« 民主党政権は、「米国債」を買わない…。 | Main | 鳩山・民主党のもう一つの「アキレス腱」 »

May 16, 2009

小野塚喜平次のこと

■ 小野塚喜平次著『政治学大綱』を古書店より入手、読了した。
 彼は、日本における近代政治学の祖と呼ばれる。彼は、吉野作造、南原繁、蝋山政道といった政治学者の師であり、昭和初期に東京帝国大学総長を務めた。彼は、広い意味では、現在の日本の政治学者の「源流」に位置する。だから、雪斎にとっても、「師の師の師」には当たる人物である。彼は、明治三年、「北越戦争」直後の越後・長岡の出身である。山本五十六らと並んで、当地では米百俵」「の精神が生んだ偉才として語られる。
 『政治学大綱』は、小野塚が日露戦争直前、明治三十六年に刊行した日本における最初の政治学の体系書である。故に旧漢字、片仮名混じり、読点も句点もないという書である。


 小野塚が活躍した明治末から昭和初期の時代、人々の「雇用」と「労働」に絡む問題は、かなり切実なものであった。
 『政治学大綱』には、こうした「雇用」と「労働」に絡む課題を前にして、社会主義の手法が何ら役に立たないことが、指摘されている。小野塚は、社会主義が斥けられるべき所以を次のように記している。
 「蓋シ現在社会ノ暗黒面ヲ人類発達ノ程度二帰セズシテ自由競争二帰スレバナリ。是実ニ競争ガ進歩ノ動機タルヲ忘レ自由ガ人生ノ渇仰タルヲ忘レ、徒ラニ国家万能ノ旧套ヲ襲フモノナリ」。
 小野塚は、社会主義が結局は「国家ノ万能」の信念を反映するものでしかないと論じたのである。確かに、共産主義・社会主義国家の実態は、「官僚統制」国家なのである。
 それ故にこそ、小野塚は、「雇用」や「労働」に絡む課題に相対する際に次のような「原則」を提示した。曰く、「現今ノ立憲制私有経済制及ビ自由競争ハ大体ニ於テ是ヲ維持スルコト」、「競争ノ形式ヲ整理シ平等ナル競争ヲ容易ナラシムルコト」、「競争ニ於ケル偶然ノ要素ヲ減少スルコト」、「正当競争ノ結果トシテ生ズル社会分科ニ干渉セザルコト」である。もっとも、小野塚は、自由競争の意義を説く一方で、「但シ競争ノ正当ナル敗北者ノ運命ヲシテ相当ノ最下限ヲ超エザラシムルコト」と記し.ている。ただし、小野塚は、中央政府の役割を誠に抑制的に把握していた。小野塚は、「国家ノ干渉ハ止ムヲ得ザル場合ニ限ルコト」と書き、労働者に対する救済事業についても、「中央政府ハ単ニ監督及ビ補助ヲ為スニ止マリ直接経営ハ成ル可ク之ヲ避ケ真二例外ノ場合二限ルコト」と記している。
 これは、米国における共和党系の発想に近いであろう。もしかしたら、今は誠に評判の悪い「新自由主義」路線
にも相通じる発想である。
 雪斎は、日本最初の政治学者の認識を前にするとき、こうした「新自由主義」路線の発想が、ただ単に「米国直輸入」の代物ではなく、明治以来の流れの上にあるのものであると実感する。日本の先達が唱えていたようなことを「米国のコピー」と批判するのは、どういうことであろうか。そういえば、米国の「金融資本主義」批判の文脈で非難されている「デリバティブ取引」というのも、大阪・堂島の米取引に原点があるのである。「他人を批判して物事を語った気になってはならない」ということも、判る話である。
 

|

« 民主党政権は、「米国債」を買わない…。 | Main | 鳩山・民主党のもう一つの「アキレス腱」 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

そういう考え方の果てにシベリア出兵や、日中戦争、太平洋戦争が起きたのであり、小野塚氏のような考えこそ日本を誤った方向に進めたというのが本当の所ではないでしょうか。大阪堂島の米相場がどれだけ暴走し、飢饉や社会の動乱に「貢献」したかをご存じないわけではありますまい。

まず社会主義の考え方自体、日本の知識人は間違っている。社会主義も資本主義の思想の補填的なものに過ぎず、もともとは欧米社会において神の元における人間の平等とは何かと言うことから起きてくるのであり、両者が競い合いながら社会を正して行くというもので、そんなものまともに彼らの書いているものを読めば分かる事です。マルクス自身、社会主義は資本主義の後に来るものだと言うとおり、彼がいくら資本家を罵っていたにせよ、それは欧米の覇権を否定するものであるはずがないのです。

物事は適度が一番です。

民は決して官をしのぐものではない。警察を民営化などすれば、「自警団」になって行き、暴力が社会に蔓延してゆくようになるでしょう。官の融通のなさはそれ自体決して否定すべきものではないのです。即断即決は社会の軽薄さを促進し、重大な結果を引き起こす事になりかねない。戦前の日本が、そして今がまさにそうでしょう。

新自由主義は否定すべきではないでしょうが、正解なのではないのです。

Posted by: ペルゼウス | May 16, 2009 at 08:31 AM

雪斎さん、お疲れ様です。

小野塚喜平次ですか。南原繁の書いたものを読んだ記憶があります。また、図書館で探して読みたいと思います。

Posted by: forrestal | May 17, 2009 at 12:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/45024800

Listed below are links to weblogs that reference 小野塚喜平次のこと:

« 民主党政権は、「米国債」を買わない…。 | Main | 鳩山・民主党のもう一つの「アキレス腱」 »