひとがいたのだそうである。雪斎は、この感覚は好ましいものだと思っている。
 だから、今は、「保守派」と呼ばれても、戦時中には、おそらく「非国民」と呼ばれたかもしれない。

 目下、新手の「欲しがりません。勝つまでは…」の風潮が広がっている。
 「節電ファシズム」と呼ぶ向きもある。

 そこで、一つの提案がある。
 エコ・ポイント制度の復活である。
 三月で終了した制度だが、それを今こそ復活させるのである。
 国民に「15パーセント節電」を呼びかけるのであれば、相応のインセンティブぐらいは用意したほうがいい。
 
 冷蔵庫やクーラーは、昔よりも電気を使わない構造である。
 コンピューターも、今ではエコ・モード対応のものが増えている。
 照明も、白熱電球ではなく、LED電球が主流になりつつある。
 近々、家庭用畜電気も発売される。
 
 こういうものを劇的に普及させるための「エコ・ポイント制度」復活である。
 結果としては、日本社会全体として、「電気を使わない」構造になっていくのであろう。
 家庭も、「精神主義」的な節電励行をやる余地が減るであろう。
 経済活動も回るであろう。

 新手の「欲しがりません。勝つまでは…」を呼びかけるよりは、はるかに意義のあることだと思う。

 震災の衝撃は、「新しい時代」を開くのではない。
 今までにあった「流れ」を速めるのであろう。

|

« 長谷川如是閑の言葉 | Main | 政治家が憧れ倣おうとした「指導者」 »

Comments

既に4月に与党から同趣旨の節電エコポイントなるものが提案されていますが、どうなったんだろう…。ただ、節電インセンティヴなら、結局電気料金値上げをすぐにでもやったほうがいいと思う。賠償をどうするかとかいった以前の話。一番最初に与謝野さんが正論言ったのに、かき消されちゃいましたね。何のために与謝野さんを入れたのやら。

Posted by: 茅野 | May 16, 2011 at 11:20 AM

雪斎様の提唱されているような政策こそが本来政府が行うべき「誘導」だと思います。
拙ブログにて雪斎様のアイディアを紹介させていただきたいと思います。しかし、現政権はこういう事まで知恵が回らないのでしょうね…。

現政府が国民なり企業に
「要請」「期待」「お願い」
を行うたびにうすら寒くなります。何のための立法機関なのかという話になりますから。

Posted by: お父ちゃん | May 17, 2011 at 06:59 AM

これは前向きで良い議論。

Posted by: hau | May 18, 2011 at 06:43 PM

 賛同します。「いい案だ」と思わずつぶやいてしまいました。

 このまま放っておけば、今年の夏の家電商戦は、エアコンや冷蔵庫の販売はほぼ全滅、大型テレビは伸びず、海外で安く生産された扇風機がかろうじて売れるという状況になるでしょう。(家庭の消費電力の約1/2~2/3をエアコンと冷蔵庫が占めるのですから)

 そうなれば、経済はさらに落ち込み、非正規社員を筆頭に失業の危機にさらされることにもなりかねません。

 エコポイントで消費を喚起して景気を下支えし、同時に省エネ家電を普及させて省エネにつなげる…人の心理をうまく掴んだ対策だと思います。

 それにしても、雇用を重視していたはずの民主党が、個人的な支持率アップのためだけに原発を止め、東北・関東だけでなく日本全体の経済を冷え込ませ、失業者の発生の可能性を高めているのは、まったくもって呆れるよりほかありません。

 民主党は、企業は日本から出ていけばいい、中小企業はつぶれればいい、失業者が増えて社会不安が高まればいいと思っているのではないかと疑問をもちます。

 計画や見通しを小出しに発表して何かしているフリをし、具体的な行動や結果を出せないのでは、何のために政権を担っているのか…存在意義を疑います。

Posted by: いしかわ | May 20, 2011 at 08:56 AM

浜岡原電の休止要請以降、TVでは局、系列新聞の社会部・政治部のコメンテーター達が、いつもの上から目線で家庭での節電を事細かに呼びかけている。
そして更に我々の生活はこれまで何でも使い放題で贅沢であったから見直すべきとまで言及する。

では、自身のTV局が率先して昭和に戻るべきであろう。
時間つぶしような昼間の地上波、TVショッピングと韓流ばかりのBS、これらを全部休止すればいい。
国民は辛抱する、なければ見れないのだから。
何百万世帯のTV電力使用量が、これこそ節電出来る。 

竹槍の精神主義的な節電励行だけでは長くは続かない。
震災復興と同じく、もう効果的、持続的な具体論のときと思う。

Posted by: 素浪人 | May 20, 2011 at 03:16 PM

世の中の動きをよい方向へうまく助長していくということですね。
雪斎氏にも、また、ほかの政治関係者にも、その観点でいえば、菅総理についても、「拍手で追い出す」という方策をもっと真剣に考えて欲しいです。
「北風と太陽」じゃないですが、菅総理の死に場所を本人も面子が立つように、かつ、世の中の動きをいかす方向で、うまくつくってあげないと、日本国全体が本当に不幸になります。
よろしくお願いいたします。

Posted by: yunusu2011 | May 21, 2011 at 03:51 PM

いいアイデアかもしれません 消費喚起は重要です 中国韓国首脳が来日し中国人の観光客が増えると銀座その他のお店が活気がでるでしょう
週末も中国人買い物客激減の影響の報道がありました
小生は今月もいろいろなセールがあると必要なものを購入しまた家族で外食し日本経済にそれなりに貢献しています 子供たちも趣味にお金を使いますし、趣味以外でもやりたいことは多くあり消費意欲まんまんです
我が家も先日最新型のPCに買い替え節電に協力しています

Posted by: starprince | May 22, 2011 at 11:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/51683057

Listed below are links to weblogs that reference エコ・ポイント制度を復活させよ。:

« 長谷川如是閑の言葉 | Main | 政治家が憧れ倣おうとした「指導者」 »