« 政治の「儚さ」、文化の「輝き」 | Main | それ兵の形は水に象る。 »

November 05, 2007

小沢辞任の後先

■ 小沢一郎氏が民主党代表を辞める意向のようである。驚きはない。小沢氏は、「そういう人」である。
 少なくとも、参議院選挙以降、民主党は「増長」し過ぎたという他はない。
 この二、三日の雪斎の「夢想」が実は「夢想」でなくなるかもしれないと考えることのほうが、却って驚きである。

 おそらく、小沢氏の次の行動は、次の二つの動機をどのように考えるかで決まるであろう。
 ① とにかく、「総理の座」に近づきたい。
 ② この身は、いかになろうとも、きちんとした政策実績をを残したい。
 小沢氏が採れるのは、次の三つである。
 a 民主党で「裏方」に徹する。
b 実質、民主党一議員になる。
c 民主党を最低十数名の同志と離党し、新党を結成する。自民党との提携を模索する。
 d 民主党に自分の持論を呑ませた上で、辞意を撤回する。
 この内、aでは、①は、小沢氏にとっては、自分の利益にならないことのために汗をかくことを意味しているけれども、小沢氏には、そういう自己犠牲的なことができるであろうか。 bは、小沢氏の政治上の「引退」を意味する。cは、小沢氏における①と②の動機は、かなり満足させることができる。。①が優先されれても、「小沢首班」の芽も残せるし、②が優先されれば、それは小渕恵三時代の「自・自・公」連立の再現になる。dは、ここまで明確に小沢氏が民主党に啖呵を切ってしまった以上、難しいであろうが、まだ小沢氏辞任が正式に了承された「わけではないので、その余地は現時点では残しておく。「自民・民主」大連立に向けた動きが始まる。
 結論からいえば、小沢氏にとって展望を開けるのは、c、dである。だが。実質上は、cである。雪斎は、小沢氏には、自分の政策を実現させることに意を砕くならば、決して「自・自・公」連立時代の日々も、悪くなかったはずだと思っている。この枠組の下で、「日米防衛ガイドライン」関連法案、「通信傍受」法案、「国旗・国歌」法案が続々と成立したからである。小沢氏が「普通の国」に向けた歩みに自ら関わっていると実感できたのは、この時期なのではないか。
 自民党にとって最も都合が佳いのは、小沢氏が「小沢首班」を望まず「政策の実現」だけを条件にして連立に乗ってくれることであろう。無論、自民党は、小沢氏に対して、「政策の実現」だけではなく「仲間の処遇」においても最大限の配慮をしなければならないけれども、事態が劇的に好転するのは間違いない。政治家は、法案を成立させてなんぼの商売である。

■ 一昨日、サントリー・ホールに出かけた折、今月下旬に「マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団」のコンサートが開かれることを知った、「不覚…」と率直に思った。慌てて、残余が少ないと思われるチケットを確保した。「ブルックナーの第7番」が「バイエルン」で聴けるのは、かなり貴重である。
 因みに、来年秋から再来年冬にかけてのシーズンのほうが、見物は多い。
 「マリス・ヤンソンス&ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団」も予定されている。

|

« 政治の「儚さ」、文化の「輝き」 | Main | それ兵の形は水に象る。 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

http://blogs.yahoo.co.jp/ryu543212001/26091652.htmlに多少書いたのだが 山田洋行とそれに連なる官僚・政治家を政権が粛清してるのは当然 米国政権との合意に基づいているので 今度はGE社サイド米国サイドからのリークが予想される そうすると本丸は金丸・小沢・中西・田村ラインだが2名は故人 田村氏は引退 あまり米戦略の足を引っ張ったり 事務次官や官僚の証人喚問などとはしゃいでると民主党は 自分の党が疑獄の餌食となる 小沢氏の動きも上記に無関係とは思えない 前もっての 例えば16人参院議員を集めるなどの準備も無しに 行動したあたりは ずいぶん性急に過ぎるし これは木曜クラブ在籍時 ロッキード事件をまのあたりにした者しか分からない 政治生命に危機を感じる状況なのではないでしょうか

Posted by: Ld. Ryu | November 06, 2007 at 12:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/16971496

Listed below are links to weblogs that reference 小沢辞任の後先:

» 党首会談で連立協議→小沢代表辞意表明 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
これはびっくりしましたねえ、フフン♪ ***♪よとういり話♪ おざわ おざわ おざわ 早いよとういり話は おざわ おざわ おざわ ともに党がゆれるだけ 今日もみわたすかぎりに 身内の責めがうねる 数のゆがみの中で おざわ おざわ おざわ 早いよとういり話は おざわ おざわ おざわ ともに党がゆれるだけ むかし羽田とよとうから おざわがでていった 数のゆがみの中で おざわ おざわ おざわ 早いよとういり話は おざわ おざわ おざわ ともに党がゆ... [Read More]

Tracked on November 05, 2007 at 10:31 PM

» 民主党崩壊寸前 続報 [日本リフレッシュ! 笠哲哉公式ブログ]
font size=3 前エントリーhttp://blogs.yahoo.co.jp/ryu543212001/26315363.htmlは記者会見の前にアップしたので予測記事になってしまい 多少荒さがあったので 続報する 前エントリーでは「次期衆院選での不調の予測が小沢氏をして連立の検討をさせた」と書いたが 記者会見では民主党の政権担当能力への疑問にまで踏み込んでいた また この大連立の呼びかけがあたかも小沢氏サイドが言い出したかのようなマスコミの歪曲報道に関しての批判があっ..... [Read More]

Tracked on November 05, 2007 at 11:50 PM

» 小沢代表:連立から辞任へ [forrestal@回顧録]
■今後、民主党は、どうなってしまうのだろうか・・・小沢民主代表: 辞意表明 「連 [Read More]

Tracked on November 06, 2007 at 01:31 AM

« 政治の「儚さ」、文化の「輝き」 | Main | それ兵の形は水に象る。 »