« 衝撃の「復帰」? | Main | 政治における「鶏口牛後」の嘘 »

April 17, 2010

「哀れでイカレタ」宰相を戴く悲劇

■ 昨日昼刻以降、フランス大使公邸で大使主催の昼食会に出席した。
 「つくづく、キタノ・タケシは偉大だ」という話になった。

■ 鳩山由紀夫を「哀れでいかれた」と評した「ワシントン・ポスト」のコラムが話題を呼んでいる。
 だが、こうした鳩山評がでてくること自体は、何ら驚くに値しない。
 「いかれた(loopy)」という言葉を格調高い四文字熟語で表せば、「支離滅裂」となる。
 雪斎は、昨年11月上旬、政権発足後、50日程たった時点で、「『破局』へ歯車を進める鳩山外交」と題したコラムを書いた。そこで、雪斎は、「鳩山由紀夫内閣発足後50日余りの対米政策は、誠に支離滅裂なものであると評する他はない」と書いた。だから、雪斎は、「ようやくワシントン・ポストのコラムニストが、余輩に追いついてきたか…」と苦笑する。
 もっとも、鳩山が酷評されたところで、雪斎には、「自国の宰相」のことを弁護しなければならない理由はない。
 雪斎は、「正論」コラムでも井上成美の次の言葉に言及している。
 「アメリカがよくあれまで我慢したものだと思う。資金の凍結や油の禁輸などは窮余の策で、まだまだおとなしい方だ。日本のやり方は傍若無人と云うの外はない」。雪斎は、この井上と同じことを考えている。

 ところで、核安全保障サミットは、一回だけのイヴェントでは終わらない。
 次回開催地は、韓国に決まった。
 確かに、「核兵器のない世界」構想を実際に始動させようとすれば、その主戦場の一つは、「北朝鮮の核」を抱える朝鮮半島である。この種の会議を韓国が主催するのには、十分な大義が備わっているといえよう。
 だが、このサミットの韓国開催こそは、日本外交の一つの「敗北」である。日本が従来、「唯一の被爆国という立場によって「核」に関して特別なことを語りうるという自負は、まったく考慮されなかったわけである。
 もし、鳩山とオバマとの間に、往時の「ロン・ヤス関係」や「ブッシュ・コイズミ同盟」並みの信頼関係ができあがていたならば、この核安全保障サミットを自分の「利害」にそって次のようにフレーム・アップすることはできたはずである。
 ① 第二回会合は、日本が主宰する。
    ・ 広島、長崎の体験を経た日本には、おれを手がける十分な大義がある。
 ② サミット開催地を広島とする。広島こそ、「核」を考える「聖地」である。
    ・ オバマよ、ぜひ、広島に来たれ。
 ③ このサミットを常設の協議枠組にする。事務局は広島に置く。
   ・ 今後は毎年、広島に集まっていただきましょう。
 実際は、鳩山は、こうしたことを提起する「機会」を逸した。こうした「機会」を生かすどころか、普天間を口にせざるを得なかったことが、現在の日本の位置である。普天間に忙殺されて、もっと大きな「魚」を逃したことにjなる。
 要するに、普天間の「ちゃぶ台返し」の後始末で数ヶ月を空費したのである。「こんなものが食えるか。俺ならば、もっと旨い料理を作れるぜ」と言って台をひっくり返したものの、結局は、大した料理を作れずに、部屋中に散らばった食材を、ぐちゃぐちゃなままで盛り付けなおしている風情であろう。それこそ、「こんなものが食えるか」である。お陰で、新たな客が訪れても、まったく対応できない状態になっている。「核安全保障サミット」の顛末は、そうしたことを示しているのである。

 鳩山内閣支持率は、時事通信のもので、23パーセントである。
 往時の橋本内閣や安倍内閣も下回る水準である。
 来月には、10パーセント台に突入もありうるであろう。
 早速、「衆参同日選挙」という話が聞こえてきた。
 ぜひ。やってもらいたいと思う。
 鳩山内閣は、追い詰められて、今頃になってキャンプ・シュワブ沖の浅瀬を埋め立てる案を出してきている。これは、沖縄の負担が従来よりも大きくなる案ではないか。なぜ、このように、振幅の大きい案を出してくるのか。今のまま、誰が「ポスト鳩山」になろうとも、それは、鳩山内閣の「失政」に加担した責任を免れない。岡田にせよ菅にせよ前原にせよ、閣内にあって、鳩山の「失政」を諌めなかった責任は、問われよう。そうした状態で、まともな「ポスト鳩山」の政権運営が出来るのか。民主党政権は、主だった人物を余りにも多く閣内に入れ過ぎたのである。
 こういう循環を切るためには、民主党にも、出直してもらったほうがいい。

 本エントリーは、敬称略である。

|

« 衝撃の「復帰」? | Main | 政治における「鶏口牛後」の嘘 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

「船頭多くして船山に上る」でしたか。しかも筆頭が鳩山。あの程度で済んで良かったと10年たったら思い返せる状況である事を願いたいです。
 私見ですが鳩山由紀夫は日本近代政治史上最低最悪の宰相として歴史に名を残せる訳ですからねぇ。下手すると近代世界の国家元首ででも夢ではないでしょうし。ま、あの人にはちょうど良いでしょう。父と同じく日本政治史上に名を残せたんですから。不名誉なものでも。小沢一郎も最低最悪の首相を擁立した最低な実力者としてやっぱり名を残すのでしょうね。
 衆参同日選は是非やって戴きたいですね。自分が野党の時にこの支持率なら解散して民意を問えと言っていたんですからねぇ。
 沖縄にとっては気の毒ですが、現状では普天間基地使用継続を避ける事は難しいのでしょう。いっそ航空部隊運用をメガフロートでとかいった思い切った策がない限り無理でしょうし。
 ただ、メガフロートだと沖縄の台風対策どうするの? という問題がありますけど。

Posted by: almanos | April 17, 2010 at 12:30 PM

 なんとか新自由主義を復活させたい雪斎さんならではの発言ですが、広島開催など100%あり得ない話です。そんな事をすればアメリカの共和党側が黙ってはおりますまい。原爆投下やはやむおえなかったと主張するアメリカが中心の核兵器削減交渉が広島で開催される事など「アメリカは戦争犯罪国家」と主張するようなもので、それを親米派が主張するなど噴飯ものです。

第一もはや劣化ウラン弾など核の被害は長崎・広島にとどまらず、バルカン半島、イラク、核実験実験地域の住民など、自国を「聖地」と考えるやりかたがいつまで続くと思うのですか。左も右も短期的な利益しか考えられない点では同じですね。

>日本が従来、「唯一の被爆国という立場に
>よって「核」に関して特別なことを語りうる
>という自負は、まったく考慮されなかった
>わけである。

これから日本がやるべきなのは、唯一の被爆国という嘘をやめて、核の汚染は確実に拡大している事、人間が核と言うものを手に入れてしまった以上、これをなくす事は出来ない。だから悲劇を引き延ばすために出来るだけの手を打つという事であり、首が危ないオバマさんの援護射撃をすることではありません。

Posted by: ペルゼウス | April 17, 2010 at 06:53 PM

私も、核サミットの日本開催は素晴らしいと思いますが、広島開催はちょっと勇み足だろうと思います。
多くのアメリカ人は今も原爆投下を正当化しているわけですよ。ところが広島に米大統領が足を踏み入れるなら「アメリカよ謝罪せよ」の大合唱になること請け合い。現時点で大統領の広島行きはほぼ無理と考えた方がいいです。
それと同じ理屈で、広島のオリンピック開催も無理筋であったわけで。まぁ、こちらの話は自然消滅しそうですが。
次は韓国ですか。核のホットゾーンで良くやるもんだな、と思います。その次はイランを念頭に置いてトルコ開催でしょうかhappy01

Posted by: やすゆき | April 18, 2010 at 05:58 PM

内閣支持率に反応するというのは雪斎氏「らしく」ないような気もしますが…
良いか悪いかは別にして、よほどのことがない限り今後3年半は、鳩山民主政権が続くということを覚悟の上で我々は過ごす必要があると思います。

Posted by: 政治家は政治屋にあらず | April 18, 2010 at 11:45 PM

民主党政権はともかく鳩山政権の継続はありえないでしょう。

アメリカの反応に色んな意見はあるでしょうが、報道の限りでは、「トラストミー」以外にもオバマに書簡で一回、大使に面前で一回、現行案でいくと約束しているわけですから、ここまであからさまに同盟国に対して嘘をつく首相とは一体何なのか、そして日米の信頼関係というものをどうしてくれるのか。まあ今なら十分修復は可能ですが、まったくしなくていいことばかりしている印象です。

鳩山首相が主観的には対米自主を志向していることは間違いないようですが、このまま政権が倒れると間違いなく民主党でも必要以上にアメリカに媚びる政権が出てくるでしょう。慎重な指導者なら、そういうケースのことも考えるものですが、今の首相は何も考えていないようです。

Posted by: 茅野 | April 19, 2010 at 02:07 PM

今回のお題目は、
「哀れでイカレタ」宰相を戴く悲劇。

核安全保障サミット開催地・・・、はその象徴、
主題に非ず。


・・・「ほんとうにもう結構」、宰相も、政権も。
でも選んだのは国民。
「山河」あればいい?

Posted by: 素浪人 | April 20, 2010 at 12:21 AM

広島開催ではなくて、ソウルへの途中、広島へ立ち寄らせることをとりあえずは目指すべきでは?
駕をまげて客として礼を取る、主はそれ以上を求めず沈黙を守る、そのほうが日本的な世界へのプレッシャーのかけかたであり、同盟の健在を静かにアピールできるのではないか、と思います。
が、日本の騒々しいばかりで無益な左右にそういう技はないでしょうね。
スルーされたほうがベターかもしれません。

Posted by: KU | April 20, 2010 at 07:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/48105270

Listed below are links to weblogs that reference 「哀れでイカレタ」宰相を戴く悲劇:

« 衝撃の「復帰」? | Main | 政治における「鶏口牛後」の嘘 »