«  「君の明らかなる所以の者は、兼聴すればなり。其の暗き所以の者は、偏信すればなり」。 | Main | 森は海の恋人 »

April 12, 2011

「復興構想会議」

■ 「復興構想会議」の議論が始まるようである。
 そのメンバー(敬称略)は、以下の通りと報じられている。

【議長】
五百旗頭真(防衛大学校長)

【議長代理】
安藤忠雄(建築家)、御厨貴(東大教授)

【議員】
赤坂憲雄(学習院大教授)、内館牧子(脚本家)、大西隆(東大大学院都市工学専攻教授)、河田恵昭(関西大社会安全学部長)、玄侑宗久(臨済宗福聚寺住職)、佐藤雄平(福島県知事)、清家篤(慶応義塾長)、高成田享(仙台大教授)、達増拓也(岩手県知事)、中鉢良治(ソニー副会長)、橋本五郎(読売新聞特別編集委員)、村井嘉浩(宮城県知事)

【特別顧問】
梅原猛(哲学者)

 この顔ぶれだけから判断すれば、「変な提言は出てこない」とは、予測はできる。
 多分に、「高度な常識」を反映させた提言が出されるのであろう。
 五百旗頭教授は、「神戸の経験」を活かす立場なのであろうし、御厨教授は、「関東大震災と後藤新平の事績」を引っ張ってくる立場であろう。他のメンバーにも、「会議に加わるべき理由」がある。
 菅直人内閣発足以降、このメンバー選択には、久々に得心が行った。たまには、肯定的なことも言わせてもらいたいと思っていたところである。
 ただし、問われるのは、「ちゃんと実行できるのか」ということである。
 日曜日の選挙の結果を見ると、もはや現在の内閣には何の求心力もないというのは、明らかになっている。東京で石原慎太郎都知事が四選を果たしたというのも、現内閣の「無能」のネガである。驚いたのは、三重で民主党が落としたということであろう。
 こういう議論を専ら「保守派の妄言」などと評している向きがあるけれども、阿呆な反応である。雪斎は、ただ単に「無能な政治指導者」の害を語っているのである。イデオロギー云々の話ではない。雪斎は、菅直人にはフランソワ・ミッテランになることを期待する原稿を書いたけれども、そうなるくらいの能力は、彼にはなかったということか。
 ということで、「復興構想会議」の方々には、「政治」とは離れた実行可能な案を合理的に考えてもらうことにしよう。提言がjそのまま実行されなかったとしても、彼らには、何の責任もない。総ては、「実行する」側の問題である。


 


 

|

«  「君の明らかなる所以の者は、兼聴すればなり。其の暗き所以の者は、偏信すればなり」。 | Main | 森は海の恋人 »

Comments

スポーツ新聞では、五百旗頭氏以下を政権延命のための人間の盾にする気だとか煽ってますね。この手の会議くらいで盾に使えると思っている人が果たしてどれ位いるのか? 疑問です。そもそも、盾をやめたら射殺するくらいの仕組みがないと、盾をやる気がない人ばかりに見えます。盾をしてくれる人はいないでしょうに。
 雪斎先生に質問ですが、日本における左派。リベラルは管首相や鳩山氏の様な方が目立ちます。西欧のリベラルに当たる方達が中道右派なのでしょうか? 日本特有の政治風土といった条件があって、今の様になっているのか? なぜ、ああも現実から遊離し、レッテル貼りと揚げ足取りと責任転嫁しかできないのしかいないのか? 雪斎先生はいかがお考えなのか? を知りたいと思います。明代の「道学先生」が今の管首相達なのでしょうか?

Posted by: almanos | April 12, 2011 at 11:01 AM

民主党議員よ、なぜ立たぬ

菅を自ら引きずり下ろせ

この国難、もはや民主も自民もない


Posted by: 素浪人 | April 12, 2011 at 03:31 PM

こんにちは。
太原雪斎について調べていたらここにたどり着きました。

太原雪斎の肖像についてお聞きしたいのですが、太原雪斎の肖像画は現存しているのでしょうか。

Posted by: 牛川 | April 12, 2011 at 06:58 PM

五百頭先生の「米国の日本占領政策」は非常に興奮して読んだし、御厨先生のご見識もすばらしいと思います。
ただ、メンバーをみると、東北ゆかりといっても、魚記者の高成田氏や東北学の赤坂氏を除けば、東北新幹線からもはずれた東北沿岸地域の人々の複雑な気持ちにたった復興計画が作れるのか疑問を感じます。
なんといっても、長州の「奇兵隊内閣」を標榜したこともある方が首相ですから。上(中央や県庁所在地)からの目線の大論文に終わることのないよう望みたいと思います。

Posted by: yunusu2011 | April 13, 2011 at 08:22 AM

>玄侑宗久(臨済宗福聚寺住職)
この方、ブログでこんなこと書いてますが大丈夫なのでしょうか?若干長いですが引用します。

「恐ろしいけれど、我々の意識を変えるためには、もっともっともっともっと強い地震が必要らしい。できれば自然よ、もうすっかり意識が変わり、作業員たちが必死に戦っているこの辺りでなく、もうちょっと南や西の、原発地域で吠えてくれたらありがたい。」

石原都知事の「津波は天罰」と同種の発言ではないですか?
「天罰」が批判されるなら、これも批判されて然るべきだと思いますが。

Posted by: 早速 | April 14, 2011 at 08:14 AM

安全委員会、官房長官などから、3月下旬にはレベル7と
判断する材料はあったと発言が出てきました。
3/18には、それだけのデータが揃っていますが、なぜ早
急に判断しなかったの?

どう考えても、レベル7に応じた適切な避難区域の設定
を3/18以降しなくてはならない(チェルノブイリでは強
制移住も行った)。

「えー、検出したデータをよく検証し適切な対応をする
為に多少の時間の経過が有りましたが、大きな問題は無
かったと考えます。」とでも言うつもりなのか?

「お前にとって問題ない事だろうが、原発の周りの住民
にとっては大問題だろうが!」と言うような事になるの
では?
特に足を引ったわけでもないのに1ヶ月の間「見ざる言
わざる聞かざる」状態だと判断するしかない。

まさか「統一地方選の後までレベル7と発表できない」とか...


これは原子力発電を続ける上で、致命的問題と考えます。
「発電所では万全をきすが、巨大地震&大津波などで事
故が発生するかもしれな。その場合は政府が周辺住民に
対し適切な避難誘導をしない(または出来ない)」と言
う事になる。
受け入れた周辺住民からすれば、技術的問題以前の論外
な話です。

Posted by: ino | April 15, 2011 at 06:51 AM

復興構想会議で最初に出てきた話が増税だったというのは、とてもがっかりしました。

ところで、この「復興税」について復興構想会議の議員である玄侑宗久氏がブログで書いてますが、復興税の話は議長である五百旗頭氏の提案にすぎず、復興構想会議では「復興税」について何も議論されていないそうです。

http://www.genyu-sokyu.com/

単なる議長の私案を復興構想会議の決定のように報じるマスコミ、これは何だかおかしいのではないでしょうか?
これじゃ復興構想会議は単なる増税の道具になってしまいますよ。

Posted by: Baatarism | April 19, 2011 at 12:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/51366820

Listed below are links to weblogs that reference 「復興構想会議」:

«  「君の明らかなる所以の者は、兼聴すればなり。其の暗き所以の者は、偏信すればなり」。 | Main | 森は海の恋人 »