« 民主党第二内閣誕生の朝 | Main | 「堕落した評論」への自覚 »

June 05, 2010

日本の「無政府状態」

■ ただ今、日本では、とんでもない事態が起こっている。
 事実上の「無政府状態」が出現しているのである。
 昨日の内に、組閣、認証という手続きを済ませて、菅内閣発足かと思いきや、まだ発足していないことには、驚いた。昨日、鳩山内閣は総辞職したので、現在の日本には、総理以下の閣僚は誰もいない。
 国会で首班指名を受けたとしても、認証を経ていないのだから、菅直人氏は、まだ総理大臣ではないのである。
 聞くところによれば、組閣、認証を経た発足は、8日だそうである。
 この数日の内に、突発事態が生じたら、誰が対応するのか。
 たとえば、自衛隊を動かすのは、だれか。
 北澤前任大臣には、その権限はない。後任は、まだきまっていない。
 それとも、自衛隊が勝手に動くのか。
 こうしたことは、何故、問われないのか。
 もっとも、憲法71条には、次の内閣発足までは前任内閣が職務を「引き継ぎ」的に続けるという趣旨の規定がある。「前2条の場合には、内閣は、あらたに内閣総理大臣が任命されるまで引き続きその職務を行ふ」という規定である。ここでいう前2条というのは、内閣不信任議決を定めた第69条と「内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員総選挙の後に初めて国会の招集があったときは、内閣は、総辞職しなければならない」という第70条の規定である。だから、形式上は、前任内閣が対応するのであろうという理解もできよう。
 やはり、民主党では、「統治能力」は皆無であろう。
 いきなり、組閣まで4日も費やして、「無政府状態」を出現させるのだから…。
 8日までの間に、地震その他の突発事態が何も起こらないことを天に祈るしかあるまい。
 日本は、何という国になってしまったのか…。
 

 

□ 菅首相が誕生、8日組閣へ
           6月4日16時23分配信 時事通信
 衆議院本会議で首相に指名され、一礼する民主党の菅直人代表(4日午後、衆院本会議場)。午後の衆参両院本会議で、第94代首相に指名された。組閣は先送りし、首相任命式と閣僚の認証式は8日になる見通し・
 認証を経ていなのだから、「新首相誕生」とはいえない。メディアも、どうなっているのか。

 追記、もうすこし書いてみよう。
 この件の問題点は、わざわざ、「職務執行内閣」(これも71条が想定するものと同じといえるかどうか・・。鳩山辞職は、「総理が欠けたとき」に該当するのか。)を登場させる感覚は、何なのかということである。
 もし、組閣などに時間がかかるというのであれば、鳩山辞意表明の後、次期党首選挙をやって、来週に内閣総辞職、即日、国会での首班指名、認証、新内閣発足という手続きを踏めたはずである。
 とにかく、「鳩山の看板をおろすこと」を急いだようにしか見えない。
 危機管理上、極めて問題のある「無政府状態」を出現させても、党の都合を優先させたということか。
 「鳩山のほうがよかった」などという笑えない結果にjなりはしないだろうな。
 

|

« 民主党第二内閣誕生の朝 | Main | 「堕落した評論」への自覚 »

Comments

同感です。2日間も事実上無政府状態を作り出してしまう危機感のなさがどうにも信じられません。

Posted by: ナイスミドルな40代 | June 05, 2010 at 06:34 AM

世論調査の結果が出ると、菅政権の支持率は40%以下ではなかろうか。そして、いずれ30%以下に。
左巻き菅は亀井との間で、郵政改悪を行うことを改めて署名確認した。
参議院選挙で惨敗し、菅は責任を取って辞任する短命政権となる。

Posted by: 小沢総書記 | June 05, 2010 at 08:43 AM

事実上と言うのなら安倍総理が下痢で辞めてたからずっと無政府状態でしょう……

Posted by:     | June 05, 2010 at 09:49 AM

形式上は前内閣が引継をやるんだが、

前閣僚はみんな荷物まとめてるのが現状だからなぁ。

とはいえ、自民党時代に荷物まとめなかったかというと・・・。

Posted by: っs | June 05, 2010 at 09:56 AM

71条の法解釈は70条の「欠けたとき」規定には「内閣総理大臣の辞職時を含む」
ということで固まっていますので、法務上は明白です。
法律的には権力の空白の問題は生じていません。

なんでわざわざ実務上の空白を作るのか、という点には・・・党利党略としか・・・嗚呼。

Posted by: Shin | June 05, 2010 at 11:00 AM

71条の法解釈は
『70条の「欠けたとき」規定は内閣総理大臣辞職時を含む』
で固まっていますので、法務上は権力の空白の問題は無いはずです。

実務上の空白については、なんでわざわざとしか・・・

Posted by: Shin | June 05, 2010 at 11:29 AM

世論調査は高く出ると思いますよ。街角インタビューは期待値がたかいですからねどのくらいか?60%を越すと見ています。枝野幹事長の抜擢は安倍幹事長を抜擢したくらいのインパクトがあります。
さて、問題はどのくらい続くかです。経済を全く知らない総理と官僚、幹事長、年末には4割前後とよんでいます。が、参議院選挙は勝利するでしょうね。55議席くらいはとるんじゃないですか?自民党は38議席程度かな。

Posted by: がんば | June 05, 2010 at 03:18 PM

お隣の半島をめぐり、週末開戦、という噂もあったとか。
そういう状態で究極のノーガード戦法を取るときめた我らが権力野合衆、凄すぎます。堅気の日本人にとって、心臓に悪いくらい凄すぎます。

Posted by: KURUKURU | June 05, 2010 at 05:00 PM

誰も責任取らずに済む・・・と思ってるのかもしれませんね。
民主党らしい状況じゃないですか。

Posted by: たこはち | June 06, 2010 at 01:19 AM

「わざわざ実務上の空白を作った理由」ですが、知人によりますと、
「当初4日認証予定だったが、4日~7日は陛下の静養日だったので8日認証に」
ということだったようです。

当初、陛下のご予定を考慮していなかった、というのは「間抜け」な話だと
思いますが、「無政府状態を気にしない」という「あきれるほどの非常識」に
基づいた決定ではなかったようです。
「陛下への日程変更要請」と「事実上(法務上は問題なし)の政治的空白」の
どちらを重く見るかは賛否があると思いますが、そのような賛否分かれる選択
の結果ですので「統治能力の欠如」ではなく「統治への不慣れ」程度の問題だと
思います。無論褒められた話ではありませんが、そこまでひどい話ではなかった
ので、個人的には一安心です。

Posted by: Shin | June 06, 2010 at 06:02 AM

政治的空白の問題については鳩山首相も、ちゃんと認識してますね・・・

産経>【鳩山講演詳報】(1)「恥ずかしいがまだ総理。あながち嘘ではない」(5日午後)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100605/plc1006052009017-n1.htm

まあ陛下の日程だけの問題ではなかったのかもしれませんが、自国の政権党が
非常識でなかったのは、一国民としては素直に喜ばしいこと。
この件については「党利党略のみ?」と疑った自分の方が不明を恥じようかと
思います。

Posted by: Shin | June 06, 2010 at 06:12 AM

正直いって
一番怖かったのは
安部政権末期の空白期です。
(入院による)
あれこそ

ああ、日本は平和ボケだなと思ったわけです

日本の政治を動かしているのは官僚なんだなということがバレた瞬間
だった

特に右派的政治家だった安部政権ですら
そうだったという意味で。

Posted by: ろーりんぐそばっと | June 06, 2010 at 11:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/48545315

Listed below are links to weblogs that reference 日本の「無政府状態」:

« 民主党第二内閣誕生の朝 | Main | 「堕落した評論」への自覚 »