« 2009年回顧・下 | Main | 十数日ぶりのエントリー »

January 03, 2010

2045年へ…

■ 「近代日本の盛衰・四十年周期」説というのがある。
 幕末維新を起点にすれば、四十年後の1905年前後が一つの「山」となる。
 「坂の上の雲」に描かれた歳月である。
 それらか四十年後、1945年前後が、一つの「谷」である。
 それから四十年後、1985年前後が、また一つの「山」である。
 このパターンで考えると、今は、40年続く「下り坂」の最中であって、次の「谷」は、2025年前後だということになる。「失われた20年」どころか、苦境は、あと15年続くいう算段である。


 

 雪斎は、1965年生まれなので、前の「山」のときは20歳、次の「谷」のときは60歳である。
 これからの世の向き合い方を考える参考として、二つ前の「山」のときに20歳前後だった世代のことを考える。
 要するに、1880年代生まれの世代である、
 この世代は、東條英機、米内光政、松岡洋右、東郷茂徳といったように、終戦時に日本のトップにいた世代である。ある意味では、明治国家の隆盛とともに人格形成しつつつも、明治国家の建設に直接に関与しなかったという点では、明治国家の「栄光」に最も強く呪縛された世代であるかもしれない。それは、1960年代生まれの「バブル世代」が「経済大国・日本」の栄光を忘れられないのと同じことである。
 ただし、齢八十を超えて生きていれば、日本の「陽はまた昇る」歳月とともに人生の幕引きを行えたので、それは、それで幸福な世代であったとはいえるかもしれない。その代表は、石橋湛山である。
 逆に最も不運であったのは、1945年時点で二十、三十歳代だった世代である。1910-1920年代生まれの世代である。昭和初期以降の経済危機、それに続く戦争の被害を主に引き受けた。

 「あと15年も辛抱しなければならないのか…」とは、率直に思う。
 もっとも、盛田昭夫や本田宗一郎のように、戦後の「上り坂」局面を主導したのが、この「谷」のときに二十、三十歳代の世代だとするならば、次の「上り坂」局面も、丁度、今、中学生ぐらいより下の世代が主導するのであろう。こういう世代の活躍を、いかにして邪魔しないようにするかl。それが心しておくべきことであろう。

 …とここまで書いて
 この「40年周期」説とは別に、もうひとつ、大きな戦乱の百年後に「文化の爛熟期」が来るという話がある。
 日本の場合、「関が原」の百年後が元禄時代であった。唐代の「開元jの治」も唐の建国から百年である。ヨーロッパの「ベル・エポック」も18世紀末の革命と戦乱から百年後である。
 このパターンだと、日本では、2045年前後が、そういう「元禄」のや「ベル・エポック」」の再来になる。「昭和元禄」と呼ばれた1960年代後半も、維新から100年であったのである。
 とすれば、ここでも、2045年に社会の中核に位置する世代を、きちんと育てられるかは、かなり重要なことになる。
 今、幼児、小学生や中学生の子供を持つ親は、もしかしたら「近松、井原の親」になれる世代かもしれない。
 そうおもえば、気落ちする必要もあるまい。
 これから、十五年間、何とか日本の社会や経済の状態を持ちこたえさせることができれば、次は、「豊饒な文化
」時代が来る。

 2045年、雪斎は80歳である。
 誠に芳しき時間のの中で、人生の黄昏を迎えているはずである。
 かくありたいものである。

|

« 2009年回顧・下 | Main | 十数日ぶりのエントリー »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

私は2012年アセッション説をなんとなく信用してます。
もう物質文明的考え方は限界であり、過去の延長上の未来はありえなく、ここ数年で本当の変革が起こるように思っております。

Posted by: 笛吹働爺 | January 03, 2010 at 02:43 PM

お正月らしい非常にいい文でした。ありがとうございます。

昨年暮れに祖父母の世代のことを思いました。うちは代々晩婚で、祖父母は日露戦争、大東亜戦争を経験していました。
その間の大不況ももちろん体験していました。
食品をとても大切に扱っていました。
敗戦から65年、この間がむしろ例外的なんではないかなあ、と。

Posted by: とんぼ | January 03, 2010 at 11:45 PM

同様に、歴史は「80年」「400年」「1200年」で類似のパターンを描くという「循環説」を東洋思想が論じております。
易経とか。

80年前なら世界恐慌とか日本が中国に深くコミットし始めたとか、恐慌から立ち直れない国の右傾化が進んだとか
400年前なら徳川幕府の成立とか、欧州各国が東インド会社を設立したとか
1200年前ならイスラム文化圏の興隆とか
平安京遷都後の国風文化の成立・熟成の前段階であったとか・・・

「新大陸」が当分の間、人類社会の前に現れない以上、21世紀は、地中海文明的(プラス周辺の大陸諸国)世界になるやもしれませんね

Posted by: TOR | January 04, 2010 at 12:01 AM

こんにちわ
僕は近代70年サイクルを支持してます
明治維新から戦後1868ー1945年
戦後から第三次世界大戦?1945-202?年
歴史的に見て北朝鮮はやはり滅びると思いますね
どういう形かは不明ですが
文化的に成熟するのは2045年かもしれません

Posted by: KOY | January 07, 2010 at 12:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/47189662

Listed below are links to weblogs that reference 2045年へ…:

« 2009年回顧・下 | Main | 十数日ぶりのエントリー »