« 「逃げる」宰相 | Main | 「最強の野党」の行方 »

July 07, 2010

「И字回復」の風景

■ 菅直人内閣支持率の「V字回復」が喧伝されていたのは、ほんの三週間前である。
 ところが、現時点では、メディアにはよっては、支持率の「40パーセント」の防衛線が破られ、支持率・不支持率の逆転が起こっている。
 実際は、「И字回復」だったというところか。
 「И」というのは、ラテン文字の「I」に相当するキリル文字で、「イー」と発音する。
 だから、たとえばイハラさんは、ロシア語では、Ихара と表記する。
 こうした「И字回復」の風景が出現している理由は何か。
 鳩山由紀夫前内閣が「普天間」でやっていたことを菅直人内閣は「消費税」でやっているのである。

 

 要するに、政策そのもの是非というよりも、政策を打ち出すプロセスにおける右往左往、迷走ぶりが目に付くのであある。
 しかも、「消費税」という国民の生活に最も密着した案件に関して、こうした迷走を示している。
 「このざまで大丈夫か…」という不安を与えているのである。
 最初は、「議論しようということだけだ…」だったのが、 「年収400万円以下は還付する」という話が出てきて、今度は、逆進性批判を封じるために「所得税率上げ」の方向が示されている。「結局。きちんとした検討のもとに提案されているわけではない」ということが露骨に見えているのである。
 また、菅直人総理を含む民主党幹部から、「責任回避」と「責任転嫁」を思わせる発言が続出しているのも、印象を悪くしている。「自民党のせいだ…」とか「メディアのせいだ…」とかという話である。凡そ、「権力」を握っているという自覚を感じさせない風情である。
 菅総理が政治活動家出身を思い起こされる攻撃的なスタイルでテレビ画面に登場しているのも、いささか問題であろう。
 政治は、他人の「合意」と「共感」を得る技芸である。
 菅内閣は、明らかに、それに失敗している。
 参議院選挙を乗り切っても、あとは厳しいであろう。
 投票日まで、あと四日である。
 この四日で、また、「とんでもないこと」が起きそうな気がする。

|

« 「逃げる」宰相 | Main | 「最強の野党」の行方 »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

もし何かが起こるとしたら、相撲かゆうぱっくではないでしょうか

相撲賭博に関与した暴力団と政治家のつながりが疑惑でも報じられたら、その政党は負けるでしょう。でも、これは無いでしょう

ゆうぱっくは、「中元のメロンが届かん。腐るじゃないか(怒)」となった場合、その責任を負うとおぼしき政党は負けるかもしれません。食い物の恨みは恐ろしいですからね・・・。

私個人は事情が混み合っていて、自民と民主のどちらが悪いのか判別つきにくいのです。
http://togetter.com/li/33701
による民主党に冷や飯を食わされた民営化論者達の議論では、おおむね民主と亀井さんが悪いという事のようです。原口さんははっきり自民のせいだと言ってるようです。菅さんも言いそうです。後は、いまだに新婚ぼけのなおらないメディアがどう報じるかで決まってしまうのかもしれません

Posted by: stratosphere | July 07, 2010 at 01:51 PM

>政治は、他人の「合意」と「共感」を得る技芸である。
仰るとおりですね。
後、正しく必要とされる事を行うのと、間違っているけど必要なことを行う。某ゲームだったと思うのですが「正しく間違える」でしょうか? そのために合意と共感を得る必要がある。と理解すればよろしいでしょうか?
 結局、福田内閣時代に大連立を小沢氏が持ちかけた理由のひとつであった「民主党に政権担当能力は無い」というのが証明されてしまったわけです。追加するなら「政権運営に必要な思考能力。後文句を言われる側に立った時にどう振舞うべきかという想像力も欠如している」となるのでしょうか?

Posted by: almanos | July 09, 2010 at 12:01 PM

党の体質の方が問題

仙石氏7日「日韓戦後処理は不十分」と発言。
何を今更と思い調べると、その原点は「政策集INDEX2009」にあるとある記事ではいう。
毎年公表の政策集は今回その作成を見送っている。
そこにはあちこちにとんでも政策が隠れている。

・日本の戦時中の加害行為を調査する恒久平和調査局を設置する国立国会図書館法改正
・元慰安婦へ謝罪と賠償を行なう戦時性的強制被害者問題の解決促進法案
・靖国神社に代わる国立追悼施設の建立
・選択的夫婦別姓の早期実現
・永住外国人への地方参政権付与
・政府や特定団体による恣意的な思想・言論の統制が懸念される人権侵害救済機関の設置
等など
(もちろん他にも数多くの普通の政策が掲げられているが)

仙石氏、思いつきで日本外国特派員協会で発言したわけではない。
民主党はこれら政策を本気で考えているのだろうか。

時代錯誤としか私には思えないのだが…
雪斎さん、民主党の狙いは一体何なのでしょうか?

Posted by: 素浪人 | July 09, 2010 at 07:05 PM

仙石さんの発言は、僕もビックリしました。
あんな事を選挙前に言う意味がわかりません。まぁ、「枝野さんの全特配慮」みたいな感じなのかもしれませんが、あれで民主党に今後一切投票する事はなくなりました。そういう人は僕以外にも沢山居るんじゃないですかね。あの発言は、もっと沢山報道されるべきだと思います。産経以外は何をやっているんだ。

Posted by: 学生さん | July 13, 2010 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/48816560

Listed below are links to weblogs that reference 「И字回復」の風景:

« 「逃げる」宰相 | Main | 「最強の野党」の行方 »