« フランスの「9・11」選挙 | Main | 「戯言」としての選挙予測 »

June 14, 2007

壮にして学べば…

■ 一ヵ月後、7月14日、フランスは、革命記念日である。
 日本では、東京・麻布のフランス大使館で大使夫妻主宰のレセプションがある。今年は、雪斎のところにも招待状が送られてきた。
 「昨日、招待状を受け取りました。ご招待、有り難うございます。喜んで参上いたします」。
 これは、過去形も未来形も含んだ文面であるけれども、この文面でフランス語でメッセージを書き、フランス大使館に送った。後で大使館から返信が届き、「(雪斎のフランス語メッセージには)ほとんど直すところがない」と書かれてあった。安堵した。
 三週間前には、まるで知識を持たなかったフランス語で書いた。よりによって、大使館宛てにである。「阿呆」というべきであろうか。
 ところで、フランス語の「数え方」というのは、一種独特のものがある。
 たとえば、「74」は、「60+14」(soixiante-quatorze)、「97」は、「20×4+17」(quatre-vingt-dix-sept)という具合である。この感覚というのは、どうもピーンと来ない。
 
■ 参議院議員選挙一ヶ月前だというのに、こういう「俗世」から切り離された話に走っている。此度の選挙の争点は、何時の間にか、「年金」になったようである。白々しい。今時の四十歳代以下の人々に、「年金」を当てにできると考えている人々などは、どれだけいるというのであろうか。社会保険庁の対応以前に、「そもそも、老後の生活に公的年金など当てにできるのか」ということが、問いただされるべきであろう。「悪者」探しなどやっている場合ではないと思うのだが…。

|

« フランスの「9・11」選挙 | Main | 「戯言」としての選挙予測 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

年金問題は、全て社保庁が悪い。
社保庁の、だらけた職員が悪い。
ストイックな職業倫理にかけてます。
組合活動ばっかりやって仕事しなかったんだから。
この事が道徳の問題として一番悪いし、若い人にシメシがつきません。

このまま自民党が全て責任取らされたら、民主党の大株主の某組合がほくそ笑むだけ。これは、許されません。
年金未納問題のときに、社保庁の職員が端末操作してマスコミにリークしいたけれど、これ全て時間内だったはず。
又も入力ミスで逃げれると思ったら大間違いです。

またなんで、「年金を受け取っていない安倍総理をいじめるんだ」といいたいところです。
「小沢のおっさんは、打つ手が汚い」とは巷の意見。
今の日本国民は、九鬼周造「いきの構造」ような「いき」なはからいを望んでいるのではないでしょうか?
ねえ民主党さん。「あんたのところの、大株主がハゲタカなのはお気づきですよね。」
けちな庶民は結構判官びいき。お忘れなく。

で、どうしても不明な年金は、「別途ファンドにして有効に使わせてもらいます」なんて粋な解決方法を考えたほうがいいのでは。

また現在、年金をもらっている人は、もう払った以上に受け取っているのだから、諦めてください。時間の無駄です。

以上、磯野家の戯言。

Posted by: わかめ | June 14, 2007 at 02:44 AM

 さすが、雪齊さんのブログは知的なコメントがつくものですね(笑)

Posted by: Foch | June 14, 2007 at 07:00 AM

随分とご無沙汰してしまいました。
受給年齢まで約40年の私の感覚では、ほとんど年金≒税金ですね。正直期待していませんでしたが、ひとつの金融商品ととらえると、まあ悪くはないのかなあ、と。
今回の件で、雪斎先生に倣って自己運用する決心はつきましたが(笑)。
ただ、社保庁職員の方々には然るべき責任は負ってもらう必要はあるでしょうね。そうでなければ示しがつきません。
年金制度の存在意義から問い直す良い機会にしたいもんですが、どうでしょうかね。

Posted by: talleyrand | June 15, 2007 at 12:51 AM

年金の問題は、何が悪いとか言ってるレベルじゃないですよね。
一度ご破算にして、新制度、新組織を立ち上げないと自分たちの世代は信用する気になれません。
更には、公的年金自体いる?いらない?から問い直す段階まで来ているんじゃないかと思うぐらいです。
選挙盛り上がるんでしょうか??

Posted by: horten | June 15, 2007 at 11:21 AM

消えた年金問題、「白々しい」ですって?40歳以下は誰が年金をあてにしているかって?「悪者」探ししている場合じゃないって?実際に年金保険料を長く払った人たちがいるんですよ。その払った保険料がわからなくなったんですよ。40歳以下の人々より、ず~っと長く、国を信じて保険料を払い込んできた善良なる老男女がたくさんいるんですよ。その保険料は、株などで儲けたものではなく、自らの汗水たらして労働した賃金から払い込まれた貴賎なんですよ。これは極めて「政治的」な問題です。この問題を投げすてるような政治学者って、もう政治学者の風上に置けないですよ。この件に関しては、カチンときましたので、雪斎さんに、一言、批判させていただきます。

Posted by: うみおくれクラブ・ゆみ | June 16, 2007 at 11:06 PM

年金問題について、今回のエントリのような捕らえ方をする方は政治を専門とする世界に多いのでしょうか。

年金問題は、国民にとって、現在・未来の日本がどれだけ信頼に値する社会かを問う問題なのかなと感じています。

この問題に対して、現実と大変かもしれないけれど解決策を提示する方がいてほしいのですが、なにか勝ち逃げしたいような感覚をお持ちの方が多そうなので、日本の将来は先行き暗いなあと感じざるをえません。

あまり日本に未練に無い方は、日本国の未来への投資より市場での運用のほうがいいのでしょうけど。

Posted by: けむ | June 17, 2007 at 12:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/15426597

Listed below are links to weblogs that reference 壮にして学べば…:

» 社会保険庁不祥事と年金から騒ぎ [珈琲ブレイク]
最近、社会保険庁が扱う年金をめぐる不祥事が、連日メディアを賑わしている。5,000万件にのぼる帰属不明の年金記録が発覚し、さらにそれ以外にも多数のコンピューター入力ミスがある、などなど。さらに、支払った自分の年金の帰属が認められず、窓口に駆けつけた加入者が、ずっと以前の領収書など確証がないという理由で、冷たくあしらわれる、とにかく窓口の役所的対応がなっていない、など加入者の経験にもとづく不満も爆発した。新聞やテレビなど、マスコミは監督官庁最高責任者である厚生労働大臣を一斉に攻撃し、安倍首相の政治責任... [Read More]

Tracked on June 15, 2007 at 06:09 PM

« フランスの「9・11」選挙 | Main | 「戯言」としての選挙予測 »