« 「柳腰外交」…? | Main | 「過剰配慮」の代償 »

October 17, 2010

日本のナショナリズム

■ お決まりのパターンであろうか。
 

□ 中国各地で大規模反日デモ=成都の日系スーパーでガラス破損-東京集会に反発
 【北京時事】尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権をめぐり、中国四川省成都市、陝西省西安市、河南省鄭州市で16日、数千人規模の大規模な反日デモが起き、成都市では日系スーパーのガラスが割られる被害が出た。東京で同日行われた中国大使館への抗議活動と集会に反発し、中国国内でデモの呼び掛けが行われていた。
 中国外務省は、同大使館に対する抗議活動について日本側に重大な関心を伝え、大使館員と施設の安全確保に有効な措置を取るよう要求した。
 9月7日に尖閣諸島沖で中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突する事件が起きた後、中国で反日デモが確認されたのは満州事変の発端となった柳条湖事件から79年となった同月18日以来。今回はそのときを上回る規模で、修復に向かっていた日中関係に影響が出る恐れもある。後略。(2010/10/16-22:32)

 「東京集会に反発」という見出しがあるので、雪斎は、「東京集会とは何だ」と反応した。
 ところで、ロイター通信が下記のような記事を配信している。
 □ Japan rallies against China over disputed islands
 昨日、東京都下で行われた「反中デモ」の風景である。写真に映ったのは、六本木界隈であろう。
 記事によれば、数千人が集まり、青山から六本木を通って、中国大使館を取り囲んだようである。
 デモを呼び掛けている一人が、あの田母神俊雄元空将らしい。

 不思議であるのは、日本のメディアは、こういう動きを報じていないことである。
 数千人も集まるデモというのは、「軽視すべきではない」ニュースだとおもうのであるけれども、どうしたものか。
 唯一、『時事通信』だけが、その模様を伝えている。
 

□ 尖閣問題で反中集会=中国大使館に抗議-東京
 市民団体「頑張れ日本!全国行動委員会」(会長・田母神俊雄前航空幕僚長)などが主催し、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり中国に抗議する集会「中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾!国民大行動」が16日、都内で行われた。主催者側によると、約3200人が参加したという。
 集会には田母神氏や西村真吾前衆院議員のほか、地方議員や文化人らが参加した。抗議集会、デモ行進の後、在日中国大使館を訪問。「事件は領海侵犯であり船長の拘置は妥当な措置」とした上で、船長の釈放要求など中国の一連の対応を批判、「尖閣諸島は日本固有の領土であり、領土問題は存在しない」とした抗議文を大使館のポストに入れた。(2010/10/16-19:15

 「日本のナショナリズム」がないかのように振る舞い、中国の「反日ナショナリズム」だけを大々的の取り上げる姿勢は、現時点では、日本における「嫌中感情」を刺激し、「日本のナショナリズム」を鬱積させるだけの効果しか持たないであろう。中国に対する過剰配慮は、現時点では、それをしようとする人々の期待するものとは逆の効果を生みつつつある。


 

 

|

« 「柳腰外交」…? | Main | 「過剰配慮」の代償 »

国内政治」カテゴリの記事

Comments

昨日の「反中デモ」を開始時からチャンネル桜でずっと見守ってました。

どこかの国の野蛮な官製デモとは大違い。品を感じさせるデモでした。秋の空をバックに日章旗がこんなに美しく見えたことはありませんでした。

チャンネル桜、ニコニコ動画トータルの実況の視聴者は少なくとも一万人は超えてましたね。コメを見てると「物理的に参加できないけどせめて気持ちだけは」という視聴者の思いがひしひしと伝わってきました。

Posted by: うさぎ | October 17, 2010 12:52 PM

都心のあれだけ規模の反中デモがほとんど報道されず、中国内の反日デモだけが報道されるという状況が、まったく理解できません。
日中の報道協定でもあるのでしょかねぇ??
嫌中感情に加えマスコミ不信も増幅するだけと思います。

Posted by: SAKAKI | October 17, 2010 08:29 PM

 報道するべきかはともあれ、雪斎先生までが「数千人も集まるデモ」と書かれているのは少々驚きです。
 ちょっとした政治団体や宗教団体でも1000人規模の動員をかけるのも珍しいわけではないですし、現に泡沫政党の幸福実現党ですら主催者発表ですが3000人規模のデモをかけている。
http://www.hr-party.jp/news/o125.html

時事程度のベタ記事が普通の話だと思うのですが…

Posted by: bando_alpha | October 17, 2010 08:35 PM

 最初のストはNHK本社前から始めたのに、NHKは見事に無視しました。今回はさすがにアリバイづくり程度には報道しましたけど。日中記者交換協定があるので、中国に都合が悪い報道を過剰に控えているという見方もあるみたいですけどね。次のデモが一万人のオーダーになったらどうするのでしょう?  後はマスコミの編集長クラスはだいたい団塊世代の学生運動崩れだから、左よりのプロガバンダ以外流したくないから無視するという説でしょうか?
 長い目で見るとマスコミのこの反応は、中国にとって「無能で臆病な味方」の反中感情を鬱積させる悪手以外の何者でもないでしょうに。
 「16歳で自由党員にあらざる者は、心を持たぬ。60歳で保守党員にあらざる者は、頭を持たぬ」というディズレーリの言葉があります。これは「20歳までに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。20歳を過ぎて左翼に傾倒している者は知能が足りない」というチャーチルの架空の名言の元ネタらしいです。定年間近になってもサヨクな頭を持たない人達が、長い目で見て状況を悪化させる悪手を打ち続けている。そういう状況ではないでしょうか?

Posted by: almanos | October 17, 2010 08:57 PM

今回のデモは規模がよく分からないです。わずかになされた報道では、警察発表が1800人や5800人などとばらばらです。

サヨク系の人々が行ってきたデモの主催者発表というのは、警察発表の3倍くらいになるそうです。警察は実際にデモを管理する必要があるので、かなり実数に近い線を把握しているわけですが、5800人だと、サヨク系の人たちの言うところの数万人規模のデモということになってしまいます。

政府が右や左の抗議活動を圧殺するのは、好ましくないにせよ理解できるのですが、仮にも報道機関と自称するなら事実くらい報道するフリをしてくれてもいいではないかと思ってしまいます

Posted by: stratosphere | October 18, 2010 09:11 PM

それにしても、日本企業や財産にたいする、明らかな破壊活動であることにもう少し注意を向けていいんじゃないかと思います。日本政府も中国政府も。本当に怪我人出てないんだろうか。

Posted by: KK | October 19, 2010 07:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本のナショナリズム:

« 「柳腰外交」…? | Main | 「過剰配慮」の代償 »