« 朝鮮半島の「隠然とした」雲 | Main | 政治評論の「責任」 »

May 28, 2010

保守政党の「革新性」

■ 英国の保守・自民連立内閣で外相になったのは、ウィリアム・ヘイグである。
 1961年生まれだから、当年、49歳である。
 ただし、忘れられないのは、13年前に保守党が下野した折に、党首に就任した時に、彼は36歳だったということである。彼は、結局、党首としては政権を奪回できず、党首の座を退いてからは「無役」に徹していたわけであるけれども、政権奪回を機に表舞台に復帰したわけである。

 英国保守政治の系譜を観ていると面白いのは、「変わった人物」が党首になっているということである。
 たとえば、次のような具合である。
 ○ ベンジャミン・ディズレーリ  
   : 先代はユダヤ教徒
 ○ ウィンストン・チャーチル
   : 家自体は名門だが、母親が元・植民地である米国の銀行家の娘
 ○ エドワード・ヒース
   : 大工(労働者階級)の息子
 ○ マーガレット・サッチャー
   : 雑貨屋(下層中流階級)の娘、最初の女性党首
 ○ ジョン・メージャー
   : サーカス芸人の息子、高校卒業が最終学歴
 ○ ウィリアム・ヘイグ
   : 36歳で党首就任、保守党史上初の「首相になれなかった党首」
 だから、日本の自民党も、保守政党である限りは、行く行くは、「三十歳代の総裁」であるとか「母親が外国人である宰相」であるとか「憲政史上初の女性宰相」であるとか「父親の代には芸人だった宰相」を登場させるぐらいのことは、考えたほうがいいのであろう。保守政党には、こういう「革新性」が必要とされる。「格差社会」を超える論理を提示するのも、野党であるうちに準備しなければなるまい。
 因みに、現党首・首相のデーヴィッド・キャメロンは、王室とも縁続きで、イートンからオックスフォードという典型的な「英国エリート」の経歴である。久々に「いかにも英国エリート」だと思わせる保守党宰相の登場であるけれども、これももまた、英国保守政治の相貌である。
 ところで、英国保守党といえば、その「いかにも…」という風情の宰相として忘れられないのは、、アレクサンダー・ダグラス―ヒュームである。1980年代末期、最晩年の開高健が彼の邸宅を訪ねたとき、迎えた男爵が着ていたのは、ところどころに穴の空いたセーターであった。開高健が『釣魚大全』を書いたアイザック・ウォルトンよろしく、ローランド(スコットランド低地地方)の川で釣りをやるという趣向のTBSの紀行番組のワン・シーンだった。「英国貴族の穴開きセーター」には、かなり印象を受けている。もっとも、そのセーターというのは、上質のモノを長年、着古したものであったらしい。若き日の雪斎に、「保守主義の精神」のイメージを感性レベルで鮮烈に植えつけたシーンであった。そういえば、昔、一度だけ、川釣りをやったことがある。「Study to be quiet.」(静穏なることを学べ)とは、ピューリタン革命の熱狂の時代を生きたアイザック・ウォルトンが残した言葉であった。それは、「保守主義の精神」に通底しているのである。
 話は替わる。鳩山邦夫氏が、自分の子息を「新党改革」から擁立だそうである。子息が前面に出るならば、ともかく何故、こういうことに父親が出しゃばるのか。この家系の「過保護体質」は、兄弟共通なのか、祖父以来の「遺伝」なのか。

|

« 朝鮮半島の「隠然とした」雲 | Main | 政治評論の「責任」 »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/48475394

Listed below are links to weblogs that reference 保守政党の「革新性」:

« 朝鮮半島の「隠然とした」雲 | Main | 政治評論の「責任」 »