« 売家と唐様で書く三代目 | Main | 「米飯と紫葉漬け」の統治 »

September 14, 2007

「福田総理」への道

■ 今日も一言だけを書く。
 「ポスト安倍」は、福田康夫元官房長官支持の動きが急速に広がっているようである。
 小泉純一郎前総理の「福田支持」明言が一気に流れを作ったようである。
 雪斎は、「福田総理」誕生なら、それを歓迎する。
 実際のところは、雪斎は、「永田町」の重鎮政治家の中では、福田氏には山崎拓氏と並んで親しみを感じてきた。福田氏は、色々な意味で「中庸を得た」政治家である。色々なところに目配りをした統治が行われるであろうと期待できる。
 「福田で次の選挙で勝てるのか…」という懸念があるのは、承知している。しかし、自民党にとっては、次の選挙は「負けなければ勝ち」という選挙なのである。福田総裁になれば、自民党は「負けない」体制を構築すればよいのである。
 それにしても、麻生太郎幹事長の党内人気が、ここまで乏しいとは、意外であった。多分、幹事長就任以後の言動が嫌われたのであろう。麻生後継は、既定路線だったと思うのであるけれども…。
 もっとも、この展開には、保守論壇方面は、歯軋りしていることであろう、。
 だが、そうしjた保守論壇方面の言う事など、無視すればよろしい。安倍総理の執政を頓挫させたのは保守論壇方面にも責任があるということを自覚しない御仁達には、救いはない。
 雪斎は、幾度も書いている。
 「『思想』を実現するために『政治』があるのではない。『政治』を解釈し、説明し、そしてそれに幾分かの影響を与えるために『思想』があるのである」。
 その点、安倍総理は、自分の保守「イデオロギー」に引っ張られすぎた。「お友達内閣」といっても、自分の保守「イデオロギー」に近い人々だけを重用したというのが、実態であった。
 今度こそ、「イデオロギー・フリー」の重厚な統治を観たいものである。

■ 追記、コメントを三件、誤って削除したようである。
 コメントを寄せた各位にお詫びする。

|

« 売家と唐様で書く三代目 | Main | 「米飯と紫葉漬け」の統治 »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

保守論壇やネット右翼からは麻生さんはナショナリストだと思われてますが、彼の著書を読んだ限りでは、むしろ吉田茂の影響を受けた自由主義者、小日本主義者ではないかと思いました。
だから麻生政権が誕生したとしても、保守論壇方面は、歯軋りすることになるでしょうね。w

Posted by: Baatarism | September 14, 2007 at 12:29 PM

現代日本で、前世紀的意味合いでの「保守」と「革新」が
生き残っているか疑問に思います。
日本の人口動態の現状や、国富と国際的位置を考えれば
保守化するのが当然ではないかと。
若年層が相対的に少数派であり続けるだろうこれからの
数十年間、「先進国クラブ」に対する国際的な下克上でも
起こらない限り、「今持っているものを離さない努力」が
政府に対する国民の基本スタンスの一つになるのではないでしょうか?
今日とさほど変わらず、予測可能な明日を(そして今日よりも幾らか良い未来)を期待する「普通の人たち」が、理想を振りかざす手合いに支持を与えるとも思えません。
北朝鮮による拉致が発覚してから「国家こそが日々の安全を護る拠り所である」ことが周知されたことから、安全保障の拡大と同じ速度で広義の社会保障の高度化も求められると思います。
そういう意味で、私は民主党政権下で雇用・年金改革と同時に、「国家警察創設」が行われても驚きません。

Posted by: TOR | September 15, 2007 at 01:59 AM

佐伯啓思先生が本日2007年9月15日朝日新聞朝刊文化面で『保守理念を放棄した自民党』との論考を書かれていますが、佐伯先生は「『思想』を実現するために『政治』がある」とお考えなのかなと思いました。
神ならばいざ知らず、人間は『現実』をありのままに受け入れる能力がないから『思想』で解釈するしかないのだと思いますが、論壇方面では『思想』にそれ以上の情緒を感じていらっしゃるのでしょう。w それだと『思想』の根拠を問わない怠惰な態度に堕する危険があると思いますけどね。

Posted by: 通りすがり | September 15, 2007 at 10:58 AM

こんばんは、雪斎さん。

福田、山崎両氏に親近感を覚えるとの話ですが、それは雪斎さんが嫌いであろう「民族系保守派」が彼らを毛嫌いしてるからというだけの理由では、北朝鮮に対して強硬姿勢だからという理由で一部の政治家を支持している「民族系保守派」と何も変わらないのではないですか?

私は普段は雪斎さんの「現実中道派」に親近感を覚えることの方が多いのですが、こと「民族系保守派」という存在がかかわると、彼らを嫌う「現実中道派」としてのポジショントークになりがちではないでしょうか。

私が不勉強なだけかもしれませんが、福田、山崎の両氏が、小泉時代の5年間を通して外交、内政ともに国益にかなう結果をどのくらいあげたかといえば、もちろん麻生さんがついた役職との違いもありますが、あまり記憶にないところではあります。(年金未納問題で菅氏の首をとったというのは功績の一つですが…。)

仮に福田氏を支持するのであれば、彼のこの政策によるこの結果をもって支持するといういつものスタンスでお話しをしてほしいです。

Posted by: for | September 15, 2007 at 08:47 PM

麻生氏は小派閥のくせに政調会長、総務相、外相、幹事長と、日の当たる道を歩いていたことが嫌われたのでしょう。げに恐ろしきは政治家の「嫉妬」です。
私個人的には、小泉氏が塗り替えたはずの「日本のリーダー像」が福田氏の登場で退行するのは感心しません。
かつて父・赳夫元首相は「日本経済は全治3年!!」と言い切りましたが、息子にその度胸はなさそうです。

Posted by: who | September 16, 2007 at 01:20 AM

政府・自民党がここまで追い込まれ 挙党体制以外に政府の下支えが不能である以上 福田先生以外の選択はありえなかったでしょう 勿論 政治家としての主張や持論もお持ちでしょうが 清和研究会もまた他の政策集団も組織的に 新総裁を支える以上 福田先生が我を張るわけもなく 小泉安倍政権とは総理と党の関係やリーダーシップの内容に於いて もう一味違った政権になるという意味でも 御指摘の中庸と言うスタイルが一定の安定をもたらすやもしれません
マスコミや広報 また論壇に踊らされ あるいは政権自身が自らの趣味嗜好に流れる傾向が続きましたが
保守本流そのものである福田先生は 必要な予算措置をともなう国家政策を 世論におもねず進めることでしょう

Posted by: Ld.R | September 16, 2007 at 08:34 AM

安倍総理の問題点は「イデオロギー」だったんでしょうか。
むしろ、対話能力と政治技術の低さによる問題が大だったのではないでしょうか。
小泉流の一点突破からはあまりにも程遠い、「安全で長期的な政権運営」への「色気」をもちすぎたことが失敗の原因のように思えます。
内閣などいつ総辞職でもかまわない、自民党などいつ崩壊してもかまわない、そういう気迫がなさすぎました。
自民党の存在と安泰を所与の条件として考えるという姿勢にこそ問題があったのであり、イデオロギーがどうしたこうしたというのとは違うと思います。

もう一点。
福田康夫は山崎拓よりはずっと格上だと思います。山崎と違って、福田は「色気」を制御できる人物ですから。

Posted by: 妖怪 | September 16, 2007 at 11:15 PM

 雪斎和尚さま、おじゃまします。

 「イデオロギー・フリー」というか、「ナルシズム・フリー」の政治であってほしいですね。
 安倍首相の「美しい国」という言葉は、やはり、自己愛の延長である国家愛で、その対極が、自己愛の延長で国家否定型の空想的平和論者なのでしょう。ナルシストとしては同じ分類に属すかもしれません。しかし、後者より前者の方がはるかにマシですが、現実は苦さに耐えられないのですね。

 「自由と繁栄の弧」とかくだらないおしゃべりをせず、ニコニコ愛想を振りまきながら、隣国の自然瓦解を助長もせず、手助けもしない、そういう日本国政府であって欲しいと思います。

Posted by: しまだ | September 17, 2007 at 01:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/16442708

Listed below are links to weblogs that reference 「福田総理」への道:

» 小沢民主党がカレーライスなら、福田自民党はライスカレーだ。 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
 国論を二分しているのは、改革を続けるのか、中断するかだ。格差の補正はあるにしても、それでも続行するか、やめてしまうのかの議論だ。ふたつめの論点は、憲法改正だ。教育改革にも連動するから国家観、歴史認識と呼んでもいい。小沢民主党は、党内は分裂気味だが、改革中断、護憲といっていい。自民党も、さらに激しく分裂していて、その左側の連中が寄せ集まって福田自民党をつくろうとしている。したがって、これもまた、改革中断、護憲だろう。看板は中間色でも実態はおなじだ。  民主党には辛光洙の逃亡を手引きした菅...... [Read More]

Tracked on September 14, 2007 at 05:43 PM

» 福田氏が最有力候補浮上自民総裁選きょう告示 [Star Prince JUGEM]
与謝野氏が出ず福田氏が後継首相最有力候補に 麻生氏は安倍政権の連帯責任や問題発言の多さ、古賀谷垣山崎氏との折り合いの悪さ等があり、福田氏に安定政権の期待がかかるのは自然。海外でドル円上昇115円台 米国株上昇で来週18日のFOMCそして18日以降米国重要経済指標発表目白押し 日本経済日本株が安定を取り戻すか 高額消費の話題をよく聞くが昨日のお昼やんもでさんま焼き定食を食しましたが2940円のランチがよくでていて景気がいい人が多いらしいと感じました。季節のかますもお品書きにあり次回はかますを食すことに... [Read More]

Tracked on September 14, 2007 at 09:14 PM

» 自民党総裁選告示 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
安倍晋三首相の辞任表明に伴う自民党総裁選が14日告示され、福田康夫元官房長官と麻生太郎幹事長が立候補しました。 福田さんが優勢のようですが、とにかく次の総裁に1曲捧げましょう♪ ***♪たしかなこと♪ 大波乱の国を見ていた 走り過ぎてゆく人の中で 争いは絶えないから 政治の役割に 気づかないんだろ 党を超えて国を愛せるか ほんとうに国を守れるか 安倍を見て考えてた 国のために 今何ができるか 忘れないで どんな時も きっと支持はあるから そのために彼らは この国で 同じ... [Read More]

Tracked on September 16, 2007 at 12:09 AM

» 自民党立会演説会 [Star Prince JUGEM]
自民党立会演説会をNHKの中継で見た。印象として違いが鮮明ではないし麻生氏は朝のサンプロ同様今ひとつ。幹事長としての責任ある発言がもっと期待されていると思いますが。福田氏優勢は動かないと見ました。8時から渋谷で街頭演説をするらしい。 その後NHKニュースで朝の日曜討論で公明党北側氏が影山さんと高齢者医療制度の変更見直しを語るところ等が流れ他がさらに参議院選挙報道の裏側というものが放映され知人の正籠君がデスク(総責任者)として焦点を当てられた番組が流れました。近所ではお祭りが行われていますがしばらく... [Read More]

Tracked on September 16, 2007 at 03:51 PM

» 世論は読売新聞・日本テレビが捏造する [言語学研究室日誌]
あちこちにコピペされているジャーナリストの投稿です。これはひどい。そういえば、「世論はテレビが作る」といった屑放送人がかつていましたね。今、テレ朝を見ていますが、テレ朝にも飛び火したようです。私 は、現在ジャーナリストとして論文を発表している....... [Read More]

Tracked on September 18, 2007 at 03:50 PM

« 売家と唐様で書く三代目 | Main | 「米飯と紫葉漬け」の統治 »