« 小沢辞任の後先 | Main | 民主党に期待すること。 »

November 06, 2007

それ兵の形は水に象る。

■ それ兵の形(かたち)は水に象(かたど)る。水の形(かたち)は高きを避(さ)けて下(ひく)きに趨(おもむ)く。兵の形(かたち)は実(じつ)を避(さ)けて虚(きょ)を撃(う)つ。水は地に因(よ)りて流れを制し、兵は敵に因りて勝(か)ちを制す。ゆえに兵に常勢(じょうせい)なく、水に常形(じょうけい)なし。よく敵に因(よ)りて変化して勝(しょう)を取る者、これを神(しん)と謂う。ゆえに五行(ごぎょう)に常勝(じょうしょう)なく、四時(しじ)に常位(じょうい)なく、日に短長(たんちょう)あり、月に死生(しせい)あり。
      ― 『孫子』「虚実編」
 今まで幾度も論じてきたように、政治家の資質の一つは、「柔軟性」である。雪斎は、この認識を何から得たかといえば、その一つが上に書き出した『孫子』の記述である。
 「それ兵の形は水に象る」とは、結構、雪斎には気に入りの言葉である。「兵」の目的は、勝利であろうけれども、それを手にするための「兵」の形は、変幻自在でなけれならない。
 近年、どの世界でも「ぶれない」ことが称揚される。だが、政治の世界では、このことには留保を付ける必要がある。政治家が「ぶれない」ことを要請されるのは、「国益を図る」という一点においてである。その一点さえ踏まえれば、どのようなオプションを持とうとも、それは広く考えられるべきである。福田総理が民主党との連立を考えたのも、その連立が数あるオプションの一つであったからに他ならない。世人は、連立云々という話に眼を奪われがちであるけれども、「その連立で何をしようとしているか」が重要なのである。
 故に、自民党一党優位体制lであろうが二大政党体制であろうが、そこでで問われるのは、「国益を守る」に際して、どちらが「有効な器」かということでしかない。「二大政党体制の実現を目指す」ということで「ぶれない」姿勢を強調するのは、政治家の在り方としては本末転倒であろう。雪斎は、昔日は熱心な「二大政党体制」論者であった。雪斎の「永田町」生活は、「自民党」本部ではなく「小沢・新生党」本部に通うこから始まったのである。今の気分はといえば、、「二大政党体制ですか…。何時か、そんな時代が来るといいですね…。それよりも、当面の課題を片付けるほうが先でしょう…。新テロ特措法を、何とかしないと…」という具合である。雪斎は、二年前の「郵政選挙」直後から、民主党との「協調」を説いていた。野党しての民主党が、昔日の社会党とは異なる「柔軟性」を発揮してくれることを期待したからである。だから、前原誠司代表期の民主党には本当に期待した。今は、もしかしら民主党に期待を持ちすぎたかもしれないと思っている。否、前原氏を初めとして若手議員数名には、まだ期待を寄せているが…。
 雪斎は、こういう政治における「変幻自在」を説く意味において、「ぶれていない」と思う。雪斎は、そのことには自負がある。そういえば、ニコロ・マキアヴェッリの臨終の言葉は、「私は私の魂よりも祖国を愛する」であった。イタリアの異民族支配からの脱却こそ、近代政治学の幕を開いた書を残した男の心中にあった動機である。「変幻自在」に振舞うためには、「核」が要る。しかし、往々にして、その「核」は、外からは見えないものなのである。
 ところで、昨日午後の報道によれば、加藤良三駐米大使が、「日米関係は困難な状況にある」と語ったそうである。一年余り前に、日米関係は「未曾有の良好さ」を保っていたはずであった。小泉純一郎時代の遺産は、また一つ消えようとしているのであろうか。

|

« 小沢辞任の後先 | Main | 民主党に期待すること。 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

雪斎さん

こんばんは。TBを送らせて頂きました。いつもながら、すいません。

柔軟に臨機応変に対応していくことが、事態の安定と着実なコントロール、経緯をみながらの柔軟な政策判断を可能にしますね。まさに、フクロウ型なんですが、これを追従だの、その場しのぎだのという批判は現実政治では、さほど問題ではありません。問題なのは、タカかハトか、保守かリベラルかというダイコトミー(二分法)的な思考が定着してしまっていることですね。この図式は、なんとか崩せないものなんでしょうか。。。

Posted by: forrestal | November 06, 2007 at 01:39 AM

>「二大政党体制ですか…。何時か、そんな時代が来るといいですね…。それよりも、当面の課題を片付けるほうが先でしょう…。新テロ特措法を、何とかしないと…」

二大政党制にしないと、明日にでも国がぶっつぶれるかも分からないというわけでもないので、やはり優先順位としては後でしょうね。
そもそも日本に馴染むのか?(二大政党制どころか民主主義が)という議論すらあるのに。

Posted by: あかさたな | November 06, 2007 at 01:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/16990762

Listed below are links to weblogs that reference それ兵の形は水に象る。:

« 小沢辞任の後先 | Main | 民主党に期待すること。 »