« 「下郎」の季節 | Main | 2011年の始まりに »

December 03, 2010

またもやの「招致失敗」

■ FIFAワールドカップ2022年は、カタールで開催である。
 

□ W杯演説登壇は文科副大臣 鳩山前首相は参加せず
 【チューリヒ(スイス)共同】日本サッカー協会の田嶋幸三副会長は30日、2022年ワールドカップ(W杯)開催に向け、12月1日(日本時間2日未明)に日本招致委員会が行う最終招致演説の登壇者5人を明らかにした。政府関係者としては、鳩山由紀夫前首相の名前が挙がっていたが、政府内で調整した結果、鈴木寛文部科学副大臣となった。 共同通信 2010年11月30日 20:10 ]

だが、次の記事と重ね合わせて見る必要がある。
 
□ ウィリアム英王子ら登壇 FIFAが発表
 【チューリヒ(スイス)共同】国際サッカー連盟(FIFA)は1日、2022年と18年のワールドカップ(W杯)の開催地決定に向け、各候補地が1、2の両日に行う最後の招致演説での登壇予定者を発表した。
 18年大会のイングランドは英国のウィリアム王子とキャメロン首相が出席。共催を目指すスペイン・ポルトガルとオランダ・ベルギーからも、それぞれの首相が参加する。
 22年大会招致で日本のライバルとなるカタールは同国サッカー協会会長を務めるハマド首長やモハメド王子が、米国はクリントン元大統領らが出る。
 現役スター選手ではイングランドが元代表主将のベッカム、スペイン・ポルトガルはスペイン代表GKのカシリャス、韓国が朴智星を起用する。[ 共同通信 2010年12月1日 20:40 ]
 
 カタールは首長や王子、米国は元大統領を登場させたのに、日本の対応には途方もない「落差」を感じさせる。
 ソニー会長や少女を登場させたのは、悪くなかったと思うけれども、なぜ、政府関係者として登場させたのが、文部科学大臣ですらない副大臣だったのか。「熱意」を疑われても、仕方があるまい。

 要するに、他国が横綱・大関級の人材を送り込んでいるのに、日本は、前頭程度にしかならない人材を出してきたのである。この副大臣が旧華族の末裔であって、ヨーロッパの社交界に顔の利く人物だったということならば、話は別であろうが…。
 雪斎ならば、コイズミ・ジュンイチロウに登場を依頼したであろう、「必要ならば必要な人材を」ということならば、国際政治の世界で名を成したコイズミの声名を使わぬ手はあるまい。
 結局、菅直人民主党内閣には、「敵でも使う」という発想はないのであろう。無能、無責任、驕慢に続き、狭量も加わるわけである。「スポーツ・イヴェントの招致失敗」という一事が、万事を示唆している。
 これが日本の「政治力」の実態である。
 次は、2036年まで招致はできないのらしい。
 一挙に遠くなってしまった。
 やはり、2025年までは日本は、「下り坂」を降り続けるしかないということか。。

|

« 「下郎」の季節 | Main | 2011年の始まりに »

Comments

いくら民主党がけしからんと言っても、この件に関しては「筋違い」でしょう。結果は初めから決まっていたも同然です。

アルジャジーラという強力な発信源をもち、イスラムとキリスト教の確執が華々しい中、世界の融和と言う事を考えれば、カタールが手を挙げた時点で勝敗はすでに決しています。初めから負け戦が決まっているのであれば、力を入れる必要はありません。単独開催などと言う「保守的」な発言ほど雪斎さんにふさわしくないものはないでしょう。

Posted by: ペルゼウス | December 03, 2010 04:55 PM

そもそも、今回のW杯の誘致は犬飼前JFA会長の独断で事が進んだわけで、JFA内部でさえ、そこまで誘致に積極的ではなかったそうです。
2002年の時は招致費用も89億円かけたのに、今回はわずか9億円だったそうですし。

http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20101203/soc1012031607001-n1.htm

Posted by: あかさたな | December 04, 2010 09:23 AM

こういう開催国の選定って、そんな表向きの熱意とかで決まるんでしょうか?国際組織での選挙というと、1票を持ってる貧乏国の当事者を金と女で買収というイメージが強くあるのですが。
そういう事もアリアリの意識で開催国を取りに行くのであれば、最後の「人事を尽くして・・・」で、スペシャルゲストを持ってくるのも有りなんでしょうが、そもそもそこまでの当事者意識がなかったのではないでしょうか。
なんというか、開催国レースに花を添える第三者として、協力を期待されていたので、とりあえずお付き合いをしましたみたいな。担当している役人さんは、仕事だからやってるってことなんでしょう。

こういうときこそ是非政治主導で、やるならやる、やらないならやらないという筋を示してもらいたかったですね。

Posted by: 通行人 | December 12, 2010 09:27 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference またもやの「招致失敗」:

« 「下郎」の季節 | Main | 2011年の始まりに »