« 「哀れでイカレタ」宰相を戴く悲劇 | Main | 日米同盟の「可測性」 »

April 22, 2010

政治における「鶏口牛後」の嘘

■ 「新党」花盛りである。
 だが、こうした新党は、小選挙区制主体の次の衆議院選挙で議席を獲得できるのか。
 現に、「みんなの党」の二人、「たちあがれ日本」の一人を除けば、他は、参議院議員か比例代表復活組である。こんな具合では、「永田町」の世界では、影響力を行使するにも、自ずから限界ががあるだろう。
 たとえば、渡辺・江田党であるところの「みんなの党」は、元々の地盤もカバンもない新人候補を擁立して、「みんなの党」という看板だけで、小選挙区で何人を当選させることができるのか。

 「鶏口となるとも牛後となるなかれ」」という言葉は、政治の世界では、大いなる「嘘」である。「鶏」と「牛」とでは、行使できる影響力に差がある。政治において、「力」や「数」がモノを言うのは、厳然たる事実である。。「鶏」を「モスラ」に化かす資金や人脈の裏付けがあるならば、ともかくとして、それができないならば、「牛」に踏みとどまって前を目指してもらうほうがいいであろう。それができなければ、「牛」の世界での「権力闘争」を勝ち向くだけの器量を持ち合わせていなかったということをl示すものでしかないであろう。
 維新の回天を成就させたのは、「藩」を脱けた坂本龍馬ではない。それは、「藩」という枠組に留まって「藩」の軍事力や経済力を倒幕目的に転用した薩摩の大久保・西郷、長州の桂、土佐の後藤の業績である。それは、「海援隊」の業績ではない。
 「新党」を作って、往時のヴァルカン政治家よろしく、キャスティング・ヴォートを握るのが関の山ならば、その「新党」の程度というのも、大したものではあるまい。

■ …ということで、こういう展開である。
 

□ 参院東京に女性元キャスター=自民、2人目擁立へ
 自民党は20日、夏の参院選で東京選挙区(改選数5)の2人目の公認候補として、会社員で新人の東海由紀子氏(42)を擁立する方針を決めた。同日午後に発表する。
 東海氏は元NHKスポーツキャスターで、松下政経塾出身。自民党は同選挙区で既に現職の中川雅治氏(63)の公認を決めており、東海氏の擁立で無党派層にも支持を広げて、2議席獲得を目指す。(2010/04/20-11:45)
 
 「ヴィヴィアンさん」と通称されている彼女が、自民党の二つ目の「玉」である。良い「玉」だと思う。
 彼女は、ゼネラル・エレクトリックに籍を置いているが、その前は別の米系会社にいたはずである。
 だから、雪斎にとっての彼女は、「メディアの世界」の人物というよりも、「ビジネスの世界」の人物である。
 自民党は、今後は三十歳代、四十歳代に限定して人材を発掘していく必要がある。
 そうして、党の「「体質変化」を図る要がある。下野の時期にこそ、ふさわしい作業である。
 少なくともl、今夏の雪斎の投票先は決まった。
 後は、どれだけ彼女を支援する空気が広がってくれるかである。

|

« 「哀れでイカレタ」宰相を戴く悲劇 | Main | 日米同盟の「可測性」 »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

>彼女は、ゼネラル・エレクトリックに
>籍を置いているが、その前は別の米系会社
>にいたはずである。

いやはや、雪斎さんの「親米」も信仰の域に達しましたね。とうの昔に日本を守る気のないアメリカにいくら縋っても駄目だというのに、これではアメリカが怒りますよ。

>元々の地盤もカバンもない新人候補を
>擁立して、「みんなの党」という看板だけで、>小選挙区で何人を当選させることができるのか

私は竜馬を叫ぶ人間に共感しませんが、雪斎さんの論法で言うとその西郷や桂よりも遥かに井伊直弼の方が優れた人材であり、幕府を倒した連中は犬畜生にも劣ると言わざるを得ませんね。

雪斎さんは今どれだけ、「自民党には永久に投票しない」と言っている人がいると思いますか。新自由主義を掲げて「聖戦貫徹」を叫び、毛沢東顔負けの「下放」を行い、日本の国に大きな傷を負わせた新自由主義の人たちが歴史の裁きを受けてこそ自民党は復活出来るのです。

少なくとも私の投票先は決まりました。後は新自由主義者がどれだけ過激な、極端な発言を繰り返し、自滅してくれるかです。

Posted by: ペルゼウス | April 22, 2010 at 10:49 PM

新自由主義かぁ。僕は新自由主義は大嫌いだったので、前回の選挙は自民に入れました。

新自由主義って僕の理解では改革派なので、どっちかというと民主党の政策なんだよね。小泉自民が新自由主義だったのは、民主の政策を先んじてやってしまう事で選挙に勝とうという目的だったわけで。そして、後続の内閣が支持を失ったのは改革という名の新自由主義を放棄したからなんだよね。実体の民主がどうであれ、少なくともここしばらくの選挙において民主は新自由主義的な思想を振りまいて、改革の旗手であることをアピールしていた。だから、反改革&反新自由主義であった麻生内閣に失望した人たちが「とりあえず民主」という選択をし、そしてその結果が全く期待はずれだったことに愕然としている。今更、民主党が反改革だとか言うと、余計票をなくすと思うよ。

ところで、自民党は駄目だから民主と言っていた人は、今は民主は駄目だから、どうしようかと悩んでいます。彼らは、惰性で「自民には投票できないし」と言うのですが、もう一度冷静に「自民の何が具体的に悪かったの?」と聞くと、何も応えられません。なんか雰囲気で駄目って事になったようです。いや、改革を求めること自体に、そろそろ疑問を持ち出しているのではないかと感じています。マスメディアや政治屋の連中に騙されていた!と。

そうは言っても、やはりいまだに改革というのは、結構なステータスです。そういう雰囲気が世間を支配していることは理解しています。が、その雰囲気に乗っかってフラフラしている定見の無い人は、僕個人は信用できないと思っています。

Posted by: 通行人 | April 23, 2010 at 12:16 AM

適当に批判しながら大層なことを言ってる人を見るのって結構面白いですよね

Posted by: タツフサ | April 23, 2010 at 01:09 AM

谷垣自民はこの8ヶ月何をしてきたのだろうか。
何か革新的変化があったのか、まったく記憶にない。まるで牛歩。
そしてその牛にも大久保、西郷、桂、後藤らしき姿が見えない。
もう一頭の新種と言われた牛には増してや見えない。
どちらも潜行中かもしれないが。

今はまだ夜明け前。
「慶喜」後に又「慶喜らしき」が登場するとは・・・


再慶喜ではないことを除き、
愚民の投票先は未だ決まらない。


Posted by: 素浪人 | April 24, 2010 at 09:32 AM

嵐の大野クンが演じる「怪物くん」は、政界必見のドラマですね(笑)
お金について「働く!貰う!使う!嬉しい!」と悟った修行中の怪物くん。ラストは寿命と引き換えにお金をばら撒く悪魔族が綺麗事言うのですがそれをバッサリ論破するシーンに、嫁がボソリとつぶやきました。
「悪魔族って民主党みたい。鳩山さんも(怪物くんみたいに)修行したほうがいいんじゃない。」

子供手当と高校無償化で我が家の家計はいくらか楽になりますが、一方で目的もなく高校に縛られるかわいそうな子供たちもたくさんいます。お金をばらまくだけでなく、「働く!貰う!使う!嬉しい!」を実現する良い施策をみんなで考えましょうよ(笑)
自民党の復活のキーってそのあたりではと思います。

Posted by: SAKAKI | April 25, 2010 at 09:47 AM

どんなエントリーでも主旨を殆ど無視して
枝葉末節をあげつらい、
自分の偏狭な嗜好を正当化するだけの
結論が決まった物言いを毎回書き垂れる人が
約一名いますね。ストーカー?

読んでも得られるものが何も無いので
いい加減自分のブログでやって貰いたいものです。

Posted by: しいたけ | April 25, 2010 at 10:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/48143880

Listed below are links to weblogs that reference 政治における「鶏口牛後」の嘘:

« 「哀れでイカレタ」宰相を戴く悲劇 | Main | 日米同盟の「可測性」 »