« February 2011 | Main | April 2011 »

March 31, 2011

またまた、おかしなことを・・・。「日独友好決議」の怪

■ またまた、おかしなことが行われようとしている。
 日独交流150年記念決議というのが出されるらしい。
 案文は次のとおりである。
 

□ 日独交流百五十周年に当たり日独友好関係の増進に関する決議(案)
 今から百五十年前の一八六一年、我が国は日・プロイセン修好通商条約に調印し、日本とドイツの前身であるプロイセンとの間に公式な関係が樹立された。一八七一年にプロイセンを中心に統一を達成したドイツは、我が国が近代化に当たり模範とした国の一つであり、我が国はドイツから、法学、医学、芸術を始め、様々な分野で多くを学んできた。また、浮世絵を始めとする日本の伝統文化も、ドイツを含むヨーロッパの芸術に少なからぬ影響を及ぼすなど、日独両国は、友好関係を築いてきた。
 両国は、第一次世界大戦で敵対したものの、先の大戦においては、一九四〇年に日独伊三国同盟を結び、同盟国となった。しかし、両国は、その侵略行為により、近隣諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えることとなった。
 あわせて、敗戦の中から両国は奇跡の経済復興を遂げ、同時に戦争への反省に立ち、今日、自由、民主主義、人権の尊重という基本的な価値観を分かち合いつつ、世界の平和と繁栄のために緊密に協力している。さらに、両国の国民は、相互の文化と価値観に対する尊敬の念を基礎に、広範多岐にわたる交流を着実に進めている。
 本院は、日独交流百五十周年に当たるこの機会に、日独両国が国際社会の平和と安定に大きく寄与していることを確認するとともに、今後とも我が国は、信頼関係に基づくパートナーであるドイツと共に、国際平和の実現に向けて最大限の努力を継続する所存であることを、ここに銘記する。
 右決議する。 

Continue reading "またまた、おかしなことを・・・。「日独友好決議」の怪"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 30, 2011

復興へ…。そうだ何時か牡蠣を食おう。

■ 震災が衝撃的であるのは、「今まで当たり前のように食べていたもの」が食えなくなるということである。
 たとえば、「三陸産ワカメ」である、それから、「唐桑の牡蠣」である。
 これに加えて、雪斎には、宮城・石巻の「白謙の蒲鉾」が当分、口にできなくなるというのも、かなり痛い。
 どの地域にも、地域のプライドがかかった産品というものがあるl。
 
 復興とは、人々の生業が途切れることなく続くことができるようになってこそ、意味を持つ。
 だとすれば、どのような時点で、「復興」といえるのかといウことは、きちんと考えたほうがいいであろう。
 雪斎は、一応、「唐桑の牡蠣」が食えるようになった時と設定しておこう。
 ということで、下のようなプロジェクトも始まっているようである。
 ● 三陸牡蠣復興支援プロジェクト
 このプロジェクトの趣旨は、要するに、「一万円出して、復興後に唐桑を含む三陸の牡蠣20個を受け取ろう」というものである。雪斎は、巷の募金に応じたことは一度もないけれども、こういうプロジェクトへの参加ならば、大いに心が動かされる。上のサイトでも書いてある通り、復興には、数年の歳月がかかるようである。本当に数年後に「牡蠣」が届けられたら、上質の吟醸酒とともに食しながら、「復興」を寿ぐのも、いいであろう。

 これも、復興支援である。

Continue reading "復興へ…。そうだ何時か牡蠣を食おう。"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 25, 2011

「阪神淡路」と「東北関東」の間

■ 二十世紀日本の最大の国難は、太平洋戦争であった。それは、三年九ヵ月続いた。
 二十一世紀日本最大の国難は、少なくとも現時点では、民主党政権ということになるのであろう。
 対米関係の破壊に始まって、このたびの震災である。
 今、その国難が始まって一年半くらいが経ったところである。
 前世紀の国難に当てはめると、昭和18年5月頃である。
 アリューシャン列島アッツ島日本守備対玉砕、山本五十六戦死は、この月の出来事である。
 だから、国難の時期は、あと二年は続く。菅直人も、その気になれば、あと二年は政権に居座れる。
 震災自体は去っても、もっと困難な時期は、これからなのであろう。
 少し前には、半ば冗談のつもりで、「太平洋戦争=民主党政権」説を書いたのであるけれども、冗談ともいえなくなっているところが恐ろしいところである。

 菅直人は、震災以後、何をしているのか。
 二度ほど、テレビ・カメラの前で、気の抜けたメッセージを発したぐらいであろう。
 ウィンストン・チャーチルに倣って、「私が提供できるものは血と労苦と涙と汗だけだ」ぐらいは、いってもらいたい。なんと言葉に響きを持たない宰相なのか。

 菅直人が震災以降、起用したのは、蓮舫、辻本清美、仙谷由人らしい。
 こうしたお歴々は、さぞや、危機対応に特別な知見を、お持ちなのでしょうな。
 誠に意味不明の布陣である。
 しかも、問責決議を食らった仙谷を起用したことは、野党の協力は要らないと言っているようなものである。
 この後に、野党に入閣を要請しているのだから、何をかいわむやである。
 その一方で、内閣参与だのと呼ばれる人々を増やし、対策会議と次々と無定見に設置している。
 震災のはるか以前から、中央防災会議や安全保障会議といった枠組があるのだから、それを利用して果断に行動すればいいものの、「政権交代」以前に築かれたシステムを使わないことには、奇妙な執着を示している。眼の前に瀕死の患者がいるのに、既存の機材で対応しようとせずに、「新型機材が届いてから…」と悠長に構えている医者のようななものである。

 ただ今、長谷川如是閑を題材にした連載を『読売新聞』で続けている。
 清澤冽と並んで雪斎が好きな知識人である。

Continue reading "「阪神淡路」と「東北関東」の間"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 22, 2011

「地位」に育てられない人々/海江田万里という「下郎」

■ 現在の政権の中には、途方もない「下郎」がいるようである。
 

□ 石原都知事、消防隊への圧力に抗議=首相は陳謝
          時事通信   3月21日(月)17時56分配信
 東京都の石原慎太郎知事は21日午後、首相官邸で菅直人首相と会い、福島第1原発での放水作業をめぐり、政府関係者から東京消防庁ハイパーレスキュー隊幹部に対して「速やかにやらなければ処分する」との圧力的発言があったとして、抗議した。石原氏によると、首相は「陳謝します。大変申し訳ない」と述べたという。 
 
 この記事にある「政府関係者」とは、一体、誰か。さっさと実名を出してもらいたいものである。
 …と思ったら、次のような記事が配信された。
 
□ 圧力的発言は海江田経産相=都関係者
     時事通信 3月21日(月)18時25分配信
 東京都関係者は21日、福島第1原発での放水作業をめぐり、東京消防庁ハイパーレスキュー隊幹部に対して「速やかにやらなければ処分する」との圧力的発言を行った政府関係者が、海江田万里経済産業相であることを明らかにした。  .

Continue reading "「地位」に育てられない人々/海江田万里という「下郎」"

| | Comments (11) | TrackBack (0)

March 21, 2011

「欲しがりません。勝つまでは…」の風景

■ 首都園では、「買いだめはしないように…」がムーブメントになっているらしい。
 蓮舫大臣はコンビニに行って、「モノは幾らでもあります…「といったらしいけれども、眼の前にモノは「なかった」はずである。
 「買いだめ」は、普通の人々にとっては、目先の不安に対する自衛措置である。
 
 雪斎は、「買いだめ」はしていない。
 しかし、自宅から一歩もでなくとも、一ヵ月は持つくらいのコメ、味噌、イワシ缶などの「買い置き」は、常にしてある。
 水と電気さえ供給されていれば、多分、世間様に迷惑をかけることはあるまい。

 それにしても、「買いだめはしないように…」というのは、別種の「欲しがりません。勝つまでは…」ではないのか。政府がやることは、「買いだめ」の背景にある不安を確実に払拭していくことでしかない。そいう不安を自ら払拭せずに、もっぱら国民の「我慢」に依存しようとする。順序が逆であろうと思う。いよいよ、菅直人内閣も、東條英機内閣なみになってきたか。

Continue reading "「欲しがりません。勝つまでは…」の風景"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

March 17, 2011

菅直人よ、国民の「忍耐」に甘えるな。

■ 新聞の見出しにも、「無策」の文字が出るようになっている。 
 

□ 政府無策の6日…緊急本部、具体案示せず
         読売新聞 3月17日(木)3時7分配信
 東日本巨大地震の被災地に十分な食料や生活用品が届いていないことについて、政府の取り組みの不十分さを指摘する声が出ている。
 菅首相らは東京電力福島第一原子力発電所の事故への対応に忙殺され、十分な手だてがとれていないのが実情だ。
 16日に開かれた政府の緊急災害対策本部で、首相は「食べ物、水、燃料に関して各地から不足の声が上がっている。全力を挙げてその原因を取り除く努力をしてもらっているが、一層の努力をお願いしたい」と述べた。首相は12日の国民へのメッセージで、「避難所に食事、水、毛布、暖房具を送り届ける態勢を進めている」としていた。しかし、実際には発生から6日目の16日になっても、物流が滞ったままであることを認めざるを得なかった形だ。
 被災者対策の司令塔である同本部は11日の発足以来、計11回の会合を開いた。しかし、会合後の枝野官房長官の記者会見で、物流正常化に向けた具体策が発表されたことはない。
 枝野氏はそのほかにも何度も記者会見に臨んでいるが、大半は原発事故の現状と政府の対応の説明に終始しているのが現状だ。与党内でも「首相も枝野氏も原発の事故に集中し過ぎて、被災者支援が手薄になっている」(民主党中堅議員)という声が出ている。
 今回の巨大地震で鉄道がストップし、港湾施設も被害を受けたが、緊急輸送道路となる東北自動車道などは利用可能だ。各地のトラック協会などが物資輸送に協力すると申し出ても、政府が被災地から帰るための燃料の確保に策を講じようとしないため、断念するケースもあるという。「優先的に燃料を補給する措置を取ることなどで、輸送を増やす手だてはまだある。物資が足りていないわけではない」という指摘もあり、政府の対応が問われる状況となっている。

Continue reading "菅直人よ、国民の「忍耐」に甘えるな。"

| | Comments (11) | TrackBack (0)

March 16, 2011

震災の「気分」

■ 震度7を食らった雪斎の故地、宮城・栗原の事情が判ってきた。
 当然のことながらというべきか、インフラは壊滅状態である。だが、人的被害は、然程、ひどくないらしい。栗原の地震による死者は、皆無だったようである。
 だが、別の「脅威」がしのびよっている。
 「低温」と「物資不足」である。
 小野寺五典代議士は、地元が気仙沼である。
 彼が受けた衝撃は、雪斎が及ぶところではない。
 ただし、彼は、栗原の「おらが先生」でもある。
 栗原の地元代表である彼には、本当の意味で「政治家の魂」を見せてもらいたいと切望する。

 政治的な立場は違うけれども、達増拓也岩手県知事にも、精励してもらいたい。
 雪斎の学生時代からの知人である。
 彼の衆議院議員選挙初当選には、「万歳三唱」で迎えたのを覚えている。

Continue reading "震災の「気分」"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

March 15, 2011

日本のもう一つの『不幸』

■ これが、日本の宰相か。
 

□ 菅政権の政治主導演出へのこだわり、混乱を増幅
            読売新聞 3月15日(火)2時40分配信
 未曽有の大惨事となった東日本巨大地震をめぐり、菅政権の無策ぶりが次々と明らかになっている。

 放射能漏れや計画停電など、国民の安全に直結する問題では対策が遅れ、情報発信も不十分なため、国民の間には混乱と不安が広がる一方だ。
 菅首相が今なすべきことは、一刻も早く被災地復興に向けた全体計画を打ち出し、官民一体でこの国難を乗り越えるための強い指導力を発揮することだ、との指摘が政財界の各所から出ている。
 ◆どなる首相◆
 首相官邸の危機対応のほころびは、地震から一夜明けた12日午後、福島第一原子力発電所1号機で起きた水素爆発であらわになった。放射能漏れの可能性があり国民への一刻も早い周知が求められたにもかかわらず、菅首相は東京電力の技術者を官邸に呼びつけると、どなりちらしたという。
 「これから記者会見なのに、これじゃあ説明出来ないじゃないか!
 テレビは、骨組みだけになった1号機の建屋から煙が勢いよく噴き出す生々しい光景を映し出していた。爆発が起きたことは明らかだった。だが、東電の説明に納得がいかない首相は、爆発直後の午後4時に設定していた記者会見の延期を宣言。自らの言葉での説明にこだわる首相への遠慮からか、午後5時45分から記者会見した枝野官房長官は「何らかの爆発的事象があった」と述べるだけで詳しい説明は避け、「首相ご自身が専門家の話を聞きながら(対応を)やっている」と語った。
 結局、首相が記者団の前に姿を現したのは、爆発から約5時間がたった午後8時半。「20キロ・メートル圏の皆さんに退避をお願いする」と述べたが、こうした指示はすでに首相官邸ホームページなどで公表済みだった。「首相が東電の技術者をことあるごとに官邸に呼びつけてどなるので、現場対応の邪魔になっている」。政府関係者は嘆いた。首相は避難所視察も希望したが、「迷惑をかける。時期尚早だ」と枝野長官が止めた。後略。

Continue reading "日本のもう一つの『不幸』"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 13, 2011

震災初期対応

■ 昨日の午後以降は、福島原発事故の報道が集中的に行なわれた。
 おかげで、震災本体の様子が脇に追いやられた感がある。
 今回の震災は、雪斎が「縁」を持つところには、軒並み、ダメージを与えている。
 青森・八戸から仙台までの一帯には、程度の差はあれ、雪斎の「足跡」がついている。
 雪斎の畏友、小野寺五典代議士の選挙区は、栗原から気仙沼に至る東西に長い宮城六区である。
 震度7が来た山側の栗原よりは、津波に直撃された海側の気仙沼、南三陸の被害のほうが、多分に被害は大きいのであろう。少なくとも津波映像を見たりすれば、そう思う。
 だが、栗原の事情が、まるで判らない。とんでもないことになっていないであろうな。
 わからない分だけ、いやな気分が募る。

Continue reading "震災初期対応"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

March 12, 2011

「千年に一度」の震災

■ 「千年に一度」の地震だそうである。
 震災発生時、大学研究室にいた。信じられないくらいに揺れた。地震を「怖い」と思ったのは、何十年ぶりだろうか。
 しかも、よりによって、雪斎の故地、宮城・栗原に、震度7が来た。
 親類、縁者に人的被害は、ない模様である。
 帰宅困難者として大学に一泊するつもりだったが、夜遅くに親類が車で迎えに来たので、それで帰った。
 拙宅は、雪斎の自室の壁面にひびが入り、本箱がひっくり返っていた。
 部屋には、書籍と音楽CDが散乱している。
 学者の部屋で書籍散乱いうと、丸山真男の故事を思い出す。
 ひとつひとつ整理しなおすしかない。時間を食いそうである。かなりの脱力感がある。

 政治は、暫時、「休戦」だろう。
 菅内閣は、これで「やること」が定まったはずである。
 子ども手当も高校無料化もすべて棚上げにして、「震災復興」を最優先にやってもらうしかあるまい。
 その際、「事業仕分け」で数々の防災関連予算を切った「愚策」も反省してもらう必要がある。
 たとえば、以下のごとくである。
 ・ スーパー堤防
 ・ 耐震補強工事費
 ・ 学校耐震化予算
 ・ 災害対策予備費
 ・ 地震再保険特別会計
 安全保障の確保は、総ての「内治」の前提である。
 三陸沿岸部に「壊滅」という言葉が出てきている。岩手・陸前高田は、全域が壊滅と伝わっている。
 「百年jに一度の経済危機」が終わったと思いきや、「千年に一度の震災」である。
 なんという時代にめぐりあわせているのか。
 
 

Continue reading "「千年に一度」の震災"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

March 10, 2011

一平方マイルの領土

■ もう、「政治主導」などは、やめたほうがいいのではないか。
 そういう声が大きくなりそうな「寝言」である。
 

□ 民主・土肥氏「竹島の領有権主張中止」に署名 
      読売新聞 3月9日(水)21時17分配信
 民主党の土肥隆一衆院政治倫理審査会長が、韓国の国会議員と共同で「日本が竹島の領有権主張を直ちに中止する」との内容の共同宣言文に署名していたことが9日、分かった。
 土肥氏によると、2月27日に「日韓キリスト教議員連盟」の日本側代表として訪韓した際、未来志向の日韓関係構築や、竹島に関する文言が盛り込まれた共同宣言文案を韓国側議員から渡され、署名した。土肥氏は「竹島は日本の領土との認識に変わりはないが、日韓双方の主張があり、韓国側の主張にも納得できる部分もある」と述べている。
 土肥氏は党内で菅グループに所属し、菅首相に近い。
 首相は9日夜、首相官邸で記者団に「大変遺憾に思う。竹島は日本の固有の領土であり、その立場は全く変わらない」と語った。
 自民党の大島理森副総裁は「日本の主権を否定する行為で、国会議員としてあるまじき、恥ずべき行為だ」と批判した。 .

Continue reading "一平方マイルの領土"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 07, 2011

前原誠司の辞任

■ 前原誠司外務大臣が辞任である。
 誠に残念な結果である。
 だが、余り長引かせずに身を引いたのは、彼にとっては、よい結果に結びつこう。
 ここは、一層のこと、議員バッジを外すくらいのことまで徹底させれば、「禊ぎ」を充分に行ったことになろう。
 もっとも、「禊ぎ」が済んだ頃に、民主党が政権を維持できているのかは、定かではない。

Continue reading "前原誠司の辞任"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 02, 2011

「想定外」の話

■ 実に1か月ぶりのエントリーである。
 ところで、奇妙な話が伝わっている。
 西岡武夫参議院議長が、予算案の「受け取り」を拒否しているのだそうである。
 その背景がうかがわれそうなのが、下の記事である。
 

□ 「鈴をつけるのは?」政局の舞台は参院へ 鍵握る輿石氏の動向
                       産経 2011.2.27 22:02
 前略、輿石氏は27日、フジテレビ系「新報道2001」に出演し、予算案本体と予算関連法案を切り離して採決するという民主党の異例の手法について、こう語った。輿石氏の歯切れが悪いのは、野党が多数を握る参院で、与党が思い通りに予算案と関連法案を可決させるのは至難の業だからだ。さらに、民主党出身の西岡武夫参院議長が「今の内閣の人たちは国会運営のイロハが分かっていない。予算案は歳入法案と絶対セットでないとだめだ」と批判し、混迷が深まっている。後略。

Continue reading "「想定外」の話"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »