« 負けに不思議の負けなし。 | Main | 時評論文の難しさ »

July 31, 2007

蟻の一穴

■ 原稿執筆作業がどかっと降りかかっている。
 故に、一言だけを書く。
 安倍晋三総理は、「続投」を表明した。雪斎は、「理」としては、その判断は当然であると評価するけれども、「情」としては、「勝手にどうぞ」と突き放したい気もある。此度の選挙の敗北の種を蒔いたのは、郵政「造反」組を復党させた総理自身である。それが、安倍総理の政治指導に対する国民的熱気を冷ます「蟻の一穴」であった。
 ところで、自民党の議席が30近く減ったということは、議員本人に加え少なくとも秘書三名、総勢百数十名が失職することを意味する。振り返れば、「永田町」くらい身分の不安定な仕事もない。メディアは、落選した議員の嘆きは伝えるけれども、その秘書たちの「失職」までは伝えない。雪斎も、一応、安住の地を得たので、また「永田町」に戻る気はない。雪斎も、2000年6月の選挙で失職したけれども、その時の「衝撃」はかなりのものであった。
 安倍晋三総理は、「続投する」というけれども、そのことに、「百数十名の首が飛んだ」事実への認識は、どこまで反映されているであろうか。「選挙に負ける」ということの意味は、そういうことである。

|

« 負けに不思議の負けなし。 | Main | 時評論文の難しさ »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

お忙しそうですね。
カールゴッチさんの訃報が残念でして、この悲しみを雪斎殿なら共有していただけるかと・・・。美しいプロレスでした

 安倍ちゃんは「美しい国」といいましたが、国民の方が「美しかった」ということでしょうね。「美しい国」と言った以上、自民党に僅かな嘘や、曖昧も許さないのです。

Posted by: SAKAKI | July 31, 2007 at 10:38 AM

雪斎さん

こんにちは。

TBを送らせて頂きました。すいません。

原稿執筆、お疲れ様です。又、楽しみにしております。

民主党に、特に、自民党には、喝を入れてやってください。

Posted by: forrestal | July 31, 2007 at 12:18 PM

安倍氏のコミュニケーション能力に欠陥もありますが、私は、1年も務め上げていない総理大臣に対して、たった1度の、それも参議院選挙で負けたからといって、辞めろと要求することがそもそもおかしいと思います。辞めろと声高に要求している人は、自民党の中も外もマスコミも、極めて政治的に自らの利害のために、叫んでいるのであって、そのとおりに辞任する必要はまったくないと思います。政権与党の党首となり、国会において多数で選ばれた日本国の総理大臣は、そう軽々しく首を挿げ替えるものであってはならないと考えます。逆に言えば、安倍氏は選挙のさなかに、私を選ぶのか、小沢を選ぶのかと言い放った時点で、小沢氏の位置に降りてしまい、総理大臣という職を軽々しく扱ってしまいました。それも問題でした。一国の首相に辞めろ辞めろと大合唱する今の情況は異常に感じます。

Posted by: somuchfor | July 31, 2007 at 03:31 PM

雪斎先生と同じ感想です。
続投することに「理」はあると思います。
情の面では「フザけるな!」と言いたいですけどね。
敗戦を総括する記者会見でのコメントもあかわらず最悪でしたね。

しかし、仮にここで退陣するとしても「惨めな退陣」であってはならない。
「退陣」する前に野党(とマスコミ)に対して一撃くらわせて、凄みをみせてから堂々と退陣するべきところだと思います。

続投するとなれば「国民との対話姿勢」を根本から改善する必要があるはずなんですが、まあ、ムリなんでしょうね・・・。

安倍総理は「拉致問題」では気持ちが入っているのに、それ以外のイシューでは何の気持ちもこもっていない、口先だけで喋っているようにしか思えません。
もっと気持ちを込めて話していただきたいものです。

安倍総理が郵政民営化反対組を復党させた後で、総理総裁の合法的権利の行使であるがゆえに問題ないという態度をとっておりましたが、国民も同じように合法的な権利を合法的に行使したまでのことであります。

それにしてもこれほどまでとは思いませんでしたけれども>自民大敗

Posted by: 妖怪 | July 31, 2007 at 09:20 PM

「百数十名の首が飛んだ」事実
これこそ今回最大の福音では?

旧来の長老と彼らが育てた事務方が退場して、ようやく衆議院に追いついたといえるではありませんか?

「情」なんて・・・。
そのうち忘れておしまい。

Posted by: ZAK | August 01, 2007 at 07:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/15955430

Listed below are links to weblogs that reference 蟻の一穴:

« 負けに不思議の負けなし。 | Main | 時評論文の難しさ »