« 一年の納めのエントリー | Main | 芸術に浸る新春 »

January 01, 2008

平成二十年元旦の風景

■ あけましておめでとうございます。

■ 只今、平成二十年元日未明である。
  「歳替わりの瞬間」は寝ていた。起床午前二時である。
  四十数年生きていて、こういう新年の迎え方をしたのは、過去には例はない。
  というのも、「歳替わりの瞬間」に何かをしているのは、当たり前であったからである。
  学生の時分には、「勉強」をし、社会に出てからは、「作業」をしていた。
  今年は何やら「激変」が起こるであろうことを予感させる一つの個人的な話である。

■ 新書執筆作業が余り進捗しない.。
  脱稿まで残すところ、あと四百字詰原稿用紙二十数枚分である。
  スタジアムに入ってから、ヘロへロの状態になりながらゴールに向かっているマラソン・ランナーの風情である。
   本日も、この作業を続けることになる。

■ 新年最初に聴いたのは、下の一枚である。
   ○ 「ブラームス 交響曲第一番 ハ短調 作品68」
     クルト・ザンデルリンク
     シュターツカペレ・ドレスデン
     1971年録音
  数ある「ブラ1」の中でも、、このザンデルリンク&SKD版が最も世評高いものの一つである。雪斎は、「ロイヤル・コンセルトへボウ」の音色が好きなので、リッカルド・シャイーやエドゥアルト・ファン・ベイヌムの振ったものを長らく聴いていたのであるけれども、この東ドイツ時代のSKDのサウンドには、誠に心惹かれるものがある。当分、曲云々よりもSKDの音色を堪能する時間が続く。
  SKDでいえば、昨年、聴いた下の一枚は、気に入った演奏である。
  ○ 「ブルックナー 交響曲第六番イ長調 ハース版」
    ベルナルト・ハイティンク
    シュターツカペレ・ドレスデン
    2003年録音
  こうした音楽を先刻、購入したヘッドフォン「ゼンハイザー HD-650」で聴いた。えらく値の張る買い物であったけれども、確かに「逸品」を手にしたと思う。

|

« 一年の納めのエントリー | Main | 芸術に浸る新春 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

あけましておめでとうございます。
今年も切れのあるエントリーや論文を期待しています。

Posted by: あかさたな | January 01, 2008 at 09:37 AM

あけましておめでとうございます。昨年は、大変、お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願い致します。

それにしても、すごくいい、ヘッドフォンですね。

Posted by: forrestal | January 01, 2008 at 10:21 AM

おめでとうございます♪
今年も更新、たのしみにしてます!

Posted by: nao | January 02, 2008 at 10:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/17541559

Listed below are links to weblogs that reference 平成二十年元旦の風景:

» 謹賀新年 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
今年もよろしくお願い致します♪ ***♪パロディ♪ 育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ ネタがマジだったりパロディが好きだったりするのね ましてや替え歌サイトだからウケ狙いはしょうがない 妥協してみたり多くを求めたりなっちゃうね 何がきっかけでどんなアイデアで言葉が替わったんだろう ネタがない時とか曲浮かばない夜 出来るだけエントリーしたいのさ がんばってみるよ やれるだけ がんばってみるよ 少しだけ なんだかんだ言っても つまりは単純に 替え歌が 好き... [Read More]

Tracked on January 02, 2008 at 10:27 PM

« 一年の納めのエントリー | Main | 芸術に浸る新春 »