« 「二枚舌」の遊戯 | Main | 明日は「日米開戦の日」 »

December 05, 2009

「バブル」は楽しい…はずである。

■ 最近、政治ネタのことばかりを考えていたら、自らの「精神」が劣化していることに気付いた。
 「愚鈍の統治」を相手にしていたら、その「愚鈍」ぶりが、こちらにまで伝染してきたようである。
 これは、かの「新型インフルエンザ」よりも、始末に負えないものであるようである。

 とはいえ、今月中に原稿を五本分、片づけなければらない。
 また、「憂いの表情」を浮かべながら、原稿を書くのである。
 仕事とはいえ、やだな…と思う。
 
 先週、政府が「デフレ宣言」をした。

 昨日、有楽町の家電量販店に行ったら、スタッフから、「先日、お買い上げいただいた品は、いかがでしょうか」と声をかけられる。「御蔭さまで、佳いものを頂きました。気に入りました」と応えた。
 何を買ったのか。
 ヘッドフォン・アンプ、「LUXMAN P-1u」という品である。
 「諭吉先生が18人分」という値段であった。ヘッドフォン・アンプという範疇では、これ以上、高額なものはないようである。雪斎が普段、使っている「SENHEISER HD-650」というヘッドフォンに組み合わせると、かなりのリスニグ環境が出来上がったことになる。もっとも、今夏、「SENHEISER HD-800」というのが出たので、最上位の環境には届かない。

 ただし、この程度の消費では、「デフレ退治」には、全然、貢献したことにはなるまい。人間の精神衛生上、「バブル」の方が間違いなく、楽しいような気がする。先週、手を出した某電機株が一週間で50%上昇したので、一昨日の時点で有り難く利益確定しておいた。、リーマン・ショックよりもドバイ・ショックに恐れを為した現内閣というのは、富士川で水鳥の羽音を聞いて遁走した平家と同じ類であろうけれども、現在の日本の産業構造上、「円安」よりも「円高」の害の方が大きいと認識されたのは、よかったと思われる。午前2時現在、一気に1ドル90円近辺になっている。雪斎の計算が正しければ、日経225は、少なくともクリスマス直前までは上昇基調だと思うのだが、どうであろうか。現内閣のスタート・ポイントは、日経225で11500円前後である。果たして、ちゃんと戻せるのか。

 ところで、 こうしたハイ・エンドの機器で、ブルックナーの交響曲を聴くのは、「至福の時間」ではある。土曜、日曜の休日である。
 下の一枚は、結構、気に入っている。 
 ● ブルックナー:交響曲第4番『ロマンティック』
   ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン(指揮)
   オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団

|

« 「二枚舌」の遊戯 | Main | 明日は「日米開戦の日」 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

久方ぶりに書込みします。
で、(部分的に)バブルと統制経済のモザイクで
あるところのカノ国関係の記事ですが
ナカナカ笑えましたので、先生の感想を
聞きたいなと思いまして。

http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-349.html

http://ansan01.blog121.fc2.com/blog-entry-350.html

Posted by: TOR | December 10, 2009 at 08:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/46938290

Listed below are links to weblogs that reference 「バブル」は楽しい…はずである。:

« 「二枚舌」の遊戯 | Main | 明日は「日米開戦の日」 »