« 歴史の「瞬間」に立ち会うということ | Main | コリン・パウエルの選択 »

October 18, 2008

海賊対処は、「国際紛争」なのか。

■ これには、一つ二つのことを記して置く必要がある。
 □ 首相、海自派遣に前向き…ソマリア周辺の海賊対策で
10月17日22時23分配信 読売新聞
 麻生首相は17日の\衆院テロ防止特別委員会で、アフリカのソマリア周辺海域で海賊被害が頻発している問題で、海上自衛隊の艦艇を派遣するための法整備を前向きに検討する考えを表明した。
 民主党の長島昭久議員が「自衛隊の艦艇派遣は海賊対策に効果がある」と求めたのを受け、首相は「検討する用意は十分ある」と述べた。
 これに関連し、首相は同日夜、首相官邸で記者団に自民党の中谷元・安全保障調査会長に与野党で具体策を検討するよう指示したことも明らかにした。艦艇派遣のほか、P3C哨戒機による洋上監視などが検討課題になると見られる。
 政府関係者によると、自衛隊法の海上警備行動を発令すれば、日本籍船の護衛は可能だが、首相は記者団に「日本の船は助けるが、ほかの船は助けないとはなかなか世間では通らない」と述べ、外国籍船にも対応できる法整備が必要とした。
 海賊対策に関し、政府は、海賊行為など公海上での外国籍船の不法行為を取り締まる根拠法の整備を進めているが、自衛隊活用には、武器使用基準の緩和が必要となり、その際、憲法解釈が議論になる可能性がある。
 公明党の太田代表は17日夜、都内で記者団に、「日本のシーレーン(海上交通路)を確保するのはいいが、本当に法整備できるのか勉強が必要だ」と慎重な姿勢を示した。

 憲法第九条で禁止されているのは、「国際紛争を解決する手段」としての武力行使である。
 現行憲法第九条は、戦争違法化の流れの中で出てきた思想を反映した条項であれば、それ自体は、「進歩\左翼」層が唱えるように、「世界遺産」にもなるような特別な価値を持つわけでもなく、「保守・右翼」層の一部が唱えるように、「諸悪の根源」と位置付けられるべきものではない。憲法第九条は、「国策の一環として侵略行為を行わないし、国家間の紛争の解決のために武力に訴えることはしない」という戦後国際社会の常識を反映するものとされてきた。
 ただし、半世紀前に制定された現行憲法典は、軍隊が海賊やテロリズムに対処する事態を想定していたわけではない。逆にいえば、こうした対処が、現行憲法典が想定する「国際紛争」ではなく、こうした対処の際の武力行使が、憲法の禁ずるところではないと解釈することは、可能である。「日本の領域の外で武力行使をしない」というのは、現行憲法典第九条の記述から読み取ることはできない。
 もっとも、もし、海賊対処ヤテロリズム対処が「国際紛争」の想定するものではないとすれば、これに対応する際の「基準」「や歯止め」は、全然、出来上がっていない。現状を放置すれば、「海賊やテロに対処する趣旨であれば、何をやってもオーケーだ」という冗談みたいな話になりかねない。法の意味は、「条文に書かれていないこと以外は、やってもいい」というものであるからである。これは、本来は、かなり怖ろしい事態ではないか。
 憲法第九条は、安全保障論議を行わないための口実として使われていないか。安全保障論議は、そろそろ憲法論議から解放すべきものである。

|

« 歴史の「瞬間」に立ち会うということ | Main | コリン・パウエルの選択 »

「国際情勢」カテゴリの記事

Comments

全ての暴力を国際紛争やテロや侵略などの枠組みに当てはめようとするのはかなり困難な事ではないかと思います。ですのでこの枠組みありきで法律を作っても早いうちに限界が来るかもしれません。もしかしたら法律だけでは難しいかもしれません。雪斎殿の仰る様に安全保障論議と憲法論議は別々に考えた方が良いと思います。ただ安保の歴史を積み重ねしかもまだこれからもしがみつきたいという感情があるなかで真面目に考えている方はどれくらいいるのでしょうか?
いい歳しても実家暮らししている人はなにかきっかけでもないと自立しようとは思わないものです。

Posted by: へきぽこ | October 25, 2008 at 03:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/42823091

Listed below are links to weblogs that reference 海賊対処は、「国際紛争」なのか。:

« 歴史の「瞬間」に立ち会うということ | Main | コリン・パウエルの選択 »