« 民主党に知恵を付けてみようか。 | Main | 財務官僚と政権運営 »

March 19, 2008

ペンは権力よりも強し

■  日銀総裁は、「空席」になることが確定した。
  阿呆らしくて、もはや論評する気も起きない。
  かくなる上は、空席期間をできるだけ短くしてもらうよりほかはい。
  今週中に決めてもらう必要がある。
  ところで、此度の紛糾の結果、確実にいえることは、民主党は完全に財務省を敵に回したようだということである。民主党は、たとえ政権を取っても、財務官僚の「献身」を期待できまい。そういう状態で、民主党は、予算編成などをうまくやれるのであろうか。先々のことを考えずに、目先のことだけを考えるから、こういうことになる。
 ところで、民主党が田波耕治総裁案を蹴った理由は、「国際金融の見識に不安がある」だそうである。ん、武藤総裁案のときには、そういう理由が付いていただろうか。何時から、そういう条件が出てきたのであろうか。
 かなり不愉快なので、次のように書いておく。
 民主党政治家が、どのような報いを受けようとも、雪斎の知ったことではない。
 国益よりも党益を優先させた選択の事例として、雪斎は、記憶し、言及することになるであろう。
 おそらく、数十年後に、此度の民主党の選択が「国益」を見据えての選択であったと証明する材料が見つからない限りは、此度の民主党の選択は、平成政治史に残る「愚行」と位置付けられるであろう。そして、この「愚行」に加わった民主党政治家は、「愚かな政治家」として語られることになる。そして、この評が定着すれば、後世の人々は、彼らのことを誰も尊敬はしないであろう。
 これを「末代までの恥辱」という。
 言論なり学術の領域の活動は、そういう「末代までの恥辱」を「愚かな政治家」に与えることができる。
 後世の人々から嘲笑され、侮蔑される人生とは、何と空しいものであろうか。
 「ペンは剣よりも強し」ということの意味は、そういうことである。

|

« 民主党に知恵を付けてみようか。 | Main | 財務官僚と政権運営 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

産経によれば、民主党はむしろ「大概の候補なら受け入れて、勝負は道路で」ということで固まっていたそうです。

よりによって、最も民主としてもひっこみがつかない「財務次官経験者」を二の矢の持ってくる官邸のどうしようもないセンスのなさは大いに批判されてしかるべきでしょう。

Posted by: 自民党支持者 | March 19, 2008 at 11:26 AM

【訂正】

最も民主としてもひっこみがつかない「財務次官経験者」を二の矢『に』持ってくる、官邸のどうしようもないセンスのなさは大いに批判されてしかるべきでしょう。

【実は、日銀総裁の話が民主でもまとまりかけていたという話のソース(産経)】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080319-00000078-san-pol

Posted by: 自民党支持者 | March 19, 2008 at 11:37 AM

貴君が安倍叩きに加担していた事実を知る人間としては決して同意できない。

Posted by: もり | March 19, 2008 at 11:50 AM

民主党内でまとまりかけたからどうだと言うのか。
実際まとまっていないし、期限が迫る予算案を衆院で採決したからという理由で「同意出来ない」と言い出したことは、まだ記憶に新しい。
採決するなと言うならば、いったい参院ではいつ審議をするつもりだったのか。自分達の怠惰を他人のせいにするのは、実に見苦しい。

誰が出ても、難癖つけて反対する気なのは判りきった話。
元々、日本銀行総裁をやれる人というのは少ない。その上、所信を聞く前から、「反対だ」と先に言い放ってしまうパターンだから、晒し者にして侮辱しているのと変わりはしない。

民主党は民間人なども視野に入れろとほざくが、民間人ならばなおさら、あんな場に引き出されるのはゴメンだ。政府から打診があっても、総裁を引き受けようという人は少なくなっただろう。

Posted by: しゃんしゃん。 | March 19, 2008 at 12:31 PM

白川、西村両氏について同意していることからすると、民主党も是々非々でやっていたのではないでしょうか。仙谷氏の経済オンチには辟易しましたが、日銀総裁を財務省の天下り先にしたくないという民主党の反対理由も一応理解できます。むしろ5年前武藤氏に反対しつつ今回賛成していたとすれば、方針変更の説明が必要だったでしょう。

今回の騒動は、政府のやることなすこと議会(野党)のチェックが入るという「ねじれ国会」の状況下においては当然想定されることだと思います。民主主義を採る以上、「非常時だから国益のため挙国一致せよ」ということを安易に言ってほしくはありません。結果的に総裁が空席になったことは残念ですし、早急に解決すべきですが、総裁人事に注目が集まり、国民監視の前で与野党が議論をしたことは評価したいです。

このような状況下で首相が田波氏を推したことは、民主党の反対が予想できた以上、疑問です。もっと妥協せざるを得ない状況に追い込まれていたはずなのに・・・ねじれ国会の意味を理解していないのでしょうか。本当に誰も引き受け手がなかったから仕方なくなのか、財務省の意向をくんだのか(予算編成大事ですからね)。

Posted by: 素人なりに | March 19, 2008 at 02:09 PM

天下り? もっと美味いところは腐るほどあるし、世界経済にも大きな影響を及ぼすような、あんな恐ろしく重い責任負わされるところではなく、ほとんど責任など取らなくてもいい、もっと楽な天下り先はいくらでもある。
財務次官まで務めたのならば、それこそ引く手数多。天下りで美味い汁を吸いたいのならば、わざわざ日銀総裁なんて選ばない。

日銀総裁という職は非常に重要であり、どこ出身かではなく、能力で選ぶ必要があると考える。しかし民主党の場合は、反対理由は常に後付けであり、まず反対ありきで、総裁候補の「能力」にはまったく着目せず、ただただ表層的な否定に終始している。

そもそも武藤氏にしても、過去副総裁として財務省の手先の如く動いて来たかと言えば、決してそうではないのだから。

Posted by: しゃんしゃん。 | March 19, 2008 at 02:42 PM

今の公務員制度改革もそうですけど、政治が本当に強い意志を持ってやれば、官僚機構だってついてくると思います。ただ、おっしゃる通り、小沢氏は財務省を敵に回すことをかなり気にしていたって報道は、武藤氏の時にありました。

民主党の反対理由は、あのみっともない意見聴取もふくめて怪しげなものですが、財務省との関係を断ち切るってことで、財務省関係者はダメ、の一点なら、まだ理屈は通ったと思うんですけどね。それを国際金融だとか、財務官はいいが次官はダメだとか。総理は官僚機構とも協調していこうという立場で、これは理由のあることですが、配慮しすぎじゃないかとか意志が見えないとかいう批判も出てくるかもしれない。実際田波氏が出てきたのは、額賀大臣を通じた猛アピールがあったようです。

もとはといえば、ねじれができた時点で民主党が、内政はもちろん外交についてすら「すべて国会の場で」という原則で突っ張ってることに原因があって、大連立の時にここらへんで妥協ができていればだいぶ違ったでしょう。日銀総裁問題だけでも、早くからなんらかの協議機関を設けて調整するという手段を取るべきだった気がします。だからお互い真意の探りあいと疑心暗鬼になるし、いきおい民主党は政府を困らせてるだけじゃないか、という構図も出てくる。表に出てこないタイプの小沢氏が代表であることも、障害になってる気がします。これじゃあ内閣の支持率とは無関係に、民主党に支持がいくことはないでしょう。

Posted by: TA | March 19, 2008 at 03:32 PM

 お怒りごもっともだと思います。民主党の反対理由が建設的でないところが問題です。
 日銀でも財務省でも出自はどうでもよいのでその方の資質のみを問わなければならない事態なのに、出自にこだわる民主党というのが気に入りません。ある程度現状を知る人間でないと地盤固めに時間が要るでしょうから財務官僚というのは現実的に仕方ないと思います。
 民主党は自分たちでスカウトしてきて自民党に可否を問うぐらいのことをしないと、政争の具としているという謗りは拭えないでしょう。平時ではないのですから「天下り」云々は愚かとしか言えません。そもそも日銀総裁を、現場がわかっている人から選ぶのを天下りと呼ぶのも…。日銀総裁って名誉職でしたっけ?と思ってしまいます。

Posted by: COP | March 19, 2008 at 04:29 PM

財務官僚は、特に法学部出身者の場合には、法律・行政の専門家であっても、金融・経済の十分な学識を有しているかは疑問です。ま、これは林文夫教授の受け売りですが。
http://fhayashi.fc2web.com/BOJ.htm

また、日銀総裁について、直近までは日銀生え抜きと大蔵のたすきがけ人事が慣例であったと記憶しており、天下り(天上り)先であったと思います。もちろん、それを今の市場の状況で主たる反対理由にできるかは議論のあるところでしょうが、せっかく速水、福井と続いたのに・・・という気持ちは理解できます。

Posted by: 素人なりに | March 19, 2008 at 06:21 PM

国際協力銀行の現総裁が「国際金融の見識に不安がある」と言ってしまうのは、天下り人事への痛烈な批判なのか、それとも国際協力銀行に対する皮肉なのか、はたまた田波氏本人のことを誤解されているだけなのか…、よくわかりませんね。

Posted by: ・・・みたいな。 | March 19, 2008 at 07:03 PM

確かに、ねえ。
なんか、後先考えてるように思えないですね。

まあ、かみぽこ氏が仰ってたように日銀総裁ってそんなに影響力あるかなってのも(笑)

Posted by: Foch | March 20, 2008 at 11:55 AM

なかなかトラックバックが出てこなかったので、送られてないのかと勘違いして、3回も送ってしまい、どうもすいませんでした。
すいませんが、ダブった分は消してもらえないでしょうか?お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

Posted by: Baatarism | March 28, 2008 at 01:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/40554455

Listed below are links to weblogs that reference ペンは権力よりも強し:

» 総裁人事を政局にしているのはどっち? [la_causette]
 日本銀行の総裁人事に関しては,奇妙な議論が流行しているようです。  民主党は以 [Read More]

Tracked on March 20, 2008 at 02:37 AM

» 日銀総裁空席による混乱回避のための提案 [Baatarismの溜息通信]
昨日、政府が提案した田波耕治総裁案を民主党が拒否したことにより、日銀総裁は当面の間空席となることが確定しました。しかし、この状況を憂いている人は少なくありません。 日銀総裁は、「空席」になることが確定した。   阿呆らしくて、もはや論評する気も起きない。 ... [Read More]

Tracked on March 20, 2008 at 12:17 PM

« 民主党に知恵を付けてみようか。 | Main | 財務官僚と政権運営 »