« 江畑謙介さんを偲ぶ会 | Main | 「新」の政治 »

December 12, 2009

不忠の臣

■ これは怖い。「肌に粟を生じせしめる」とは、こういうことか。
□ 政治利用に懸念表明=陛下と中国副主席の会見設定-宮内庁長官
                        12月11日20時11分配信 時事通信
 来日する中国の習近平国家副主席と天皇陛下の会見が通常の手続きを踏まずに決まったことについて、宮内庁の羽毛田信吾長官は11日、「陛下の政治的利用につながるのではないかという懸念を持っているか」との質問に「大きく言えばそういうこと」と述べた。
 羽毛田長官は「こういったことは二度とあってほしくない」とも述べ、不快感を示した。
 羽毛田長官によると、会見要請の打診が宮内庁にあったのは先月26日。陛下と外国要人との会見は1カ月前までに申請する慣行に反していたため、同庁は翌日、外務省に断る意向を伝えた。
 しかし、平野博文官房長官から今月7日、羽毛田長官に「日中関係の重要性にかんがみてぜひお願いする」と電話があった。
 羽毛田長官は「陛下をお守りするためにつくられたルール」と拒んだが、10日にも「総理の指示を受けての要請」と電話があり、了承したという。  .


 現内閣は、自分の政治上の都合のためならば、皇室に関わるルールを曲げることにも抵抗を感じていないらしい。「政治利用ではない」という説明は、どうみてもおかしい。今回の件は、二重の意味で「異様」でえある。
 ① 会見相手である習近平は国家元首ではない。たとえ、副主席であっても、「次期国家主席」として確定しているわけではない。もし、習近平の「権力掌握」が終わっていないのであれば、このたびの会見は、皇室を習近平に肩入れさせる効果を効果を持つことになる。思いっきり、皇室を「中南海の政治」の渦の中に巻き込むような選択である。大体、米国大統領選挙の最中に、陛下がオバマとマッケインのどちらかにしかお会いにならないということになれば、どういうことになるか。簡単に想像できる話である。
 ② 「一ヵ月前告知」ルールを破って、「中国に対しては特別な便宜をl図る」という論理に皇室を巻き込んだ。優先順位を付けるというのが、政治の論理なのであれば、「中国への特別待遇」それ自体が、その論理の事例である。
 来年あたり、「とんでもない」天変地異が起こるのではないか。オカルト的なことは言いたくないけれども、こんなことがまかり通るのでは、「天罰」が下っても、おかしくあるまい。「わしゃ、知らねえよ…」と云いたくなる。

 こういう記事も伝わっている。
 □ 皇室の基本線壊しかねぬ中国副主席との会見
 天皇陛下が外国賓客に会われる会見などの面会は、国の大小や政治的な課題の有無にかかわらず、大統領や首相、国会議長など一定の要人で、あらかじめ申請があれば、分け隔てなく設定されている。
 「平等主義」とも言われる皇室の基本姿勢だが、1995年、増え続ける状況に1か月前までに申請というルールが設けられ、陛下の手術後の2004年以降、負担軽減のためにも厳格に守られてきた。
 その回数は年に約140回。大国だから、政治的に重要だからと日程を入れるのでは平等が崩れるし、賓客が次々に来日する時代の中で、過密日程をこなされる75歳の陛下に新たな負担を強いることにもなる。
 今回、鳩山首相は「日中関係は重要」と習国家副主席との面会を求め、岡田外相も「お客様と会われるのが政治利用とは思わない」と言うが、羽毛田長官は「ルールを決め、平等になさってきた陛下の基本線と抵触するおそれがある。政治利用にもなりかねない」と異例の懸念を表明した。
 平等主義を日本の姿勢と見てきた諸外国にはどう映るだろう。政治の立場を理解しないではないが、官邸の注文は皇室の基本線を壊しかねず、やはり疑問だ。(編集委員 井上茂男)
(2009年12月12日01時03分 読売新聞)

 現内閣にいるのは、「不忠の臣」か。

|

« 江畑謙介さんを偲ぶ会 | Main | 「新」の政治 »

Comments

僕は天皇陛下の政治利用も然ることながら、普天間移設の問題が本格的に不味い気がしてきました。年内解決は無理とか、グアム移設の検討、ルース大使への極秘書簡(っていうか極秘書簡が数日で漏れるって…)なんかの五枚、六枚舌外交を見ると日米合意どころか、日米同盟を破棄したいんじゃないかとさえ思えてきますよね。日米同盟の根幹である安全保障を何だと思ってるのかと。更には防衛予算削減の方針だからもう何がなんだか…
最初は鳩山さんも馬鹿な事言ってるよと思ってましたが、そろそろ笑えるレベルじゃないなという感じが…
ルース大使だけでなくオバマ大統領がそろそろ本気で怒るのも時間の問題というか、怒って良いレベルですね。
鳩山政権は外交・安全保障で失態をやらかすとは思ってましたが、まさかここまでとは。
また、短命政権になるのかな。でも、支持率だけは6~7割で高いんですよね。何でだろ…?

Posted by: アップル | December 12, 2009 07:11 AM

支持率自体が嘘なんじゃないですか?
元々日本の新聞やTV局のアンケートや統計って怪しいですし。母体数の条件やら対象やら示さないしいつどこでどうやってやったか示さないし、特に毎日と朝日はある程度の費用が必要なはずの内閣支持率の統計発表の回数が多すぎです。両方赤字なのに。
というか鳩山の目的は中韓以外の国との外交破綻でしょう。実際産油国との外交も破壊してますし。

Posted by: 豊月 | December 13, 2009 03:34 AM

「不忠の臣」といえば、羽毛田信吾氏こそ宮内庁長官の職を辞すべきではないかと思いますぞ。

数年ほど前にも、羽毛田氏の皇太子一家への問題発言により、今上天皇の心労は察するに忍び無いものがあります。

陛下の体調云々をいうのであれば、20周年祝賀行事における配慮などももうちょっと工夫しなければならないはずで、その辺り、「職務」を全く出来ていないのではないかと思います。

Posted by: 政治家は政治屋にあらず | December 15, 2009 10:44 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不忠の臣:

« 江畑謙介さんを偲ぶ会 | Main | 「新」の政治 »