« April 2010 | Main | June 2010 »

May 31, 2010

政治評論の「責任」

■ 「もう終わりだね 君が小さく見える…」といったところか。
 

□ 「首相辞任を」過半数 世論調査、内閣支持率19%
 共同通信社が29、30両日実施した全国電話世論調査で、米軍普天間飛行場移設問題の5月末決着を果たせなかった鳩山由紀夫首相の政治責任に関して「辞めるべきだ」が過半数の51・2%に上った。内閣支持率は20%台を割る19・1%まで続落。政党支持率や参院選比例代表投票先ともに自民党が民主党を上回り、党勢は逆転した。普天間対応では「評価しない」が66・1%、「評価する」が25・4%だった。
 首相は28日に普天間移設の政府方針決定後の記者会見で続投意欲を強調したが、政権運営は厳しさを増した。夏の参院選に向けて民主党内で「鳩山おろし」が一気に広がる可能性も否めない。
 政党支持率は自民党21・9%で民主党20・5%を上回った。比例投票先でも自民党20・9%、民主党19・9%だった。首相進退に関し続投支持は44・4%にとどまった。
 社民党の連立対応について「離脱すべきだ」が67・3%、「連立を維持すべきだ」が21・6%。福島瑞穂党首の閣僚罷免では「当然だ」の51・4%に対して「罷免すべきでなかった」は40・8%だった。
                  2010/05/30 17:20 【共同通信】

Continue reading "政治評論の「責任」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 28, 2010

保守政党の「革新性」

■ 英国の保守・自民連立内閣で外相になったのは、ウィリアム・ヘイグである。
 1961年生まれだから、当年、49歳である。
 ただし、忘れられないのは、13年前に保守党が下野した折に、党首に就任した時に、彼は36歳だったということである。彼は、結局、党首としては政権を奪回できず、党首の座を退いてからは「無役」に徹していたわけであるけれども、政権奪回を機に表舞台に復帰したわけである。

Continue reading "保守政党の「革新性」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2010

朝鮮半島の「隠然とした」雲

■ また間が開いた。
 朝鮮半島情勢は緊迫の「局面」入りである。
 

□ 「領海侵犯」なら軍事措置=北朝鮮、韓国に通告 
            5月25日17時50分配信 時事通信
 【ソウル時事】南北軍事実務会談の北朝鮮側代表団団長は25日、韓国海軍の艦艇が黄海海上の北朝鮮領海を侵犯しているとして韓国軍に通告文を送り、「侵犯が続くなら、実際の軍事的措置が実行される」と警告した。朝鮮中央通信が報じた。
 北朝鮮は、韓国側が黄海上の境界線と設定した北方限界線(NLL)を認めず、これより南に独自の「海上軍事境界線」を設定している。哨戒艦沈没事件が起きた白※(※=令の右に羽)島の周辺海域などは海上軍事境界線の北側に位置する。
 同海域では韓国艦艇が活動しており、今回の通知により、緊張が一層高まりそうだ。 

Continue reading "朝鮮半島の「隠然とした」雲"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 16, 2010

立法は審議し、執行は行動する。

■ 「立法は審議し、執行は行動する」。
      ― カール・シュミット 「現代議会主義の精神史的状況」
 
 前のエントリーから、時間が開いた。雪斎にとって、「鬼門」の六月が近付いているせいか、どうも身体的なコンディションが、よろしくない。
 永田町は、民主党新人女性議員が「乱闘」の中で怪我したという話がある。民主党女性議員の転倒は、サッカーでいうシミューレーションだったのではないかという説がある。それは、サッカーの試合では、レッド・カードに相当する行為である。だが、実際のところは判らない。
 ただし、問われなければならないのは、この女性議員は、何故、その場所にいたのかということである。
 

Continue reading "立法は審議し、執行は行動する。"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 10, 2010

民主党における「政自慰主導」の負債

■ 土曜以降、風邪をひいてしまったので、手短なエントリーである。
 宮崎で発生した「口蹄疫」の被害が、とんでもないものになっているようである。
 

□ 口蹄疫6万匹処分 宮崎、家畜市場すべて閉鎖
                    2010年5月9日 東京新聞朝刊
 宮崎県で家畜感染症の口蹄(こうてい)疫が拡大している。殺処分される牛や豚は計約六万匹に上り、国内で過去最悪の事態だ。感染拡大防止のため県内七カ所の家畜市場はすべて閉鎖。各地の地元ブランド牛として商品化される子牛が出荷できないなど、影響は広がっている。
 四月二十日から五月八日までに、感染疑いが見つかった農家や施設は四十九カ所。国内で初めて豚の感染疑いも見つかり、処分対象は約六万二千匹で、うち五万匹以上は豚。農林水産省によると、過去に口蹄疫が発生した際に処分された牛の数は一九〇八年に東京などで約五百頭、二〇〇〇年に宮崎県で三十五頭、北海道で七百五頭。
 家畜を埋めて処分する作業が追いつかず、東国原英夫知事は陸上自衛隊に災害派遣を要請、「非常事態を宣言してもいい」と深刻さを訴える。
 宮崎県は、肉用牛の飼育数は北海道、鹿児島に次いで三位、豚は鹿児島に次いで二位。子牛は出荷先で肥育され、各地のブランド牛として店頭に並ぶ。約四割は県外で、〇八年度は長野や三重、佐賀各県などに約三万頭が出荷された。

Continue reading "民主党における「政自慰主導」の負債"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 08, 2010

「普天間県外移設」は民主党の公式方針である。

 ■  次の記述を考えよう。
普天間基地の辺野古移設は、環境影響評価が始まったものの、こう着状態にある。米軍再編を契機として、普天間基地の移転についても、県外移転の道を引き続き模索すべきである。言うまでもなく、戦略環境の変化を踏まえて、国外移転を目指す。

Continue reading "「普天間県外移設」は民主党の公式方針である。"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 06, 2010

 誰が「杭打ち桟橋+徳之島移転」案を吹き込んだのか。

■ 案の定というべきかもしれないけれども、国際政治・安全保障研究に手を染めてきた政治学徒としては、「無力感」、「虚脱感」を覚えさせる展開である。

Continue reading " 誰が「杭打ち桟橋+徳之島移転」案を吹き込んだのか。"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 04, 2010

普天間移設決着への三つのハードル

■ 普天間移設に関する案件は、何を以て、「落着」と呼ぶのか。
 本日、「五月末決着」を目指す鳩山総理が沖縄を訪問するようであるけれども、その決着のイメージは、あいまいである。
 これは、次のように考えられよう。
 要するに、「東京都江東区から神奈川県鎌倉市に転居することを決めました」と表明するだけでは、「転居」をしたとはいえない。「転居をした」というためには、東京の旧宅から総ての家財道具を持ち出し、鎌倉市の新宅に運んだ上で、公共料金の解約や住民登録移転などの手続きを総て済ませた状態にしておく必要がある。
 普天間移設に関しては、三つのレベルの「未決着」がある。
 ① そもそも、「新宅」がどこになるかが決まっていない。
 ② そもそも、「新宅」が出来上がっていない。
 ③ そもそも、「新宅」への移転に関わる「御挨拶」の手間と費用が、どの程度になるかが判らない。
 この三つのレベルの「未決着」状態を処理することが 普天間案件における「決着」を意味する。即ち、三つの「ハードル」があるわけである。

Continue reading "普天間移設決着への三つのハードル"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 03, 2010

「敵」のイメージ

■ フランシスコ・デ・ゴヤが遺した傑作のひとつが、『1808年5月3日、プリンシペ・ピオの丘での虐殺』である。
 19世紀初頭、皇帝に即位したナポレオン・ボナパルトの軍隊がスペイン全土を支配下に置いたとき、その支配に抵抗したマドリード市民が蜂起したところ、ナポレオンの軍隊に鎮圧された。この事件を題材にした作品には、初めて観たときには、パブロ・ピカソの『ゲルニカ』よりも、おぞましい印象を受けた。
 18世紀以前のヨーロッパにおける戦争は、大体、王侯貴族が傭兵をも使って手掛ける戦争であった。だから、戦争するのは、あくまでも「ユニフォームを着た兵士」であり、それも、一定のルールに則った上での話になる。戦闘中命を落としても互いに「恨みっこなしで、別れましょうね」という具合になる。晴れて凱旋できれば、「富」と「栄誉」が待っているという具合になる。
 ところが、戦争を生業としているわけではない普通の市民が戦争にくわわわると、「敵」に対して、そうしたビジネス・ライクな見方ができなくなる。眼の前の「敵」は、自分の生命、財産に脅威を与える「現実の敵」として憎悪の対象になる。故に、「ユニフォームを着ない市民」が「ユニフォームを着た軍人」を相手に「仁義なき戦い」をやる風情になる。スペイン市民がナポレオン軍を相手にした散発的、神出鬼没の「小さな戦争」をスペイン語で「ゲリラ」という。今でいう「ゲリラ」の語源である。「ユニフォームを着た軍人」も、敗残兵を「捕虜」として扱うといった従来jのルールに則った処遇をする理由はないから、犯罪者として処断すという話になる。
 前のエントリーでは、カール・シュミットの『パルチザンの理論』に出てくる三つの「敵」の類型を元に議論した。ゴヤの最高傑作は、「敵」のイメージの転換を象徴する作品である。即ち、「在来型の敵」から「現実の敵」への転換である。202年前の今日の出来事である。

Continue reading "「敵」のイメージ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2010

政治における「敵」の三つの類型

■ 前のエントリーで、民主党青森県連代表の「反革命分子」発言を批判した。
 雪斎が小泉純一郎時代の「構造改革」を支持していたことに対する皮肉の意味合いもあるのか、「それならば、政敵を抵抗勢力と呼んでいた小泉は、どうなのか」という反応がある。
 結論からいえば、「全然、同じではない。違うであろう…」というところである。
 政治という営みの本質は、「友」と「敵」の峻別にあることを指摘したのは、カール・シュミットだった。
 忘れていけないのは、シュミットは、その「敵」を三つに分類していたことである。。
 どのように分類したのか。
 ① 在来型の敵
 ② 現実の敵
 ③ 絶対の敵
 ①は、ゲームにおける「敵」のイメージである。サッカーのチームが、相手チームの監督を「敵将」お呼ぶイメージである。だから、「敵」に対する憎悪の感情は、ほとんどない。戦争が終われば、「敵」とも握手して別れる。

Continue reading "政治における「敵」の三つの類型"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »