« September 2007 | Main | November 2007 »

October 31, 2007

福田康夫と小沢一郎の「人間関係」

■、政治の世界では、「潮流」というものは、突如として変わる。これもまた一つの事例であろう。
 □ 小沢代表「協力できることは協力」、首相と初の党首会談
             10月30日13時58分配信 読売新聞
 福田首相(自民党総裁)と民主党の小沢代表は30日午前、国会内で初の党首会談を行った。
 首相は、インド洋における海上自衛隊の給油活動を継続するための新テロ対策特別措置法案について「協力して欲しい」と要請した。
 小沢氏は「特措法は認められない」と反対した。ただ、小沢氏は「一般論として協力できることは協力する」と語り、政府・与党との協議に柔軟に対応する考えを示した。
 首相は再会談を要請し、小沢氏は受諾した。再会談は11月2日で調整している。参院での与野党逆転で混迷が続く臨時国会は、事態打開に向けて動き出す可能性が出てきた。
 会談は、午前10時から国会内の常任委員長室で行われた。最初の約10分は自民、民主両党の幹事長、国会対策委員長が同席し、その後、首相と小沢氏だけで45分程度会談した。

 □ 首相が国会運営の新ルールに意欲、小沢氏と合意めざす
                  10月31日1時4分配信 読売新聞
 福田首相は30日夜、11月2日を軸に調整している小沢民主党代表との再会談について、「(衆参で第1党が異なる)この状況を何とかして打開するつもりで努力する」と述べ、与野党間の新たな国会運営のルールや協力体制の構築に向け、小沢氏と何らかの合意を目指したいとの考えを示した。
 首相官邸で記者団に語った。
 首相は、「(国会は)新しい状態だ。そういう状況の中で政治を進めるのは何か工夫しなければ出来ない」と強調した。その上で、与野党間や政府・野党間で協議機関などを設置するかどうかについて、「(小沢氏とは)そういうことについても話をしていかねばならない」と述べた。
 首相は30日の党首会談で、小沢氏に対し、「衆参ねじれの中で新しい政治の動かし方を考えたい」と提案しており、再会談で小沢氏から前向きな対応があることを期待している。

Continue reading "福田康夫と小沢一郎の「人間関係」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 30, 2007

「石油の一滴は血の一滴」

■ この事件の意味を真剣に考える必要がある。
 □ 日本のタンカー、海賊がソマリア沖で乗っ取る
10月29日20時59分配信 読売新聞
 【シンガポール=花田吉雄】国際海事局(IMB)海賊情報センター(クアラルンプール)によると、アフリカ東部ソマリア沖のアデン湾で日本時間28日午前11時16分、パナマ船籍で日本企業が所有するケミカルタンカー「ゴールデン・ノリ」(6253トン)から、「海賊に乗っ取られた」との救難信号が入った。
 乗組員は韓国人、フィリピン人、ミャンマー人の計23人で、日本人はいない。インド洋での海上阻止行動に参加しているパキスタン海軍の艦船が追跡したが、タンカーはソマリア領海に入ったといい、同センターは米海軍など周辺国に事件発生を連絡、協力を要請した。
 ソマリア近海では近年、組織化された海賊による船員の誘拐や人質事件が多発している。IMBによると、今年1月から9月末までの間に、未遂も含め26件の海賊事件が発生している。
最終更新:10月29日20時59分

Continue reading "「石油の一滴は血の一滴」"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 29, 2007

箱根八里は…

■ 本日午前七時過ぎ、『朝日新書』から出す書の一章分、50数枚が脱稿する。
 七月以来、4ヵ月が費やされた作業であった。時間が掛かり過ぎたと思われる。
 書いて削っての作業を延々と繰り返した。実際には100枚分は書いていたかもしれない。
 ふと、『箱根八里』のメロディーが頭の中を駆け巡る。執筆作業の最大の「難所」を越えた気がする、あと60枚で二年がかりの作業も終わりである。もう、ひと踏ん張りである。一冊の書を仕上げる作業は、山登りと同じ趣である。
 本日午前は、のんびりとメジャー・リーグの「ワールド・シリーズ」を観戦することにしよう。

箱根の山は天下の険
函谷関も  ものならず
万丈の山  千仭の谷
前に聳え  後方に支う
雲は山をめぐり 霧は谷をとざす
昼なお暗き  杉の並木
羊腸の小径は  苔なめらか
一夫 関にあたるや 万夫も開くなし
天下に旅する 剛毅のもののふ
大刀腰に  足駄がけ  
八里の岩根  ふみならす
かくこそありしか  往時のもののふ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 28, 2007

秋の夜の二題

■ 雪斎にとっては、ブログも活字メディアに寄せる原稿も、世人に「思考の材料」を提供するためにあるのである。だから、読む人々が雪斎の言論を受け容れるかは、二の次である、雪斎は、「新興宗教の教祖」ではない。雪斎の言論に簡単に同意するとか賛成するとかと反応してもらうのは、雪斎の本意ではない。
 故に、一番、寂しいのは、次の二つの種類のコメントを眼にすることである。
 ① 明らかに文章をきちんと読んでいないと思われるコメント
 ② 捨て台詞の類で終わるコメント
 ①に関しては、コメントを付すのであれば、きちんと読むのが礼儀であろうといいたくなる。活字メディアの原稿ものブログも、書く時間と労力に比べれば、読むために費やされる時間と労力は、はるかに少ない。何をけちっているのかと思うわけである。②は、「自らの『質』『の悪さをわざわざアピールするような振る舞いに及んで恥ずかしくないか」と書けば充分であろう。人間の世界では、「仮想世界」と「現実世界」が完全に峻別できるという考えは、率直に甘い。「仮想世界」での態度などは「現実世界」での態度の反映でしかない。どちらも「同じ人間」のやることであるからである。
 雪斎は、幾度も書くけれども、読む人々に「思考の材料」を提供しているのであって、「感情の満足」を提供しようとしているのではない。雪斎の言論には、近年、「右」の方からの批判が多いけれども、その理由は、要するに彼らに「感情の満足」を提供しないからに他ならない。「自分が賛成しない言論」に「論理破綻」だとか「妄論」という言葉を投げつけるのは、無礼の極みであることを指摘しておく。こういう無礼を働く御仁が、日本の「美風」を唱導するのであるから、お笑いと呼ぶ他はない。
 ということで、このブログも再来月には開設四年目に突入である。活字メディアでの言論活動を始めてからも、十数年の歳月が経とうとしている。何時まで続くのかなと思う。

Continue reading "秋の夜の二題"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 25, 2007

輜重輸卒が兵隊ならば…

■ 一言だけを書く。
 □11大使が31日に合同説明会 11大使が31日に合同説明会 国会議員に給油継続訴え
 インド洋での海上自衛隊による給油活動継続の必要性を訴えるため、米英両国やパキスタンなど計11カ国の駐日大使が31日、与野党国会議員を対象にテロ掃討の「不朽の自由作戦」(OEF)や海上阻止活動に関する合同説明会を都内のカナダ大使館で開催することが24日、決まった。新テロ対策特別措置法案の早期成立に向け、「有志連合」が政府を援護する。
 参加国はこのほか、イタリア、ドイツ、フランス、スペインなどでいずれもアフガニスタンやインド洋に部隊派遣している。シーファー米大使も出席するが、給油活動は「対米支援」との印象を避けるため「極力発言は控える」(在京外交筋)意向だ。
 説明会ではOEF、海上阻止活動に従事している英海軍幹部らが、具体的な活動内容や海自による給油活動の意義を解説。議員側からの質問も受ける。国会日程に影響が出ないよう午前7時半から開始する予定。
        2007/10/24 16:55 【共同通信】

 このミーティングには、民主党は議員を送り込むのであろうか。イラク戦争時には、米国と衝突したフランスやドイツも加わっているオペレーションから抜けるべき理由は、率直に理解しがたい。
 それにしても、日本における軍事の歴史では、ロジスティクス部門は軽視されてきた。く「輜重輸卒が兵隊ならば蝶々蜻蛉も鳥のうち」の言葉も示されるように、第二次世界戦中の日本軍全体にはびこっていたロジ軽視の思考は、インパール作戦の失敗などの事例を通じて幾度となく批判されてきた。今、多くの国々が期待しているのは、その日本のロジ活動なのである。雪斎も、時代は変わったものだと詠嘆する。日本の人々は、このことを喜ぶべきであろうか。雪斎は、率直に喜ぶべきだと思う。故に、日本は、そのロジ活動を堂々と進めるべきであろう。それとも、小沢・民主党は、「テロとの戦い」の前面に立たなければ「普通の国」の軍隊ではないと唱えるつもりであろうか。それこそ、「輜重輸卒が兵隊ならば蝶々蜻蛉も鳥のうち」と同じ発想でははないのか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 24, 2007

子供にカネを掛けない国家

■ 昨日のエントリーの続きである。次の二つのデータを参照してみよう。
① 少子化対策公的支出の国際比較
② 学校教育費対GDP比の国際比較

Continue reading "子供にカネを掛けない国家"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

October 23, 2007

校庭の芝生

■ 「校庭」を芝生張りにする学校が増えているのだそうである。昨日のNHKニュースでも繰り返し報じられていた。こういう記事も、見つかった。
 □ 長野・南牧村の小学校が全面芝生に。運動会を裸足で(長野)
 南牧村の村立南牧北小学校の校庭が2学期から芝生に変わった。砂を敷いたトラックとフィールドの走路・着地部を除き、鮮やかな緑が約0・5ヘクタール広がる。遊具があるコーナーも含め、隅々まで芝が生えそろう。村によると、全面芝生の校庭は県内初という。93人の児童は、はだしで校庭に出て、心地よい素足の感触を楽しんでいる。(新開収)
 全面の芝生は村が2200万円をかけて整備した。今春、4種類の洋芝の種を混ぜてまき、1学期中かけて成長させた。スプリンクラー6基も備えており、芝の管理は業者の担当だが、児童らも草取り手伝うなどして校庭の手入れを行う。
 冬の気温が氷点下20度を下回ることもあるが、この芝は枯れることなく、冬も緑色を保つという。「雨で泥んこにならず、風が吹いても砂ぼこりが立たない。緑もきれいで、実に快適」と浦野紀和校長。5年生の江川史織さんも「フカフカしていて好き。はだしだと動きやすい」と気に入っている。
 22日には、保護者らへのお披露目を兼ね、秋の運動会を「はだしの運動会」と銘打って開いた。
 希望により運動靴を履いた子もいたが、基本的には、地面がむき出しになったトラックを走る「かけっこ」も含め、組み体操や棒倒しなど21種目すべて、はだしで行った。地面と違い表面がやわらかいので、児童たちは転倒によるケガの心配も忘れ、思い切り体を動かしていた。
            (2007年9月26日 読売新聞)

Continue reading "校庭の芝生"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

October 22, 2007

老荘の世界と「統治」

■ 最近、『老子』に関する書を読む機会があった。
 今、『朝日新書』から出す書を執筆中であるけれども、この執筆の都合上、『老子』を含む道家の書を二、三、読んでいるのである。大体、兵法書『孫子』も、道家思想の影響を色濃く反映した書であるとされているから、これを理解しようと思えば、本来、『老子』を読んでいなければ話にならないのである。

Continue reading "老荘の世界と「統治」"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 18, 2007

テロ対策の意味

■ 従来型の「国家間戦争」とテロリズム制圧を比べれば、テロリズム制圧のほうがはるかに難しい営みである。
 たとえば、次のように考えてみる。
 国家間戦争・・・・・猛獣退治のスタイルである。
            「猛獣」の心臓か脳天を撃ち抜けば、総てが落着する、
            / 敵国の「政治中枢」さえ潰せば、戦争は終わる。
 テロリズム制圧…「毒蜂」退治のスタイルである。
            「毒蜂」は、うっかりすると、窓の隙間辺りから入り込んでくる。
            一匹や二匹の「毒蜂」を退治したところで、解決にはならない。
            「巣」を見つけても、「巣」を力任せに壊すという対応は採れない。
 こうしてみると、「毒蜂」退治には、「猛獣」退治とは明らかに異質の対応の仕方が要請される。

Continue reading "テロ対策の意味"

| | Comments (3) | TrackBack (1)

October 17, 2007

平和主義者の「固陋」

■ 日本の安全保障論議を考える上で、こういう記事は害悪しか意味しないであろう。「しんぶん赤旗」の記事である。
 □ 9条の国で 2007 過半数世論めざし 彼が戦地へ!? それ絶対反対 旭川で広がる女性の運動
 こういう記事の趣旨は、「教え子を戦場に送るな」を髣髴させる古色蒼然としたスタイルである、
 

Continue reading "平和主義者の「固陋」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 16, 2007

五つの「交響曲第5番」

■ この一週間に聞いた「交響曲第五番」である。
 ① ベートーヴェン   交響曲第五番
    ベルナルト・ハイティンク
    ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団
 ② チャイコフスキー 交響曲第五番
ヘルベルト・フォン・カラヤン
     ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ③ ブルックナー   交響曲第五番
    ギュンター・ヴァント
     ⅰ ケルン放送交響楽団
     ⅱ ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
     ⅲ ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
 ④ マーラー     交響曲第五番
     レナード・バ-ンスタイン
    ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ⑤ ショスタコーヴィッチ 交響曲第五番
     キリル・コンドラシン
     モスクワ・フィルハーモニー交響楽団
 それぞれの「交響曲第五番」は、それぞれの作曲家にとっての傑作と位置付けられることが多い。

Continue reading "五つの「交響曲第5番」"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 15, 2007

「現実」と「常識」に根差した思考

■ この記事は、何を意味しているのか。
 □ 新テロ法案、賛成44%=反対は28%-時事世論調査
             10月13日15時0分配信 時事通信
 時事通信社が13日まとめた世論調査結果によると、インド洋での海上自衛隊による給油活動継続のための新テロ対策特別措置法案について、「賛成」と答えた人は43.7%で、「反対」の28.0%を大きく上回った。「分からない・その他」は28.4%だった。同法案は17日に閣議決定される予定。同法案に対し民主党は強く反対しているが、政府は世論の支持が広がるよう「最大限の努力を行う」(町村信孝官房長官)としている。 

Continue reading "「現実」と「常識」に根差した思考"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

October 12, 2007

小沢一郎の論理・続

■ 雑誌「世界」に掲載された小沢一郎氏の論稿を読む。他の人物に宛てた書簡という体裁を採った論稿は、4ぺージに渡って掲載されている。雑誌全体の方向が、「小泉・安倍からの転換」であるから、小沢論稿も、そうした「転換」の中に位置付けられたのであろう。雪斎には、山口二郎教授のインタヴュー記事が興味深かった。
 小沢論稿には、「首肯できる」部分もある。政治家としての発言ではなく、一介の知識層としての発言ならば、それなりに面白いものがある。
 ただし、小沢氏の議論は、参議院半数近くの議席という「権力」に裏付けられた政治家の発言である限りは、かなり困惑させられるものである。「小沢氏が考えていること」と「実際に採り得る(採られるべき)政策上の選択肢」の間には、かなりの懸隔がある。

Continue reading "小沢一郎の論理・続"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

October 11, 2007

小沢一郎の論理

■ 今月の論壇では、間違いなく次の話が大いなる話題になることであろう。
 □ 政権取れば国連部隊に参加=テロ対策で論文寄稿-小沢氏
                 10月5日21時1分配信 時事通信
 民主党の小沢一郎代表は9日発売の月刊誌「世界」に、インド洋での海上自衛隊の給油活動継続問題に関する論文を発表する。論文では給油活動に反対する理由を改めて説明する一方、国連決議に基づいてアフガニスタンで活動する国際治安支援部隊(ISAF)について「私が政権を取れば参加を実現したい」と明記している。
 論文は「今こそ国際安全保障の原則確立を」と題し、国連関係者の論文への反論の体裁を取っている。政府の新テロ対策特別措置法案の国会提出を前に、ISAF参加を「対案」として示すことで、政権担当能力をアピールする狙いもありそうだ。

Continue reading "小沢一郎の論理"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

October 10, 2007

読売新聞のコラム

■ 前に、「雪斎、勘助、官兵衛」と題したエントリーを書いた。そこで言及した読売新聞T記者のコラムが、先刻、ようやく世に出た。

Continue reading "読売新聞のコラム"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

October 08, 2007

毎日新聞のコラム

■ 雪斎と同じことを考えていた方がいたようである。
 □ <発信箱>保守論壇の人々=与良正男(論説室)
2007年10月8日 毎日新聞
 「リベラル派のあなたから評価されてうれしい」。安倍晋三前首相からこんな電話をもらったのは昨年10月だった。首相就任直後、安倍氏がこれまでの持論を抑え、日中、日韓首脳会談を実現させたことを私は本欄で高く評価した。それを読んでの電話だった。
 安倍氏はこうした「気配り電話」を年中、かけていたのだろう。「いい人」なのだなあと思ったものだ。
 先月初めには安倍氏は決して「戦う政治家」ではなく、本質は調整型の人だとも書いた。辞任表明はその翌週。結局、参院選大敗という状況を乗り切るには、いい人過ぎたのだと今思う。
 月刊誌などにあふれる保守論壇の人々の「安倍」論をかいつまんで言えば、「戦後レジームからの脱却」路線はまったく正しかったが、徹底しなかったからだめだったということになる。あるいは、その路線を快く思わない一部マスコミが年金や政治とカネの問題を騒ぎ立て、引きずり降ろしたのが悪いとも。
 これを、ひいきの引き倒しと言う。私のように安倍氏の柔軟さに期待した人も多かったはずだ。みなさんがあおり続けた「脱却路線」を、もし国民の大多数が支持していたのならスキャンダルも吹き飛ばしていたのではなかろうか。
 一方、福田康夫首相への保守論壇の見方は手厳しい。これも要約すれば福田氏は親中派で北朝鮮との対話重視派だからけしからんという話のようだ。まだほとんど何もしていないうちから、なぜ、そんなに単純に決めつけたがるのだろう。
 政治というのはもう少し複雑なものだと私は思っています。(論説室)

Continue reading "毎日新聞のコラム"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 05, 2007

解せぬ話

■ 「個人投資家」である雪斎にとっては、理解しがたい話がある。次のような記事が『毎日』によって配信されている。昨日午後七時のNHKニュースのトップ項目として伝えられた。

Continue reading "解せぬ話"

| | Comments (6) | TrackBack (1)

October 02, 2007

「お手並み拝見」の意味

■ またまた今週は更新しないという前言を撤回するエントリーである。
 福田康夫総理の所信表明は、予想通り、地味なものであった。
 野党の反応の中でも、綿貫民輔国民新党代表の反応は興味深かった。曰く、「政治家は政治思想家ではないl。…お手並み拝見だ…」とのことである。何とも味わい深い反応である。
 今、解散総選挙に踏み切れば、立場上、険しいのは、民主党である、次の選挙は、自民党にとっては、「負けなければ勝ち」という選挙であるけれども、民主党にとっては、「勝たなければ負け」という選挙である。民主党にとってのハードルが、高いのである。こうした情勢を冷静に見据えた上で、「解散・総選挙を」と民主党が唱えているのであれば、民主党の「地力」も着実に付いていると判断できようけれども、そうでないならば、民主党にとっては、解散・総選挙それ自体が「退潮を告げる鐘」になりかねない。「お手並み拝見」というのは、民主党にとっても同じことである。
 福田総理の執政には、多分、次のような「裏」の意味合いがある。「福田内閣は、民主党と大差ないことを推進する。われわれに民主党が協力しないのであれば、それは、自ら掲げた政策の推進に異を唱えるということである」。民主党にも、難しい局面が始まっている。

Continue reading "「お手並み拝見」の意味"

| | Comments (5) | TrackBack (1)

October 01, 2007

秋の三題噺

■ 今週一杯、エントリー更新を停止するので、その前に二言、三言を書く。
 ① 「モノ」語りである。過日、下記の「モノ」を入手した。
  ● フレェイ 骨伝導ヘッドホン Filltune BCHS-FT001  
  「鼓膜」を使わないで聴くための骨伝導ヘッドホンである。
  これは、中々の「モノ」である。耳栓をしたままで聴くと、音の広がりがかなり感じられれる。
  クラシック系はともかく、ハード・ロック系を聴くような人々には、「鼓膜」を傷めないためにも、有用なものであろう。クラシック系だとピアノやバイオリンのような「器楽曲」だと、すっきりと聴ける。「交響曲」は、ちょっと苦しいような気がする。。
 それにしても、耳栓をしたままで音楽を聴くという感覚の奇妙なことよ。これで理屈上、年を取って聴力が衰えても音楽を楽しめるわけである。「技術」は、確かに人間の生活を変えるものである。いい「モノ」を手に入れたと思う。
  

Continue reading "秋の三題噺"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »