« November 2010 | Main | January 2011 »

December 03, 2010

またもやの「招致失敗」

■ FIFAワールドカップ2022年は、カタールで開催である。
 

□ W杯演説登壇は文科副大臣 鳩山前首相は参加せず
 【チューリヒ(スイス)共同】日本サッカー協会の田嶋幸三副会長は30日、2022年ワールドカップ(W杯)開催に向け、12月1日(日本時間2日未明)に日本招致委員会が行う最終招致演説の登壇者5人を明らかにした。政府関係者としては、鳩山由紀夫前首相の名前が挙がっていたが、政府内で調整した結果、鈴木寛文部科学副大臣となった。 共同通信 2010年11月30日 20:10 ]

だが、次の記事と重ね合わせて見る必要がある。
 
□ ウィリアム英王子ら登壇 FIFAが発表
 【チューリヒ(スイス)共同】国際サッカー連盟(FIFA)は1日、2022年と18年のワールドカップ(W杯)の開催地決定に向け、各候補地が1、2の両日に行う最後の招致演説での登壇予定者を発表した。
 18年大会のイングランドは英国のウィリアム王子とキャメロン首相が出席。共催を目指すスペイン・ポルトガルとオランダ・ベルギーからも、それぞれの首相が参加する。
 22年大会招致で日本のライバルとなるカタールは同国サッカー協会会長を務めるハマド首長やモハメド王子が、米国はクリントン元大統領らが出る。
 現役スター選手ではイングランドが元代表主将のベッカム、スペイン・ポルトガルはスペイン代表GKのカシリャス、韓国が朴智星を起用する。[ 共同通信 2010年12月1日 20:40 ]
 
 カタールは首長や王子、米国は元大統領を登場させたのに、日本の対応には途方もない「落差」を感じさせる。
 ソニー会長や少女を登場させたのは、悪くなかったと思うけれども、なぜ、政府関係者として登場させたのが、文部科学大臣ですらない副大臣だったのか。「熱意」を疑われても、仕方があるまい。

Continue reading "またもやの「招致失敗」"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 01, 2010

「下郎」の季節

■ 一言だけ書く。

□ 秋篠宮ご夫妻に「早く座れ」民主議員がヤジ 桜内文城議員が告発
                    産経新聞 11月30日(火)13時57分配信
 29日に開かれた「議会開設120年記念式典」で、民主党ベテラン議員が、秋篠宮ご夫妻に対し「早く座れよ」などと野次を飛ばしていたことが分かった。野次を聞いたみんなの党の桜内文城参院議員が、30日朝の自身のブログで明らかにした。
 桜内氏のブログによると、先に式典会場の参院本会議場にお入りになった秋篠宮ご夫妻は、天皇皇后両陛下のご入場まで、ずっと起立されていた。その最中に民主党ベテラン議員が「早く座れよ。こっちも座れないじゃないか」と野次を飛ばしたという。
 当初の式次第では、秋篠宮ご夫妻はいったん着席され、天皇皇后両陛下のご入場の際に起立してお迎えすることになっていた。
 しかし、議会開設120年を祝うために国会を訪ねられ、両陛下を起立して待ち続けられた秋篠宮ご夫妻に、国会議員が、非難がましく指図するような野次を飛ばすことは非礼の極みとしか言いようがない。
 桜内氏は30日朝のブログで「想像を絶するようなことが起こっていた。これでは『国会崩壊』だ」と記した。さらに同日午前のブログでも「天皇陛下をはじめ皇族の皆様に対する尊敬の念を強く抱いている1人の日本国民、参院議員として、今回の野次は決して許すことのできないものだという強い憤りを抱いている」としている。
 一方、野次を飛ばしたとされる民主党ベテラン議員は30日、衆院本会議後に産経新聞の取材に対し「『早く(秋篠宮ご夫妻が)座らないと誰も(国会議員が)座れないよ』と言ったかもしれない。宮様に(直接)言うはずがない」と述べた。

Continue reading "「下郎」の季節"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »