« February 2009 | Main | April 2009 »

March 28, 2009

新しい「仕事」

■ 来週月曜日より実質、新年度入りである。
 雪斎も、新年度入り以降は、「新しい仕事」を色々と手掛けなければならない。
 とりあえず、始まったのが、次の仕事である。
 ● 『週刊自由民主』 長期連載「よくわかる保守主義入門」
 要するに、自由民主党所属議員、秘書、党職員が主な読者であるメディアで「保守主義とは何か」や「保守政治とは何か」を解説するのである。大体、五十回から六十回ぐらいの連載になる。完結すれば、新書一冊分ぐらいにはなるであろう。
 最近の論壇では、雪斎は、五百旗頭真先生や北岡伸一先生と同様、「サヨク」よばわりされているようであるけれども、その「サヨク」が日本随一の保守主義政党の機関紙で「保守主義」解説を手掛けるとは、どういうことであろうか。所詮は、雪斎に対する「サヨク」評も、根拠薄弱であることの証明である。
 因みに、雪斎は、ハロルド・J・ラスキという政治学者を尊敬している。ラスキは、1930年代の英国で労働党に深く関わった政治学者である。雪斎とは、思想傾向は真逆であろうけれども、その政治に肉薄する姿勢には大いに学び取るべきものがあると思っている。
 先刻、訃報に接した永井陽之助先生の著書『平和の代償』には、次のような一節がある。
 「政治権力への抵抗のポーズ自身が何かに対する一つのサービスなのだ、という現代の逆説に厳しい自覚を欠いた言論は、いつかまた、世論や民衆の変化に応じて、たちどころに総転向が始まるだろう」.。
 「政治権力への抵抗のポーズ自身が何かに対する一つのサービスなのだ」という言葉がある限り、雪斎は、御用学者という批判にも平然としていられる。 永井先生は、そうした批判それ自体が、「何かに対する一つのサービス」に過ぎないことを教えているからである。
 下掲は、その新連載の第一回目の原稿である。

Continue reading "新しい「仕事」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2009

小沢一郎の「ルビコン渡河」

■ 「ここを渡れば人間世界の悲惨、渡らなければわが破滅。進もう!、神々の待つところへ、われわれを侮辱した敵の待つところへ、賽は投げられた」。

Continue reading "小沢一郎の「ルビコン渡河」"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 19, 2009

「心の師」の逝去

■ 「戦後の日本国民は、自らの力の限界を知り、その資源や手段に見あったレベルに、日本の対外政策の目標水準をおくこと、つまり低姿勢外交に徹してきた。
 これはすばらしいことといわねばならない。タックマン女史も、最近、急速につよまってきた日本のナショナリズムの動きを憂慮しながらも、戦後日本国民の偉大な英知を高く評価している。それは、敗戦という自己の体験のみならず、多くの他者の経験からも学んだ日本国民の政治的英知である。愚行の葬列への最大の歯止めこそ、この英知にほかならない」。
   ―永井陽之助 『現代と戦略』(文藝春秋、.1985年)―

Continue reading "「心の師」の逝去"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 13, 2009

歴史書の愉しみ

■ 三冊の書について書く。
 ① 塩野七生 『ローマ亡き後の地中海世界』 ② シセリー・ヴェロニカ・ウェッジウッド、『ドイツ三十年戦争』 もうひとつ、上記二書に関連して興味深いのが、下の書である。
 ③ Barbara Wertheim Tuchman, "A Distant Mirror:The Calamitous 14th Century”,. (1978)  上記三書の共通項は、「女流作家・歴史家の描いたヨーロッパ中世・近代黎明期の諸相」ということになるのであろう。

Continue reading "歴史書の愉しみ"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 12, 2009

「済州島を買え」という小沢一郎の発言

■ どういう算段の下での発言であろうか。
 □ 「済州島を買っちまえ」?=民主・小沢氏発言、前連合会長が明かす
                     3月11日21時45分配信 時事通信
 「済州島を買っちまえ」。前連合会長の笹森清氏は11日夜、都内で開かれた会合であいさつし、かつて民主党の小沢一郎代表と会った際、小沢氏からこんな話をされたと明かした。笹森氏は面談の時期には触れなかったが、韓国の国民感情を刺激する話題だけに同国の反発を招きそうだ。
 笹森氏によると、面談では小沢氏が「(長崎県の)対馬のことをどう思うか」と質問。笹森氏が「わたしは対馬のことを心配している。(韓国の)ウォン経済に買い占められそうだ」と答えると、小沢氏は「今は絶好のチャンスだ。円高だから(韓国領の)済州島を買っちまえ」と語ったという。 

Continue reading "「済州島を買え」という小沢一郎の発言"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 09, 2009

「論壇の自壊」

■ 雑誌『諸君!』が休刊と相成った。
 偶々、現在、発売中の雑誌『諸君』今月号に載せていた手前、この件について、『読売新聞』からコメントを求められた。一両日中に記事が載るはずである。
 それで昨日夕刻以降、『諸君!』来月号に載せる鼎談を収録した。鼎談に加わったのは、雪斎を除き、テレビ・メディアに頻繁に登場する著名な御二人である。雪斎は、対談や鼎談という形式には不慣れであるので、専ら御両人の話に時折、茶々を入れる形で対応したl。
 結局、この雑誌の終焉間際に、二度も登場することになった。十年近くの「空白」は、何だったというのであろうか。

Continue reading "「論壇の自壊」"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

March 08, 2009

陰謀論という「脳内麻薬」

■ 「陰謀論」は、人間の「意図」と「結果」が必ず一致するという思考の産物である。
 「陰謀論」は、人間の世界の複雑さを観察することに耐えられない人々こそが、走りやすい代物だといえよう。「複雑な」世界の様相を読む際に単純な「解」を見つけ出して、「俺だけが、『解』を知っている」と思うことは、人々に倒錯した優越感を与えるものである。「陰謀論」が後から後から出てくる背景には、そうした「脳内麻薬」の需要に「陰謀論」が応えているからであろう。
 特に、古今東西、世の中に「苦境」の空気が流れれば、それを「誰か」のせいにしたくなる人々が出てくる。第一次世界大戦後のドイツでは、その「誰か」とはユダヤ人であり、その空気がナチスの擡頭をもたらした。ナチスの擡頭と第二次世界大戦は、古くからの反ユダヤ感情に「ユダヤの連中なら、やりかねん」」といった類の「陰謀論が招いた災厄であった。
 「小沢スキャンダル」は、たんなる古色蒼然とした疑獄事件である。
 もし、政府・自民党が意図的に小沢一郎氏を追い落とせるほどに「権力」を持っているのであれば、何故、「支持率10パーセント台」」という風景が出現しているのか。もしかしら、その「支持率10パーセント台」というのも、麻生太郎総理周辺の意図的な誘導の帰結なのか。それならば、何のために…。
 故に、政治評論の中でも、「陰謀論」の混じったものは、最も質の悪い部類に属する。雪斎は、「陰謀論」に関しては、それを酒席の「与太話」としてならばともかくとして、表立って平然と語っている人々には一切の信を置かないことにしている。

Continue reading "陰謀論という「脳内麻薬」"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 05, 2009

民主党政権への「万丈の山、千仞の谷」

■ 箱根で「仙人生活」を送り、下界に降りて来たら、世は、「とんでもないこと」が起きていた。
 ① 「小沢スキャンダル」勃発
 ② 雑誌「諸君!」休刊

Continue reading "民主党政権への「万丈の山、千仞の谷」"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 02, 2009

白洲次郎の「周辺」

■ 雑誌『諸君j』に下の論稿を乗せた。

 □ 保守再生は〈柔軟なリベラリズム〉から
  -徒に威信を求め、「戦後」を憎悪するのは虚しい。保守にはもうひとつの道があるはずだ

 雑誌『諸君』に原稿を寄せたのは、今世紀に入って初めてのような気がする。中身は、雪斎が折に触れて拙ブログで書いてきたような「保守論壇」批判である。

Continue reading "白洲次郎の「周辺」"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« February 2009 | Main | April 2009 »