« 佳人薄命 | Main | 夏をあきらめて »

August 10, 2009

「また逢う日まで」

■ 60年前に制作された『また逢う日まで 』という映画がある。ロマン・ロランの『ピエールとリュース』を翻案した作品である。主演した岡田英次さんと久我美子さんのガラス越しのキス・シーンが、まことに印象的な作品である。それは、日本映画史において最高の名シーンとされているけれども、むべなるかなである。
 久我美子さんは、旧侯爵家の令嬢である。こういう正真正銘の令嬢が、「河原乞食」の世界に入ったことにこそ、戦後という時代の特色がある。芸能界が「河原乞食」の業とみなされなくなるまで、久我さん以降の世代の努力があったと思うけれども、そうしたことを忘れた輩が最近、多くないであろうか。米国のように、「俳優組合」というものでも作って、そこのメンバーでなければ芸能活動が出来ないようにしたら、どうであろうか。薬物などの触法行為を犯せば、即、メンバー・ライセンス剥奪と相成る。「無頼は芸の肥やし」などと甘やかすわけにもいくまい。
 たかが芸能ネタと切り捨てるのも簡単だが、彼らの仕事は、日本の「ソフト・パワー」の一端を成している。「のりぴー」逮捕が東亜細亜諸国に驚きを以って受け止められたのは、日本の「声望」には確かにダメージを与えた。そういう視点で、此度の騒動をながめる必要があるのではないか。
 さて、『また逢う日まで』は、「自由」、「平和」を終生、考究したロマン・ロランの作品の翻案だけあって、「反戦」のメッセージがストレートに伝わってくる作品である。雪斎は、中学生くらいの頃、これを初めて観た。漫画『はだしのゲン』は、おぞましい印象しか持たなかったが、この映画には、「戦争は理不尽だ」という思いがした。

  

 「反戦」のメッセージを伝えた映画といえば、『ひまわり』や『禁じられた遊び』も、そうなのであろう。高校三年頃や浪人生時代を境に、雪斎は、急速に「現実主義」に傾斜したけれども、それ以前は戦後平和主義に近接した認識を持っていたのである。だから、高校時代は、雑誌『世界』や岩波新書を必死に読んでいたのである。
 ところで、戦争は、誰が始めるのか。次のような記述がある。
 「従って、アメリカと戦ふ場合の吾人は、あくまで不撓不屈でなくてはならぬ。…吾人は最後の勝利を目指して戦つてゐるのだ。その最後の勝利はこちらにあるのだといふ強い信念を有ち、三年や五年は愚か、若し必要とあらば、十年は十五年でも、戦つて、戦つて、戦ひ抜くぞといふ意気込みをもつて、最後の一瞬間まで戦はなければならぬ」。
 これは、文藝評論家・池崎忠孝が昭和16年2月に刊行した『日米戦はば』という書の一節である。池崎は、この書を「従って、吾人は敢ていふ。―吾人は必ず克つ! 石にかじりついても必ずや克つ!」という記述で締めくくっている。雪斎は、文藝評論畑の人士の政治・外交評論には、一部の例外を除けば不信の眼差しを向けているけれども、今でも、この池崎に類する評論を披露する御仁は、いるのではないか。池崎は、夏目漱石の門下であったけれども、本来の文芸評論の世界では三流の人物でしかなかった。しかし、池崎は、折からの対米関係の悪化という「空気」に乗じた原稿を書き、反響を呼んでいた。それにしても、米国を相手に、「三年や五年は愚か、若し必要とあらば、十年は十五年でも、戦つて、戦つて、戦ひ抜く」というのは、彼我の国力の差を考えれば、正気の沙汰ではない。だが、戦前の日本では、こういう言論が影響力を持ったのである。戦争は、こういう言論を弄する人々が、その開始に加担するのである。池崎は、滞米経験があったわけでもなく、米国政治に関する特別な知見を有していたわけでもなかった。「空気」と「希望的観測」と「野郎自大」の言論が、国を誤らせたのである。
 ところで、「希望的観測」と「野郎自大」といえば、これも怖い。
 □ 民主党 アフガン政策 基本方針 「インド洋給油に代わり、民間人を中心としたインフラ復興支援」 「アフガン軍・警察増強の人的、財政支援」など
 民主党は9日、衆院選での政権交代を前提にした対米外交の基本方針を固めた。インド洋で給油活動に当たる海上自衛隊を来年1月で撤退させる代わりに、 アフガニスタン本土での民生、復興支援を強化。陸自派遣は見送り、 治安が比較的安定している地域への政府職員や民間人を中心とした 人的貢献の拡充を検討する。新首相就任を想定する鳩山由紀夫代表が 9月の国連総会出席のための訪米時にオバマ大統領と会談し理解を求める。
 前原誠司副代表も9日のテレビ朝日の番組で、 「(米主導の)『不朽の自由作戦』(OEF)は泥沼化している。復興、民生支援に軸足を移す時に来ている」とした。
 民主党は、アフガン安定化に向けて、道路、水道などのインフラ整備や、 治安回復のためのアフガン国軍・警察の増強に対する人的、財政支援を検討。 11月に予定されるオバマ大統領の来日時までに、給油活動の代替策としての支援メニューを詰める方針だ。
 鳩山氏は7月末に、給油活動は「延長しない立場だ」として、新テロ対策特別措置法の来年1月の期限切れに伴う撤退方針を明言している。(共同)
 
 アフガニスタンに送り込まれる民間人や政府職員の安全は、どのように考慮されるのか。現在のアフガニスタンは、タリバンの勢力復活により、危険度も高くなっている、他国の軍隊の厄介になろうというのか。それとも、日本人民間人・政府職員だけは、危険には巻き込まれないというのであろうか。戦前の日本を破滅させた対外関係における「希望的観測」の芽が、そこにある。

|

« 佳人薄命 | Main | 夏をあきらめて »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

野郎ではなく夜郎ですね。
滇王與漢使者言曰:「漢孰與我大?」及夜郎侯亦然。以道不通故,各自以為一州主,不知漢廣大。

 「不朽の自由作戦」が泥沼なのも、復興民生支援が望まれるのも事実は事実でしょう。
 問題は比較的安全で存在意義がある今のポジションを捨てて、遙かに危険で実効性に疑問のある「貢献」を行うことが「日本の得」になるか、ということなんですけどね。

以政権不通故,各自以為一党首,不知国際政治複雑。

Posted by: アルゴン金 | August 10, 2009 at 09:29 AM

雪斎さんはアメリカ映画をどれくらいみているかしりませんが、アメリカなど、まさに「無頼は芸のこやし」の国で、ショーン・ペンやロバート・ダウニー・ジュニアの暴力事件や麻薬での度重なる逮捕など、社会奉仕などでの贖罪の機会があるとはいえ、日本よりはるかに河原乞食の世界に近いではありませんか。俳優の演技でも事務所の方針で裸は駄目だとかイメージとかを重視する日本と大違いで、良識派が怒りだす芝居でも平気でこなしている。それと日本のソフト・パワーで力があるのはアダルトビデオで、ダメージも何もあるはすがありません。雪斎さんもそういう意味では保守派なのですね(笑)。むしろ日本も河原乞食に戻すべきであり、酒井さんも適当な時機を見て復帰させ、このダーティなイメージを利用した映画などに主演させる事で、勧善懲悪の映画しかみられない国が大半のアジア諸国に衝撃を与えるべきでしょう。

Posted by: ペルゼウス | August 13, 2009 at 09:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/45884329

Listed below are links to weblogs that reference 「また逢う日まで」:

« 佳人薄命 | Main | 夏をあきらめて »