« 明日は「日米開戦の日」 | Main | 不忠の臣 »

December 11, 2009

江畑謙介さんを偲ぶ会

■ 一昨日、江畑謙介さんを偲ぶ趣旨の会合が開かれた。
 場所は、東京市ヶ谷・防衛省近くのホテルである。
 日本の「軍事・安保」サークルが一挙に集結という風情であった。
 スピーチをした人々は、大体、次のような具合である。
  中谷元、石破茂、小池百合子の歴代防衛大臣
  舛添要一前厚生労働大臣
  長島昭久防衛政務官
  山内昌之教授、森本敏教授、佐瀬昌盛教授
  佐々淳行元内閣安保室長
  柳沢秀夫 NHKキャスター
  ヨゼフ・ピタウ神父
 供花の列で、一番、目立つところに、北澤俊美防衛大臣の名前がある。ちょっと異色だったのが、「ロンドンブーツ1号2号 田村淳」という名前である。確か、大河ドラマに武将役で出ていたお笑い芸人だったはずである。「江畑さんは、お笑いの世界にも交友があったのか…」と思った。
 

 スピーチで印象に残った一言を書き留めてvみよう。
 石破茂元大臣   「安全保障の基本は、約束を守ることだ」。
 柳沢キャスター  「江畑さんは、分かることと分からないことを厳しく区別していた」。
 佐々元室長    「必ず若い世代が、江畑謙介の後を継ぐだろう」。
 ピタウ神父     「平和のために。それが江畑さんの想いだ」。

 会場に集まった人々の中には、江畑さんと同業、岡部いさく氏の姿を見かけた。
 会場に、NHKと読売新聞と慶応義塾の関係者が多かったように思う。実際、司会を務めたのは、NHKの畠山智之アナウンサーだった。イラク戦争当時、NHKの午後7時台の戦争報道は、畠山・江畑コンビで仕切られていた。あの風景も、もう見られない。
会場で色々な人々と話をした。
 ある著名「知米派」シンクタンク・リサーチャーW氏によると、今、日本には、世界の大物ジャーナリストが続々、集結しているのだそうである。何故かといえば、「日米関係は大丈夫か」が、話題となっているそうである。W氏曰く、「鳩山さんの頭の中までは読めなかった…」である。北澤防衛相・長島政務官のラインを見て、「まぁ、おかしなことになるまい…」と思ったのが、甘かった。そんな認識は、共通であった。
 防衛研究所のT研究官と話をした。
 慶応義塾のA,S,Kの三教授とも話した。
 NHKの藤澤秀俊・解説委員長とも話した。イラク戦争時には、ワシントンから動静を伝えていた。
 江畑さんは、本当に幅広い人脈を持っていた方であったと思う。

 江畑さんが一番、嬉しそうな表情を浮かべたことの一つは、夫人と結婚した時だったそうである。
 ふと、中臣鎌足の詠んだ歌を思い出した。
 「吾はもや安見児得たり皆人の得かてにすといふ安見児得たり」
 江畑さんは、こういうところでも、日本人の「美風」を体現した知識人だったように思う。

 江畑さんに影響を受けた人々は多いと思うので、「偲ぶ会」の雰囲気を紹介してみた。
 吹浦忠正・ユーラシア21研究所理事長のエントリーもご覧頂きたい。

|

« 明日は「日米開戦の日」 | Main | 不忠の臣 »

学者生活」カテゴリの記事

Comments

本当に惜しい方を亡くしました。
政治的な話はあまり口を挟まない方でしたが、今の普天間移設の話を見たらどうおっしゃるでしょうか。

Posted by: 通行人 | December 12, 2009 11:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 江畑謙介さんを偲ぶ会:

« 明日は「日米開戦の日」 | Main | 不忠の臣 »