« 「国後」の仇を「尖閣」で討つ。 | Main | 「倒閣テロ」という「寝言」 »

November 05, 2010

尖閣事件流出映像

■ 凄いものを観てしまった。
  尖閣諸島沖で巡視艇と漁船の衝突を記録したと思しき映像が既に流出している。みずきの右舷に漁船が衝突してきている。
 この映像は、6本あるうちの一つである。
 全部、観てしまった。
 全部で20分ほどである。先日、国会で出たものよりも長尺の映像である。

 早速、「読売」が記事を配信している。
 

□ 尖閣ビデオ、ネット流出か…海保が真偽確認
 沖縄県・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の状況を海上保安庁が記録したビデオ映像と見られる映像が、インターネット上の動画サイト「ユーチューブ」に流出した可能性が高いことが5日、分かった。
 海保で映像の真偽を確認しているが、海保幹部は、映っている中国漁船らしき船の船名や衝突時の状況などから「本物である可能性が高い」としている。(2010年11月5日01時34分 読売新聞)
 .
 公安情報が出た一件といい、この映像の流出といい、余りにもひど過ぎないか。
 機密情報が、もはや、きちんと管理されていないことの証明である。
 民主党内閣の政権運営には、既に「恐怖」を感じる域に達している。
 世が世なら、こういう情報が出た時点で、内閣総辞職ものであろう。少なくとも、所管大臣の更迭は免れまい。

|

« 「国後」の仇を「尖閣」で討つ。 | Main | 「倒閣テロ」という「寝言」 »

Comments

内閣総辞職。まさにその通りだと思います。

あの映像を非公開とするのはどうかと思いますが、政治決定を経ずに映像がどこからともなく流出するようでは、日本はもはや「国家」の体をなしていないように思います。

理由のいかんを問わず漏えい者の徹底追及と処罰が必要です。もちろん民主は即刻退場です。

Posted by: JyoK | November 05, 2010 03:28 AM

 何といいますか、小沢氏のニコニコ動画でのインタビューで幹事長の約束見事反故にした事といい、今回の衝突ビデオ流出と言い政権の態を為していない、末期ですね。本日、法務委員会に人権擁護法案提出するそうですが、この状態で出せるのでしょうか? APEC直前のこの状況での流出。色々と意図があるようにも思えます。ま、責任とって総辞職、衆院解散が必要でしょうがね。何しろ、今回の事態の総責任者は総理大臣で、次に官房を取り仕切る官房長官ですから。ま、人権擁護法案は成立なぞ冗談ではない天下の悪法ですからこれで潰れるならそれに越した事は無いのですが。

Posted by: almanos | November 05, 2010 10:16 AM

本件について、雪斎氏に完全に同意するものですが、ちょっとばかりコメントさせてください。

今回の映像流出事件、「隠せばいずれこうなるのは分かっていたこと」とは言え、本当にそうなってしまったのは、やはり極めて残念です。

この映像を流出させた人物やそれに同調する人々の発想は、基本的に戦前の極右軍人や田母神氏と同じで、自分が考える「正義」のためなら、職務に伴う義務の遵守など省みない。

今回の流出が日中関係に及ぼす影響がどうであれ、日米関係に与える長期的影響は、確実にマイナスです。

これまでも、在日米軍は防衛省・自衛隊の情報管理能力に疑いを持っており、例えば同盟軍でありながら日本近海付近での潜水艦の行動などをほとんど通知してきませんでした。(そのため、海自哨戒機が米軍潜水艦を見つけてしまうといった笑えない出来事も、実は珍しくないのだと聞きます。)

今回の事件に政府がきちんと筋を通した対応ができないならば、日本の情報管理能力への信頼は更に低下すること間違いなしです。民主党政権は確かにどうしようもないが、問題の構造は自民党政権のときから変わっていないのだと思います。

Posted by: Korekiyo | November 05, 2010 01:33 PM

「民信無くば立たず」

普天間、尖閣、国後、信念なき政治の惨憺たる結末。

Posted by: 素浪人 | November 05, 2010 01:45 PM

このタイミングで流出って・・・
策略だったら拍手喝采ですね。
遺憾である、調査中です、で中国に対してはシラを切りつつ、
衝突事件について世界の是非を問うことができます。

まぁ、機密管理については世界に恥をさらしますが。

Posted by: 名もなき読者 | November 05, 2010 07:11 PM

尖閣ビデオ映像を見て、海上保安庁が中国漁船を逮捕したのは当然の対応であったことが明らかになりました。
これまで民主党は、国際社会に日本の正当性を認めさせる機会を奪い、国益のために奮闘する職員の努力を無に帰し、姑息にも失政の責任を逃れようとしてきました。
仮に、職員の奮闘を国民に伝え、民主党の無責任さを明らかにするために何者かが映像を漏らしたのであれば、私はその者に同情しますし賛同すらします。
残念ながら、民主党は全共闘が指揮する学生運動と同レベルです。既存の制度を否定することはできても、それに代わる制度を創造する能力がありません。
個人的には、民主党が人気取りでする公務員叩きによって、公務員の士気が落ちて国益より生活を守るために不正に手を染めたり、他国に情報を売る者が増える事態を憂慮しています。行政の弛緩・怠慢という甘いレベルではなく、統治機構の崩壊にすらつながるのではないかと危惧しています。

Posted by: いしかわ | November 05, 2010 07:23 PM

尖閣流出に関しては、管理の方法の問題ではないと思います。

つまり、政治主導を、手足となるはずの部下に、単なる役人いじめと受け取られたり、日本の国益より中韓の国益を重視する、と思われたりしたためのモラルハザードが原因では無いでしょうか。これは管理システムとかをいくらいじっても防げません。

あと、菅体制は風雲急を告げておりますが、次の総理に前原さんを推すのをあらかじめ反対しておきます。

彼は、メール事件の時、まったく内容の無い、紙ペラ1枚の、そのへんのワープロで怪しげな男が適当に作った怪文書を信じ込みました。総理になっても、別のペテン師が「CIAが日本を狙っている」と紙に印刷してきたらそれを信じて日米同盟を破棄するでしょう。

いやいや、お笑いを書いているのではありません。私は、以下の4人は首相に挑戦する資格無しと思っています

阿部さん:ストレスに体が持たない
鳩山さん:バカ
小沢さん:信条が10年すこしで180度変わった。そのような場合、政治家の人柄を信じるしかないが、この人には誠実さがない
前原さん:リスク管理が出来ない

Posted by: stratosphere | November 05, 2010 08:22 PM

はじめまして。

今回の情報流出の件、管理能力の問題ということももちろんなのですが、内部から機密情報を漏らす人間がいるというのは、現政権が内部の人間にも全く信用されていないということの証明ではないでしょうか。

菅首相も官邸に情報が上がってこないとぼやいているところを見ると、現政権は現場で働く官僚との意思疎通が行えているかどうか疑わしいところです。
与党民主党は国を運営する官僚組織が、血の通った人間によって運営されているという意識が希薄なのではないでしょうか。

Posted by: ヤマネ | November 06, 2010 01:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 尖閣事件流出映像:

« 「国後」の仇を「尖閣」で討つ。 | Main | 「倒閣テロ」という「寝言」 »