« 共和党の「奇策」 | Main | 福田辞任直後の所見 »

September 01, 2008

共産主義体制と「文化」

■ 暫く前に、チャン・ツィイー主演の映画『ジャスミンの花開く』を観た。
 祖母、母、娘の三代をチャン・ツィイーが演じ分ける趣向の映画である。
 祖母jは1930年代の上海で女優だった。
 芸能会社の社長に手を付けられ、妊娠し、そして捨てられた。
 母は、1960年前後のの文化大革命直前の時代に生きた。
 労働者階級・共産主義者の男と結婚した。嫁ぎ先との生活環境の違いに苦労した。
 娘は、1980年代の「改革開放」の時代に生きた。
 結婚した男は、富を求めて日本に行き、そして帰ってこなかった。
 この映画で、どのチャン・ツィイーが魅力的かと問われれば、大概の人々は、1930年代の「女優」を演じたチャン・・ツィイーだと答えるのではないか。「緑のチャイナ・ドレス」に身を包んだチャン・ツィイーは、本当に美しい。

 翻って、日本には、次のような現実がある。
 □ 共産党 「蟹工船」ブームで1万人新規入党
         8月31日19時53分配信 毎日新聞
 小林多喜二の「蟹工船」ブームに乗る共産党の地方行脚に従来の支持層を超えて関心が集まっている。格差問題に対する取り組みなどが評価され、昨年9月以降の10カ月間で約1万人が新規に入党。次期衆院選をにらんだ幹部の演説会には1カ所平均約1300人が集まる。接点のなかった業界団体や保守系地方議員との対話も行われ、国政の長期低迷脱却への期待がふくらみ始めている。以下、略。
 
 振り返れば、ソヴィエト共産主義七十余年の歳月は、どのような文化的な所産を生みだしたのか。
 ドミトリー・ショスタコーヴィチの音楽か。それとも、ソルジェニーツィンの文学か。
 これらは、共産主義体制への「距離」を本質にした芸術である。
 中国共産党半世紀の執政は、どのような文化の所産を生んだのか。
 中国もまた、「北京五輪」開会式の演出にも表されるように、結局、共産主義体制以前の「遺産」に依存しているのである。
 こうして考えると、「自由な社会」でなければ、「文化の華」は開かないというのは、間違いないような気がする。
 「格差」批判の文脈で共産党に人気が集まったとしても、たいした文化資産を生み出せない体制を標榜する政党に、どれだけの意味があるだろうか。
 昔、聞いたアネクドートに次のようなものがあった、
 
 ● 往時のチェコ・スロヴァキア共産党政府部内の会話
 「わがチェコ・スロヴァキアにも、海軍省を設けることにします」。
 「そんな役所は、要らないだろうよ。海がないのに…」。
 「いいのです。大体、ソ連にも、文化省があるのですから…」。

 戦後、日本では共産党シンパの文化人が多かった。だが、彼らも、「自由な社会」の恩恵を受けながら、文化活動を続けたのである。「自由な社会」で共産党シンパをやることなど、大変なことではありえない。

|

« 共和党の「奇策」 | Main | 福田辞任直後の所見 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

私も「ジャスミンの花」開くはしっかり劇場で見てますよ。しかしこの映画の主張は昔は不自由な時代がありましたけど、共産党の支配のおかげで女性が自立して働ける世界になりましたという事で、共産党が文化を作り上げているという証明でしかない。

雪斎さんは自由な社会で共産党など脅威ではないとおっしゃる。しかし格差社会で切り捨てられた若者たちが自由よりも「過激な格差是正」を選ぶ事がないとどうして言えましょう。彼らの中には新自由主義への憎悪が蓄積されているはずで、ヒトラーを選んだドイツ国民の例をお忘れかと言いたい。そこまで極端ではないにせよ、人間が自由より束縛を選んだ歴史がある事を考えると彼らの勢力を侮るのはイラクなど一ひねりだと考えたアメリカと同じ事になりかねない。

そういう世界にしてしまった、そういう日本にしてしまった責任というものを新自由主義の人たちは感じているのか。私には彼らが「聖戦貫徹」を訴える人間と同じように見えます。資本主義を貫けば道が見えてくるどころか泥沼から抜け出せなくなった事を自覚していないのではないかと

Posted by: ペルゼウス | September 01, 2008 at 11:13 AM

考えてみれば「蟹工船」が発表された1929年は濱口内閣が成立した年ですから、この作品が注目された背景には、金解禁によるデフレ恐慌があったんですよね。
「失われた15年」のデフレ不況が若者を痛めつけた結果、「蟹工船」が注目されるようになったというのも、歴史は繰り返すということなのかもしれませんね。
資本主義国において、共産主義というのは、政府の経済政策が失敗したときに湧き出してくるものなのでしょう。

Posted by: Baatarism | September 01, 2008 at 11:16 AM

同じ書き込みを何度も見ていると、何が真実かわからなくなりがちですが、マルクス脳が云々という話も、共産党が隆盛という話もオーバーに過ぎると思います。

国民はどちらにも不満感を感じつつ、自民党と民主党という中道政党の中でしか政権選択は考えていないと思います。

Posted by: street | September 01, 2008 at 01:14 PM

正直なところ私自身が無知無学なせいか共産主義や資本主義もしくは新自由主義など人間の生きる世界の中でどれが最良であるか分かりません。ただ雪斎殿がおっしゃっていた自由な社会でないと文化の華は開かないと言うのは間違いでは…と言うところは共感しました。文化は植物と似ている気がします。色々な環境に対応して根付くものだと思います。

Posted by: へきぽこ | September 01, 2008 at 03:25 PM

こんなギャグもあります。今回のブームもこの範囲内ではないでしょうか?

共産党は、用量・用法を守ってお使いください。
【効能】 経団連肥大からくる諸症状の緩和に
【用量】 衆院40議席、参院20議席 までとしてください
【用法】 政権へのご使用はおやめください
【注意】 まれに革命を起こすことがあります。公安にご相談ください

Posted by: s828e | September 01, 2008 at 06:50 PM

チャン・ツィイーの「ツィ」をどう発音するかがわからないのだが、録音あるいは録画で紹介しているものがあれば教えてほしい。

ついでに書くと、漢字を使わない理由も知りたいものだ。

Posted by: 楼主 | September 05, 2008 at 03:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/42122801

Listed below are links to weblogs that reference 共産主義体制と「文化」:

« 共和党の「奇策」 | Main | 福田辞任直後の所見 »