« April 2008 | Main | September 2008 »

August 30, 2008

共和党の「奇策」

■ 「朝日」が配信した記事である。
 □ 共和党副大統領候補、44歳女性知事か 米で報道2008年8月29日23時48分
 【デンバー(米コロラド州)=小村田義之】CNNなど米主要メディアは29日、共和党の候補者となるマケイン上院議員(72)が副大統領候補にアラスカ州のサラ・ペイリン知事(44)を選んだと報じた。
 ペイリン知事は64年2月生まれ。84年にアラスカ州ワシラ市の「ミス・ワシラ」に。87年にアイダホ大を卒業後、89年までアラスカ州の地元テレビのスポーツキャスター。92年からワシラ市議。96年から02年まで同市長を務めた。06年に知事選で当選し、現在1期目。マケイン氏は若手女性知事の起用で選挙戦の活性化を図る。
 29日、オハイオ州デイトンで発表予定。9月1日からの共和党全国大会で正式に指名される。民主党はオバマ上院議員(47)、バイデン上院議員(65)の正副大統領候補コンビを指名。共和、民主両党の顔ぶれが出そろう。

 「兵は奇道なり」を地で行く手である。「ヒラリー支持者の離反」がオバマ陣営のアキレス腱になっているのであれば、雪斎は、「もし、マケインが女性を副大統領候補に持っててくれば、どうなるか」と考えたからであっる。雪斎は、米国国内政治の専門家ではないので具体的な人物を挙げるができなかったけれども、「本当に、やったのか」と率直に思っている。
 ペイリン起用は確定事項ではないので、これを確定事項とした上で次のことを書いてみる。

Continue reading "共和党の「奇策」"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 29, 2008

アフガニスタンの凶報

■ アフガニスタンでNGOスタッフが殺害された一件は、まことに残念である。報道から垣間見る限りは、このスタッフは、「善意の日本人」を体現しているところがある。現地住民には、「日本人の善意」は明らかに伝わったはずである。だから、現地住民の手で葬儀が営まれることになったそうである。このスタッフにとっては、「男子の本懐」であろう。
 しかも、このスタッフは、五年余り現地に溶け込んで活動していた「歴戦の勇者」である。大した知識も装備も持たずイラクに乗り込んで結局、何もしなかった過日の「自称、ボランティア」とは質的に異なる、そして、農業技術指導おいうのは、相応の「特殊技術」である。要するに、こういうNGOは、「外交官ができないことを手がけている」のであるl。
 現在の日本は、何でも「国家」や「民族」という枠組に物事を収斂させて語る段階にある国家ではない。色々な人々の「さまざまな活動」が、全体として「日本の魅力」を引き上げているのである。
 にもかかわず、こうした遭難劇が起こると、「自己責任だ」とわめきちらす御仁がいるのは、どういうことであろうか。こういう御仁は、多くの場合、「愛国者」を自称するものであるけれども、そのの姿勢が「多様性の擁護」に裏付けられていない点では、民主主義体制に害悪を及ぼす存在であることは間違いない。現在の自由と民主主義の価値を重んじる日本社会においては、「偏狭さ」こそが最たる敵である。
 かって、勝海舟は、「憂国の士が国を滅ぼす」と語った。それは、現在の世でも何ら変わらない。少なくとも、自称、「憂国の士」などよりは、落命したNGOスタッフの方が、日本人の「声望」を高からしめることに貢献したのは、確かであろうl。
 それにしても、アフガニスタンでも治安悪化がとまらないということになれば、ジョージ・ブッシュの八年の執政は、結局j、何だったのかということになる。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 28, 2008

新著刊行予告

■ 雪斎が来月、朝日新書から刊行する新著の広告が出ていた。

 ○ 漢書に学ぶ「正しい戦争」

著者/訳者名 櫻田淳/著
出版社名 朝日新聞出版 (ISBN:978-4-02-273234-7)
発売予定日 2008年09月12日
予定価格 777円(税込)

本の内容
保守論壇でデビューした国際政治学者が、情念の支配する安全保障論議に独自の視点で切り込む。戦乱に明け暮れた2000年前の中国の知恵は、現代日本人に何を教えるのか。「タカ派」と「ハト派」の対立を乗り越えた「フクロウ派」を目指すユニークな戦争論。

 こういう広告が出ていたのは、率直に驚いた。書の中身は、普段、拙ブログで書いているような話である。
 この書の校正作業が終わる八月半ば前までは、本当に神経使うを時間が続いた。拙ブログの再開も、この作業が片付いたことが、もっとも直接的なきっかけである。
 詳しくは来月刊行時に書くけれども、雪斎は、「よくぞ、朝日新聞が、こういう書を出してくれたな」と率直に思う。「朝日・岩波=左翼」などという固定観念を壊すのには、この書は確かに貢献したかとは思うけれども…。「自衛隊合憲・日米安保堅持発言は、村山内閣の最たる政治業績である」と書いたりしているから、定型的な平和主義の議論を「朝日新書」という媒体に期待した人々には、ショックだとは思う。
 そういえば、過日、雑誌「正論」で長らく編集長を務めたO氏に会った際、「今度、朝日新書から出しますよ」と話したら、「いいじゃないですか…」という反応が返ってきた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 27, 2008

グルジア危機

■ 早速、とんでもない話になりそうである。
 □ 南オセチア、アブハジアの独立承認
     8月26日21時43分配信 時事通信
ロシア南部ソチで、テレビを通じて国民向けの声明を発表するメドベージェフ大統領。グルジア領の南オセチア自治州とアブハジア自治共和国の独立を承認する大統領令に署名したと言明した(26日)
 □ EU、対ロシア制裁も=対決姿勢鮮明に-欧州諸国
     8月26日22時29分配信 時事通信
 【パリ26日時事】ロシアがグルジア領の南オセチア自治州とアブハジア自治共和国の独立を承認したことについて、欧州諸国は26日、一斉に遺憾の意を表明、ロシアとの対決色を鮮明にした。欧州連合(EU)は9月1日、グルジア問題に関する緊急首脳会議を開く予定で、ロシアへの対抗措置や制裁を求める動きが強まるのは必至だ。
 
 ロシアが南オセチアとアブハジアの独立を承認したということの意味は、裏返せば、「グルジアの解体」がロシアの目標として明確に設定されたということである。

Continue reading "グルジア危機"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 25, 2008

野球の重み

■ 「星野ジャパン」の敗戦は、一大痛恨事である。
 この数日の反応は、野球という球技が、日本人にとって如何に身近なものであるかということを物語っている。
 振り返れば、野球が日本にもたらされたのは、明治初年である。
 明治二十年代には、正岡子規らが後の東京大学で野球に興じた。この経緯は、来年辺りに放送されるNHKドラマ『坂の上の雲』でも描かれるはずである。
 以来、、明治36年の早慶戦を機に大学野球が始まり、大正年間には旧制中学野球が始まった。
 結局、日本人は、米国人を除けば、世界で最も永く野球をしてきた人々なのである。
 故に、此度の結果は、勝ち負け云々よりも、そうした歴史にふさわしい野球を示せなかったということが、問題なのであろう。星野仙一監督は、「メダルが取れなくて申し訳ない」ではなく、「無様な野球をして申し訳ない」と語るべきであった思う。実際、北京での「星野ジャパン」のパフォーマンスは、内容が薄いものであった。野球関係者は、「負けたから批判されている」などと思わないほうがいいであろう。
 加えて、野球は、日米関係を紡ぐ大事な資産である。野球がある限りは、日米両国は絆を保っていける。
 戦時中の「鬼畜米英」が観念に過ぎなかったのは、開戦の僅か七年前に来日したベーブ・ルースの記憶が残っていたからであろう。そして、終戦三ヵ月後には、早くもプロ野球東西対抗戦が行われ、翌年からペナント・レースが始まっている。こうした歴史の上に、野茂英雄を実質上の魁とする日本人メジャー・リーガーtがいる。だから、日本では、野球を衰退させるわけにいかないのである。
 最後に、星野監督には、来年三月のワールド・ベースボール・クラシックで再び指揮を執らせるという話があるようである。
 雪斎は、それは避けるべきことであろうと思う。
 「敗北につながる指揮を行ったのに、きちんとした総括を行わずに汚名返上の機会を与えるべく指揮を執らせ続ける」というのは、どこかで見た風景ではないか。
 それは、インパール作戦時の牟田口廉也中将の話である。戦線が壊滅状態になっているのに、陸軍上層部は、牟田口を更迭することもなく指揮を執らせ、犠牲者を増やし続けたのである。
 星野仙一は、「平成の牟田口廉也」と呼ばれることになるのか。それは、まったく以て見たくない風景である。
 それならば、誰に任せるのか。
 王貞治監督や野村克也監督ならば、まず異論が出ないであろう。
 ところで、一時期の常勝・西武を率いた森祇晶監督を推す声は、ないのであろうか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 24, 2008

民主党の無風

■ 暫くぶりに国内政治ネタで書いてみよう。
 □ 野田氏、出馬を断念=小沢氏無投票3選へ-民主代表選
               8月22日10時21分配信 時事通信
 民主党の野田佳彦広報委員長は22日午前、9月の党代表選への対応について、都内で開いた自らが率いるグループ「花斉会」の会合で、「総合的に判断して戦う状況にない」と出馬断念を表明、了承された。グループ内に強い反対論があり、出馬に向けて意見集約するのは困難と判断した。これにより、代表選は小沢一郎代表が無投票で3選される公算が大きくなった。 
 
 「小沢一郎氏が無投票で再選される」という顛末を、どのように解釈するか。一年以内に解散・総選挙が行われる情勢の下では、「小沢体制」の継続は、民主党にとっては最も無難な選択である。
 ただし、党首選挙が「次の指導者」を発掘し、養成する機会であることを考ええれば、無風状態で小沢氏が再選されることは、民主党の長期的な利益にはなるまい。小沢再選という結果は動かさないにしても、「次の指導者」のお披露目の機会を放棄するのは、まことにもったいないことではある。
 故に 自民党サイドの反応を忖度するならば、小沢氏のような「見飽きた顔」が看板であり続けるのは、決してマイナスでははない。それは、「読める」相手であるからである。「民主党=小沢党」という色合いが濃くなればなるほど、小沢氏だけを狙い撃ちにして攻撃するという手法が有効になる。総選挙直前に、小沢氏の健康不安が表面化したり、何らかのスキャンダルが明るみに出るようなことがあれば、眼も当てられまい。小沢氏の「無風再選」には、そうしたリスクがあるのである。
 それにしても、こうした「気抜け」の風景は、今の日本を象徴しているなと思う。
 いっそのこと、来年の総選挙直前に、自民党が福田康夫総裁から小池百合子女史に代えるくらいのことやってくれれば、さぞかし面白いだろうなと思う。日本は、もう女性が前面に出る時代になったのであるから、「男は黙って、ロジをやればい」ということでもいいのであろう。日本男児の「つんく♂」化が加速するのか(笑)。わっ、脱線した。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

August 23, 2008

古の所謂志を得る者は、軒冕の謂いに非ざるなり

■ 北京五輪も終盤である。
 男性陣の「野球」と「サッカー」の将来には、懸念を覚える。
 ソフトボールに象徴される女性陣の活躍に比べ、「熱」の伝わらない試合を見ていると、この二つの競技には、「冬の時代」が訪れるような気がしてならない。人々の心が離れてしまえば、プロ・スポーツが成立する基盤が揺らぐのである。勝ち負け云々よりも、「熱」の伝わらないパフォーマンスが続いている代償は、かなり大きなものになるであろう。昨日の「野球」日韓戦における左翼手(あえて名前は記さない)のタイムリー・エラー二連発には、唖然とした。余りにも、無様である。これが「野球」の現状を象徴しているのではないか。
 幾度も書く。こういうオリンピックが「支持してくれる人々」を増やす機会であるということは、サッカー関係者も野球関係者も諒解しておいたほうがいい、「オリンピックをなめてはいけない」のである。
 『荘子』(繕性第十六)に曰く、「古之所謂得志者、非軒冕之謂也、謂其無以益其楽而已矣。今之所謂得志者、軒冕之謂也。軒冕在身、非性命也、物之儻来寄也」(古の所謂志を得る者は、軒冕の謂いに非ざるなり。其の以て其の楽しみを益す無きを謂うのみ。今の所謂志を得る者は、軒冕の謂いなり。軒冕身に在るは、性命に非ざるなり。物の儻来寄するなり)である。。
 文中、「軒冕」とあるのは、「高位高官の地位」を意味する。この『荘子』の記述に従えば、「志を得る」というのは、ただ単に「高位高官に就く」ということではなく、「これ以上はないという楽しみの境地に達する」ということである。オリンピックの例でいえば、メダルを取れたか取れなかったかというのは、「時の運」であり、「これ以上はない」という納得のパフォーマンスを示したかということが、大事だということである。
 「サッカー」と「野球」には、「これ以上はなかった」という様子が、まるで伝わってない。雪斎は、その点を何よりも残念に思う。
 偶然、陸上100×4mでの史上初の快挙の瞬間を観た。リレー四人衆のインタビューからは、「其の以て其の楽しみを益す無きを謂うのみ」の様子が伝わってきた。彼らは、確かに歴史に名を刻んだと思う。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

August 18, 2008

「道家」の思想

■ 政策立案の世界でも政治評論の世界でも、もっとも堕落したものの一つは、「反」の姿勢を濃厚に帯びたものであろうと思う。「他人のやること」に噛み付いたり茶々を入れたりして、いかにも物事を語っているかのように錯覚している御仁が多すぎる。雪斎は、そうした御仁の言説を前にすれば、「勝手にどうぞ、私は相手にしない」と反応するしかない。
 そうした言説は、生産性を持たないという意味において、マスターベーションの類でしかない。こういうものを公然とみせらられるのは、醜悪の極みでしかないのであるけれども…。

Continue reading "「道家」の思想"

| | TrackBack (0)

August 16, 2008

雑記 080816

■ 此度のオリンピックは、「中国の中国による中国のための五輪」である。ただし、オリンピックとは、そういうものであろう。そういえば、1984年の「ロスアンジェルス」のときにも、「USA],、「USA」の連呼には辟易した記憶がある。「北京」と「ロスアンジェルス」に質的な違いはない。
 雪斎は、此度の日本チームの成績に関して特筆すべきは、「フェンシングの銀」であろうと思う、それは、日本チームの活躍の領域が増えたということを意味している。他にも、メダルに届かなかったとはいえ、バドミントン、カヌーいった競技で過去最高の成績が残っている。女子体操の「躍進」は、よかったと率直に思う。
 昨日、産経新聞「正論」には、下の原稿が載った。
 ● シリーズ「8月15日」-戦後63年の「実績」と保守主義 
 この原稿を八月十五日に載せることになるとは思わなかったけれども、いいたいことは、「多様な『実績』を積み上げるための条件を護れ」ということである。「フェンシングの銀」も、その「多様な実績」のひとつであろう。大体、「柔道や競泳でなければメダルを取れない」ということでは困る。そうした姿勢が、「過去の栄光」にすがる「反動家」の精神を養うからである。
 保守主義の精神は、「実績」の積み重ねという現在進行形の努力を必要としている意味において、かなりのダイナミズムを伴ったものなのである。
 最後に、「なでしこジャパン」は、どこまで進撃を続けるのであろう。


 


 

| | TrackBack (0)

August 14, 2008

グルジア紛争を観察する。

■ グルジア紛争が一転して停戦の方向に向かっている。二つのことを考える。
 1、ロシア・フランス関係の隠れた意味
 停戦に向けて目立った動きをしたのが、ニコラ・サルコジのフランスであったというのは、ロシアにとってのフランスの「縁」の濃さを感じさせる話である。
 革命以前のロシアでは、貴族はフランス語を主に話したけれども、民衆はロシア語を話した。故に、成り上がり者は、フランス語を話せない限りは、成り上がり者でしかなかった。当時のヨーロッパでは、フランス語が「上流階級の共通語」であったという側面はあるけれども、それでも、ロシアの場合は、徹底されていたのである。
 ジョージ・F・ケナンが著した『致命的な同盟』は、1891年の露仏同盟成立を扱っている。オットー・フォン・ビスマルクの対外政策の基本線であった独露提携が崩れ、フランスとロシアの提携が成ったことが、後の第一次世界大戦勃発に続くという話である。19世紀末には、ロシアに最も大々的な資本投下を行っていたのは、フランスであった。実際、シベリア鉄道は、フランス資本の参加によって建設が始められたのである。
 2、ソチという場所
 今は、「北京」で盛り上がっているけれども、六年後の冬(実質、五年半後)は、「ソチ」である。このソチがどこにあるかは、かなり注目しういておいたほうがいい。グルジアの火薬庫と考えられるのは、南オセチアとアブハジアの両自治共和国であるけれども、ソチは、あろうことかアブハジア自治共和国との国境に位置しているのである。それも、国境まで50キロしか離れていない。
 ロシアにしてみれば、グルジアで混乱が起これば、ソチでオリンピックで開くのは、危うくなる。1980年の「モスクワ」が西側諸国のボイコットによる「片肺五輪」に終った以上、「ソチ」はロシアが完全な形で開く最初のオリンピックになる。プーチン・メドヴェーージェフは、その成功を目指しているはずである。故に、グルジア紛争に際して、プーチン―メドヴェージェフが、紛争に乗じて、「憂いの種」を一掃しようとしたであろうと想像するのは、難しいことではない。
 そういえば、ジョージ・F・ケナンは、NATOを旧東欧圏に拡大させることには批判的であった。それは、ロシアを不用意に追い詰めるような政策であると観たからである。現在のグルジアは、NATO加盟を目指しているのであるけれども、それもまた、プーチン・メドヴェージェフのロシアの神経を逆撫でするものであることは間違いない。泉下のケナンは、NATOの拡大が旧東欧圏諸国どころかベラルーシやグルジアにまで及ぼうとしている現状には、戦慄を覚えるであろう。確かに、そうした動きを進めたのは、ジョージ・W・ブッシュ政権下の米国であるけれども、ブッシュの対イラク政策にも批判的であったケナンは、存命ならば、こうしたブッシュ政権の対露政策にも批判を浴びせたはずである、だとすれば、此度の紛争は、グルジアに妙な期待を抱かせた米国の失敗と観ることもできる。
 雪斎は、やはりロシアを不用意に追い込むのは不味いであろうと思う。ドラえもんのジャイアンも、粗暴そうに見えて、母親には頭の上がらない小心な少年だったはずである。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

August 12, 2008

「宴」の後の憂鬱

■ 北京オリンピックは、「真夏の夜の夢」になりそうな公算が大きい。「宴」が終った後に、世界が直面する課題は、余りにも多すぎる。「六ヵ国協議」の関係各国だけでも、次のような具合である。
 1 ロシア  グルジア紛争の行方
 2 北朝鮮 テロ支援国家指定機序の遅延、「核」廃棄プロセスの遅延
 3 中国   格差拡大の加速
 4 韓国   経済低迷の加速、
 5 米国   権力移譲の時節、経済停滞の加速
 6 日本   一年以内の「政権選択」選挙
 

Continue reading "「宴」の後の憂鬱"

| | Comments (8) | TrackBack (1)

August 10, 2008

復活の辞

■ 三ヶ月半近く、拙ブログのエントリー更新を休止していたけれども、本日を以て更新を再開することにする。
 ただし、以前のように、毎日の更新を目指すというわけにもいかない。
 「日記」というよりは「週記」というレベルのものになるのであろう。
 それでも、少しは、エントリーを書こうという気が戻って来たので、再開を思い立った。
 三ヵ月半前まで読んで頂いた方々、これからお読み頂く方々には、宜しくお願い申し上げる。

                             雪斎

| | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | September 2008 »