« 年度末の「正論」欄論稿 | Main | 「頑張らない」生き方 »

April 01, 2008

エイプリル・フールの怪談

■ エイプリル・フールである。
 大学は年度初めの教授会があるので、千葉・流山まで出かける。
 しかし、病み上がりの身の故、具合が悪くなり早退と相成る。
 身体状況を悪化させるだけのために出かけたような気がする。

■ 雪斎が長年、仕えた愛知和男代議士が、不定期に配信しているオピニオン・レター、四月一日付の最新号で、次のように書いている。

 私にとって思い出したくない思い出のひとつに、新進党時代にやった国会での座り込みがあります。
 当時野党の新進党に属していた私は、小沢党首の指導のもとに、住専問題に関する政府の対応に反対するために、予算委員会を開かせないようにするべく、審議する衆議院の第一委員会室を占拠して入り口の扉の前に座り込みをしたのであります。はじめのうちは世論の理解を得ていたように感じていましたが、1週間以上にわたって徹夜で座り込んでいるうちに、だんだん世論の風当たりが厳しくなってくるのが肌で感じられるようになってきました。そろそろ引き上げ時だという認識が党内で広がっていく中で、小沢氏は頑として方針を変更しなかったために、結局、無残な形で座り込みを中止せざるをえなくなり、これをきっかけに党に対する支持も急速に落ちていき、その先には党の分裂解党という事態が待っていたのでした。
 今回の税制関連法案や日銀総裁人事案件に対する対応についても、同じような事態が生じているように思えてなりません。一言でいって「やりすぎ」です。
 世論の動向にもはっきり出ています。3月24日付けの読売新聞朝刊に出ている世論調査によっても、小沢一郎氏を評価しないという人は65%にも及んでいます。それに引きずられてだと思いますが民主党の支持率も2.4ポイントさがって17.6%となっています。福田内閣の支持率も下がっていますが、自民党の支持率はそれほど動いておりません。
 福田離れが進んでいますが、その分民主党支持や小沢支持へと移っているわけはないのです。
 もしかしたら、小沢氏は、前回と同じように、民主党を解党へと向かわせようとしているのかもしれません。民主党を分裂解党させ、政界再編のきっかけをつくり、その動きの中で、自分の立場を築いていく戦略かもしれないなどと思ったりしています。
 いずれにせよ迷惑を被るのは国民です。国民のことをまず第一に考えるという政治の基本を無視したやり方には、大きな怒りを感じているのが正直なところです。
               …以下、略。

 「もしかしたら、小沢氏は、前回と同じように、民主党を解党へと向かわせようとしているのかもしれません」といいうのは、ちょっとしたホラー話である。確かに、小沢氏にとっては、自分に異を唱えない比較的、少数の政党の党首として政界を動き回るというスタイルが性に合っているのであろう。大所帯で内輪に気を使いながら政治をするというのは、小沢氏には、堪えられないところがあるのではないであろうか。そもそも、小沢氏自体は、「鉄の結束」を以って知られた田中派の空気を吸って成長した政治家である。
 しかも、小沢氏が手腕を発揮できたのは、新生党時代であり、ロボットに向かって自爆突撃するコマーシャルに出演した自由党時代なのである。新生党時代には、細川連立内閣を登場させたし、自由党時代には自民党との連立で影響力を発揮した。
 愛知代議士は、小沢新進党党首時代には、党政策審議会長だった。雪斎も、新進党の結成から崩壊までの過程を総て見ていた。それも、今は昔である。これは、ホラー話ともいえないような気がするが…。

■ 揮発油税暫定税率は失効した。再可決で元に戻すというのは、実際は容易なことではない。「実質、増税」の意味合いを持つ施策は、どのような場合でも歓迎されないからである。安倍晋三内閣の失速には、参議院選挙直前に定率減税廃止という実質、増税が行われたことが影響していると指摘する向きは、意外に多くない。

■ 今月下旬の衆議院山口二区補選で自民党が擁立したのは、建設(国土交通)官僚だったようである。
 自民党は、本気で「勝ち」に行ったのであろうか。
 今のご時勢、建設官僚に対する世の印象は決してよいとはいえないはずであるけれども、何故、あえて擁立したのか。この選挙で、自民党が星を落とすようなことがあれば、その衝撃はかなり大きそうな気がするが…。

|

« 年度末の「正論」欄論稿 | Main | 「頑張らない」生き方 »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

こんばんはです。
体調はどうですか??無理なさらないで新学期に備えてください。
 民主党小沢党首のクセでしょうか。暴走から解体へと・・いつか来た道ですか。確かに自民党の先生方は案外余裕なんですよね。民主党が解体へと向かっていると・みな予想して余裕綽々にも見えるんです。(小沢、鳩山じゃ無理だよって・・。)
 僕は、政治に刺激が必要と思い、民主党に政権を取らせかった(なぜか過去形)のですが・・・暫定税率をどのように戻すか、福田さんの腕の見せ所だと思いますが、ロクにメッセージも無くフフンと再可決しちゃうんだろなぁ・・・。
 良い悪いは別に、小泉時代の濃い政治が懐かしい(笑)happy02

Posted by: SAKAKI | April 03, 2008 at 11:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/40713717

Listed below are links to weblogs that reference エイプリル・フールの怪談:

« 年度末の「正論」欄論稿 | Main | 「頑張らない」生き方 »