« 真夏の「仕事」 | Main | 民主党は「レッセ・フェール」政党だったのか。 »

August 21, 2010

「自民党+民主党非小沢系」連立という可能性

■ 雪斎の感覚からすれば、気温30度を超えると、そこは、「人間の済む処」ではない。
 だから、拙ブログの更新も十数日、途絶えた。
 経験則上、高校野球が終われば少しは涼しくなるはずなので、このブログも平常運転に戻ろうかと思う、

 ところで、民主党代表選挙の行方は、「盛り上がる」話題なのか。
 自民党政権時代の「派閥抗争」は、日本が「活力」を持っていた時代の産物である。
 現在のように、日本という国の「余力の底」が見え始めているときに、こういうことに熱が入るというのも、どうしたものかと思う。そもそも、「全然、仕事をしているようにいは見えない」というのは、どうしたことか。
 雪斎が「あらまほしき」と考えるシナリオを描いてみよう。
 次の代表選挙で民主党が「小沢系」と「非小沢系」で割れるようならば、自民党は、どのようにすべきであろうか。実際は、「割れない」可能性が高いけれども、これは仮定の話として書く。
 1931年に英国で挙国一致内閣が組織された折、首班となったのは、労働党党首であるラムゼイ・マクドナルドだったけれども、それは、実質的には、保守党主導内閣であった。マクドナルドは、その後、労働党から除名される。
 この事例を、そのまま現在の「永田町」の図式に当てはめると、次のようなシナリオになる。
 1 民主党代表選挙で菅が勝つ。「脱小沢化」を加速させる。小沢が民主党を割る。
 2 菅直人を首班として、自民党が「挙国一致内閣」を発足させる。。
 3 政策面は、第一に「財政再建」を表看板にし、他は基本的に自民党のものを踏襲する。
   外務・防衛・財務の三大臣ポストは、そのうち一つを副総理兼任として自民党に渡す。
 これならば、悪くあるまい。無論、条件はある。
 1 菅周辺が自民党と組むという選択を考えられるか。
 2.自民党は、「右派色」を消す。
 自民党が、「小沢系」と組むというオプションもありうるであろうけれども、それは、自民党にとっては、自殺行為に等しい。いわゆる「小沢的なるもの」を払拭することが、自民党にとっての「党改革」の趣旨であったはずである。
だから、自民党は、どのような体裁であれ、「小沢系」と組むわけはいかない。
 小沢一郎首班となれば、おそらくは、支持率30パーセント台からの出発であろう。折に触れて、「政治とカネ」で追及される。それでも、小沢首班は、その気になれば、支持率が限りなくゼロに近い水準にまで落ちても、三年近くは「権力の座」に要られる。次の国政選挙は、できるだけ引っ張れば三年後の夏である。
 そういう内閣に、自民党が手を貸す必要はあるまい。
 小沢が勝てば、
 菅が勝てば、その「統治能力」をネタに追い込む。


■ 前のエントリーの続きである。
 

□ 読売新聞短期連載「今に問う言葉」  永井陽之助 2
 「イリュージョン(幻想)に対してイリュージョン(幻想)を持つ」。
 ―永井陽之助「二十世紀と共に生きて」『二十世紀の遺産』(永井陽之助編、文藝春秋、一九八五年)所収

 このケネス・E・ボールディング(経済学者)の書から永井が引用した言葉は、知識人としての永井の姿勢を表したものでもある。たとえば、霊峰・富士の風景は、静岡側と山梨側とでは異なる。人々は、「自分の視点」から観る富士を唯一無二と錯覚するけれども、それでは富士の「真実の姿」は判らない。そうした弊を避けるためには、「自分の視点」をも突き放す姿勢が大事になる。「イリュージョンに対してイリュージョンを持つ」とは、そうした意味である。永井が言葉通りの「リベラル」(寛容)な知識人であったのは、「自分の視点」を相対化できた故に、「他人の視点」を尊重できたからである。永井が生きた時代は、「自分の視点」に執着し「他人の視点」を排撃する「イデオロギー思考」が幅を利かせていた。今でも、世には、「静岡側から眺めるのが本当の富士だ。山梨側ではない…」と言いたげな声を聞く。日本には、本当に「リベラル」の気風が大事にされているか。
           『読売新聞』(2010年8月16日付)掲載


 永井陽之助先生は、「弟子」を残さなかった学者である。雪斎も、永井先生の「弟子」ではない。
 高坂正堯先生は、多くの弟子に恵まれ、全八巻の著作集も刊行された。
 だから、今でも二十代、、三十代の政治学徒には認知度は高い。
 だが、永井先生は、そうではない。
 永井先生が急速に「忘れられた知識人」になりつつあるのは、雪斎には寂しい。
 折に触れて、永井先生の言葉を紹介することを心がけなけなければなるまい。

|

« 真夏の「仕事」 | Main | 民主党は「レッセ・フェール」政党だったのか。 »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/49205407

Listed below are links to weblogs that reference 「自民党+民主党非小沢系」連立という可能性:

« 真夏の「仕事」 | Main | 民主党は「レッセ・フェール」政党だったのか。 »