« オランダ雑感 | Main | 「陽はまた昇る」という感覚 »

June 23, 2010

日本相撲協会は、「天皇賜杯」を返上せよ。

■ 大相撲の各場所千秋楽で優勝力士に真っ先に授与されるのは、「天皇賜杯」である。
 その昔、「ヒョーショ―ジョー」の口上で有名だった「パンナムおじさん」の表彰状も、小泉純一郎総理が「感動した」と絶叫しながら渡した表彰状も、おまけに過ぎない。  
 だから、年六回もやっている各場所というのは、実質、「天皇杯」相撲大会なのである。
 天皇賞・天皇杯と呼ばれるものが授与されるスポーツ・イヴェントは、ほかにもある。
 ● 競馬   天皇賞  日本中央競馬会主催
 ● サッカー 天皇杯  日本サッカー協会主催
 当然のことながら、公益法人が主催するイヴェントである。他にも、柔道、体操などの競技会にも、天皇杯が出ている。
 ココで考えよう。
 現在の相撲協会の行状を前にして、「天皇賜杯を返上せよ」という話が出てきたら、どのようにするのか。
 今のところメディアの世界では誰も口にしていないようなので、少なくとも、雪斎は、そのように主張しよう。
 「違法行為を繰り返している連中が、天皇賜杯だって。不埒だな…。即刻、返上せよ」。
 現に、民間ベースではスポンサー撤退の動きが出ている。
 

□ 永谷園、名古屋場所での懸賞金中止
 大相撲の野球賭博問題に絡み、相撲中継を行うNHKに対し、大関琴光喜が賭博への関与を認めたことが報じられた今月14日からの1週間で、計約900件の意見が視聴者から寄せられたことが21日、分かった。
 賭博に関与した力士や相撲協会の姿勢に対する厳しい意見が大半で、中継をやめるべきとの声もあったという。NHKは来月11日に初日を迎える名古屋場所の中継について、「事態の推移を見ていくが、視聴者の目線を大事にしながら総合的に判断する」(広報局)としている。
 一方、名古屋場所への懸賞金の大幅縮小を表明していた永谷園(東京)は21日、懸賞金を中止することを決めた。「社会的影響が大きい」(広報室)との理由で、9月の秋場所以降の対応については、「捜査や調査の状況を踏まえて検討する」とした。(2010年6月22日03時07分 読売新聞)
 
 記事にもあるけれども、NHKも馬鹿正直に幕内全取組を放映する必要もあるまい。一日三時間、一五日間の場所が六つで二七〇時間分の電波を使っている。再考してもいいのではないか。
 だが、それでも、象徴的な意味合いでいえば、日本相撲協会は、深甚なる反省の意味からも、「天皇賜杯」を返上すべきであろう。「『ジャパニーズ・マフィア』とも癒着するスモウ」などと海外に伝えられたら、それだけで、日本の対外イメージも、がた堕ちである。

 ところで、ただ今、サッカーのワールドカップ、フランス・南アフリカ戦の終了である。
 何ということか、雪斎が贔屓のレ・ブルーは、三連敗でグループ・リーグ敗退である。
 しかも、ヨアン・グルキュフの一発退場というおまけまでが、付いてである。
 ショックが大きい。

|

« オランダ雑感 | Main | 「陽はまた昇る」という感覚 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

けだし名案かと存じます。
私も大賛成です。
このエントリーのアクセスも
かなり高くなるかと。

Posted by: 雲風 | June 23, 2010 at 02:44 PM

近代相撲と関わりの深い天皇家では、ほぼ不可能だと思いますよ。「返上」ということで正常化した後また拝受するということなら出来ると思いますが。

Posted by: よもさん | June 24, 2010 at 10:03 PM

 混乱する相撲協会を後目に、サムライジャパンがデンマークを降しましたね。
 3点目のホンダ→オカザキの連携には鳥肌が立ちました。
 実はもう一つ・・鳥肌が立った瞬間がありました。試合後のCMにですよ。なんと自民党の広報CMが!!!
谷垣さんが岡田さんとそっくりに見えちゃったりして・・。こりゃ何かの陰謀ですよね。(笑)

Posted by: SAKAKI | June 25, 2010 at 06:50 AM

まったくおっしゃるとおりだと思います。
が、政治利用、とか言って反対する者がいるのでしょうか…

Posted by: MUTI | June 28, 2010 at 09:08 PM

相撲協会の返上でなくて、宮内庁が一方的に取りやめにすれば全て解決。
宮内庁へ取りやめをメールで要求しよう。

Posted by: Yahho- | July 07, 2010 at 12:06 PM


残念ながら大相撲の天皇賜杯は宮内庁または天皇陛下に返上するのこは出来ません。

なぜなら他のスポーツや技術競争の天皇杯は陛下から賜った記念品であり、言い換えれば天皇陛下がトロフィーまたは盃または盾を下賜したもので、大相撲の天皇賜杯は昭和天皇から賜った金銭を元手に日本相撲協会が製作したトロフィーだからです。

つまり、大相撲の賜杯は日本相撲協会の物なのです。

ですから返上は出来ません。

対応としては天皇賜杯の授与を取やめるくらいしか出来なかったはずです。

Posted by: 通りすがり | January 20, 2011 at 03:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/48698616

Listed below are links to weblogs that reference 日本相撲協会は、「天皇賜杯」を返上せよ。:

« オランダ雑感 | Main | 「陽はまた昇る」という感覚 »