« 決戦は日曜日。 | Main | 蟻の一穴 »

July 30, 2007

負けに不思議の負けなし。

■ 参議院選挙は、自民党の大敗という結果に相成る。40に届くかどうかという水準である。
 雪斎は、公示前後に「自民党は負けるが大敗はない」と予想したけれども、その予想は外れた。
 これから、その予想が外れた理由を検証する必要がある。
 ところで、これだけ「綺麗に」負けたのは、自民党にとっては、却って好都合である。
 国民新党との提携云々という議論の必要がなくなったというのは、結構なことであるからである。
 「格差」是正云々という話は、「好況」期だからいえる話である。景気が失速すれば、そういう議論自体が無意味なるのである。国民新党との提携云々という議論は、そうした景気失速を現実のものにしかねない怖さがあった。

 加えて、安倍総理が続投を表明したのも、結構なことである、
 「上田原の戦い」に敗れた武田信玄、「三方ヶ原の戦い」に敗れた徳川家康の故事に待つまでもなく、まともな指導者には、「敗北経験」が要る。そういえば、小泉純一郎前総理も、負け続けた政治家であったはずである。
 安倍総理は、党役員人事入れ替え・内閣改造を図るであろう。
 その折に、「気の合ったお友達」を優先するという悪癖を改めてもらえればよろしい。
 「実際に使える人材」という観点からすれば、自民党には、かなりの数がある。
 「政治信条」とか「イデオロギーといった要件を抜きにして、「使える人材」を結集してもらえればよろしい。
 「使える人材」は、自民党内左派、リベラル派にも多いのであるから、そうしたところから人材を引っ張ればよいのである。
 今までは、雪斎は、安倍総理には距離を感じていたけれども、こうした従来の悪癖を改めてもらえれば、少しは本気に応援しようかという気にはなる。

 …と、ここまで書いていたら、
 早速、自民党本部から連絡が入り、「自民党に『喝』を入れる原稿を書いてくれ」だそうである。
 これに加え、選挙総括原稿を『共同通信』『東奥日報』に書かなければならないので、この数日は、かなり忙しい。朝まで一仕事である。

 それにしても、小沢一郎という政治家は、本当に「前面」に出たくない人物であるらしい。
 「指揮官先頭」の原則を平気で無視している人物である。
 昨晩の開票速報番組で「総大将」が何を語るのかと注視していたら、結局、登場しなかった。
 この御仁は、先々に本当に「宰相」をやる気があるのであろうか。
 もっとも、この御仁は、新生党時代にも新進党時代にも、幹部全体で集まる会合には顔を出さなかった。
 「総理大臣が出席しない閣議」という奇観が、もしかしたら二年以内には出現しそうである。

■ 

|

« 決戦は日曜日。 | Main | 蟻の一穴 »

「国内政治」カテゴリの記事

Comments

これほど負けるとは思いませんでした。
ワタクシも自民・民主に大きな差はつかない、と考えておりました。
50代以上の票を予想以上に失ったのかもしれませんね。

Posted by: 妖怪 | July 30, 2007 at 01:19 AM

安部総理の行動を「君主論」にあてはめて、批評している人がいましたね。
いわく、”失言閣僚をかばいすぎるのは、君主は愛されるより恐れられよに反する”とか。

ちょっと面白いと思いました。
”庶民は親を殺されるより、懐の金を掠め取られるほうがうらみに思う”ってのは年金とか、住民税を思い起こさせますし。

今回の選挙は安部さんへの批判もあると思いますが、参院自民党への批判といった要素も強いと思います。

衆院は郵政選挙で古い自民党が破壊されましたが、参院は今度の選挙まで待つ必要がありましたからね。

民主党が積極的支持によって大勝したわけじゃないことを、どこまでわかってくれているかがとても心配です。
テレビによく出る人たちは、特に目立ちたがりで、ことのほかはしゃいでいるんだと思いたいですが。

Posted by: horten | July 31, 2007 at 02:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/15943536

Listed below are links to weblogs that reference 負けに不思議の負けなし。:

» 参議院選挙その2 [Alglory Web Travel Diary]
自民の大敗は総裁の責任が大きいのは言わずもがなでしょう。 安部総裁は空気が読めない人、嗅覚が鋭くない人といえるわけです。 まあ正直、ぐっちーさんのblogでも書かれていますように「空気が読めない人」私もあっきーとタラップを手をつないで降りてきた瞬間思い切りひいたくちでした。 その点、良いも悪いも小泉前総裁はその点の嗅覚はかなり鋭い方でした。 あと失敗を経験に生かせる程度の失敗だったので、巧い形の肥料になったのも小泉前総裁にとっても良かったのではないのかと思います。しかし、安部総裁の今回の大惨敗は、閣... [Read More]

Tracked on July 30, 2007 at 11:52 PM

» 参議院選挙の簡単な総括 [forrestalの回顧録]
■参議院選挙の結果がでた。大方の予想通りではなかっただろうか。参院選:民主、結党 [Read More]

Tracked on August 02, 2007 at 02:25 AM

» 参院選、自民歴史的大敗・民主第1党に [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
おやすみをいただいておりましたため完全に出遅れネタですので、簡単に♪ ***♪安倍散々♪ 雨燦々と 投票日に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして 人は悲しい 悲しいものですね それでも内閣は 辞めずに続けて行こう 選挙って 不思議なものですね 風散々と 投票日に荒れて 思い通りにならぬ議席を 失くしたりして 人はか弱い か弱いものですね それでも野党たちは 勝ち組顔をして微笑む 選挙って うれしいものですね 安倍散々と 投票日に散って 心密かな... [Read More]

Tracked on August 07, 2007 at 12:23 AM

« 決戦は日曜日。 | Main | 蟻の一穴 »