« 政権交代の朝 | Main | 政策における「具体性」の罠 »

September 18, 2009

鳩山「闇鍋」内閣始動

■ 鳩山由紀夫内閣の陣容を見て、どのように形容しようかと考えた。

 雪斎は命名しよう。

 鳩山由紀夫「闇鍋」内閣

 …である。

 「闇鍋」である。
 それは、「実際に、どんな具を食わされたかは、それを食してみて初めて気付く」というものである。
 民主党は、当初、「松阪牛も、鹿児島黒豚も、花咲蟹も入っています」と触れ込んで人々を集めたのだが、本当に高級食材ばかりが入っているのかは、定かではない。もしかした、後で「素性」を」聞いたら気持ちが悪くなるような「とんでもないもの」が混じっているかもしれない。この期待と不安を表現するのに、「闇鍋」は、いい言葉であろう…と自賛してみる。
 確かに、「期待値」は高い。
 □ .<鳩山内閣>支持率77% 小泉内閣に次ぎ歴代2位
             9月17日20時20分配信 毎日新聞
 毎日新聞は16、17日、鳩山内閣の発足を受け緊急の全国世論調査を実施した。内閣支持率は77%に上り、発足後最初の調査では小泉内閣の85%(01年4月)に次ぎ歴代2位の高水準となった。非自民勢力が結集して誕生した細川内閣発足時(93年8月)の75%も上回った。政党支持率でも民主党が過去最高の45%(衆院選投票前の8月26、27日に実施した前回調査比6ポイント増)となり、逆に自民党は過去最低の12%(同8ポイント減)まで落ち込んだ。 以下、略。
 
 しかしながら、鳩山内閣は、「危険水準」からの出発である。ここからは、下落することはあっても上昇することない。今後の注目点は、「下落しても、どの辺りで踏みとどまって安定するか」ということである。多分、小泉内閣時の事例を参考にすれば、40%を割り込まなければ、短命政権に終わらずに済むであろう。
 「闇鍋」…。
 もしかしたら、「比内鶏を用意するつもりでしたが、予算の関係上、ブロイラーになりました」という落ちが付くかもしれない。
 やはり、「闇鍋」である。
 「未知との遭遇」内閣よりも、こちらのほうが情趣に満ちているのではないか。

|

« 政権交代の朝 | Main | 政策における「具体性」の罠 »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

素晴らしいネーミングだと思います。

私も今回、民主党に投票しましたが、それは二大政党制を目指してのもので、
必ずしも民主に期待してのものではありませんでした。
むしろ、民主が危うげなことをしないだろうかと心配し、
その不利益も民主主義のコストと割り切っての投票でしたが、
いざ政権が発足し色々な話が出てくると心臓に悪い悪い...

鍋の中身がせいぜいゲタやワラジ程度で済んでくれればいいのですが。

Posted by: 鳳天 | September 18, 2009 at 03:17 AM

■鳩山内閣が本格始動-日本の政界の長期にわたる大変革が始まった!!
こんにちは。鳩山内閣が本格稼動を始めました。私は、先回の小泉自民党の大勝利のあたり、もしくは、その少し前から日本の政治風土の大改革が始まっているものと考えています。現在世界広しといえど、「政府による社会的」救済を無邪気に信じているのは、日本だけになりました。これは、かつてソビエト連邦や、それに脅威を感じて自由主義陣営の国々が導入した福祉国家のスローガンでもありました。しかし、ご存知のようにソ連も福祉国家も結局は、財政負担が増すばかりで成就せず破綻してしまいました。日本でも、やがて、「政府による社会的救済」は幻想であることが明らかになると思います。そうなると、今の民主党政権も安泰ではなくなると思います。かといって、自民党にそのまま返り咲くということも考えられません。鳩山内閣の誕生は、後世の歴史家は鳩山内閣の誕生を「日本の政治風土の大変革のはじまりで、分水嶺を超えた時期であった」と記すことになるでしょう。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

Posted by: yutakarlson | September 18, 2009 at 10:16 AM

5年以上、拝読させていただいております。今回初めて投稿します。『闇鍋内閣』言いえて妙、おもわずキーをたたいてしまいました。健康に留意され、ご活躍を楽しみにしております。

Posted by: ラスタマン | September 18, 2009 at 11:10 AM

闇鍋ですか、なるほど、いいネーミングですね
鍋の中身が明らかになるのはこれからですね
高級食材が入っていることを願います(笑)

Posted by: ぱる | September 18, 2009 at 10:27 PM

さすが雪斎どの、絶妙な命名ですね。

僕は民主党のマニフェストは「撒き餌」であり、その後からは増税という巨大な擬餌針が見え隠れしてると思ったのですが、「闇鍋」の方が的確なたとえです。

闇鍋といえど、最初から「爆弾」(亀井静香)も入ってます・・・・。

Posted by: 笛吹働爺 | September 19, 2009 at 01:43 AM

「闇鍋内閣」かな~り当たってる感じです

私はずばり「逆パンドラ」内閣と思いました

理由は、一見、パンドラの箱を開けたようにも見えますが、本物のパンドラの箱と逆に、国民や民主党は今、希望に満ちてますが、最後には失望や多くの間違いが残り希望は残っていないという意味です

まあ、そうならなければいいのですが・・・

Posted by: ウォッチャー | September 19, 2009 at 02:51 AM

「闇鍋」内閣。政権の構成メンバーと政策の実現性の両方を暗示させるうまいネーミングですね。

「多分、いろんな試行錯誤の中で、失敗することもあろうかと思います。是非国民の皆さんにも、ご寛容を願いたいと思っております。」(鳩山首相初会見より)

大丈夫なのでしょうか。正直不安です。

Posted by: 九十九里 | September 19, 2009 at 09:47 PM

新自由主義に反すると見るや「闇鍋」とは、保守のイデオロギー偏重を非難した雪斎さんの発言としておかしいのではないですか。今度は新自由主義者の人たちこそ「現実的に」なるべきでしょう。
「中国の属国になるのか」と脅しているおつもりでしょうが、すでにアメリカには中国と戦う力などありません。軍事協力などとおっしゃいますが、アフガン戦争ひとつ取っても、とうに欧米の国民が血を流す事に音をあげている。いまさら協力も同盟もありません。

雪斎さんは現実主義者なのでしょ?

もうアメリカは血を流せない国なのであり、他の国も日本のために血を流したりなどしない。ならば「今もこれからも日本の隣国である国の臣下になることもやむなし」と言うべきでしょう。自民党はいまや右の社会党どころか、新自由主義党として笑い物になってゆくでしょう。

独立自尊や自己責任など絵にかいた餅どころか、風評の流布のレベル。雇用の不安定化でかえって経営が不安定化させた事の責任もとれない新自由主義の人たちが自己責任など「どのくちがそれをいう」と言いたい。

世界の闇鍋化が進行中なのですから、闇鍋内閣、大いによしとしなければならないでしょう(笑)。

Posted by: ペルゼウス | September 21, 2009 at 11:38 AM

2年以上拝読させていただいております。闇鍋内閣。確かに入れた覚えのない政党の方々がなぜか閣内に大きな顔して入っていたりして言い得て妙です。食べられるものが中に入っているのなら良いのですが(味はまったく期待できないから食べて腹を下さないという意味で)、去年騒ぎになった農薬入り冷凍餃子が入っているような気がして不安です。
 もしかしたらご存知かもしれませんが朝松健先生のナチス・ホラーもので「邪神帝国」という本にこういう台詞が出てきます
「ナチズムとコミュニズムの違いは趣味の問題だ」(作中ではヒムラーを通じてスターリンの台詞として主人公が聞かされます。独ソ不可侵条約締結のリーク情報のなかで)
 闇鍋の中に趣味が違うだけの同類が複数入っていないことを願うばかりです。一つも入っていないなら良いのですが一つは既に入っている気がしますので。

Posted by: almanos | September 21, 2009 at 11:52 AM

河野太郎総裁候補の弁舌について、雪斎さまはどう思われますか?
http://www.youtube.com/watch?v=2xpD65P7kTE

①多くの党員が思っているが口に出来ないことを、怖いもの知らずに、あるいはそれだけの危機感を持って発言している。壊滅寸前の自民党には、これ程の熱いマグマがないと、政権交代は不可逆のものになってしまうだろう。長老・派閥支配の膿を出し切ってこそ、党再生の道は開ける。そのための手術では、当然、大量出血(離党者)は避けられないが、膿を出し切らないことには、全快しえない。

②物事の進展には、中庸が大切だ。過激な言動には、多くの人々が眉を顰めている。総裁選敗北となったら、いずれ彼自身が離党して、みんなの党に加わるのではないか。自民党内部崩壊の始まりだ。著しく礼節を欠いた彼は、保守政党のリーダー足り得ない。

党員である私は、河野候補に票を投じるつもりですが、その前に雪斎さまのお考えを伺いたいと存じます。

Posted by: マラソンマン | September 23, 2009 at 11:54 PM

このHPも野党っぽくなってきましたね!
福島みずほばりの命名センス!

社民党みたいなHPになれますよ!

Posted by: gaku | September 24, 2009 at 09:42 PM

既に亀井という毒が入ってますから、食わなくても分かるでしょ。
解毒剤が入ってるかどうか以外、問題にならんのでは

Posted by: 滑稽本 | September 25, 2009 at 04:53 PM

狭量ですねぇ、、、、、。
一回でいいからコメント反映されないかな!

Posted by: gaku | September 25, 2009 at 10:45 PM

「闇鍋」内閣とはなかなか面白いネーミングですね。
ちなみに僕のネーミングは「民政党2.0」です。
あの時代が繰り返されるんじゃないかと、本気で心配している今日この頃です。

Posted by: Baatarsm | September 26, 2009 at 02:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/46240117

Listed below are links to weblogs that reference 鳩山「闇鍋」内閣始動:

« 政権交代の朝 | Main | 政策における「具体性」の罠 »