« 「正統」を継ぐ才能 | Main | 壮にして学べば… »

June 12, 2007

フランスの「9・11」選挙

■ 例年、6月は雪斎にとっては「最悪の一ヶ月」である。例年、暑くなり始めの時期には、具合が悪くなるものであるけれども、今年は、乗り切っている。L
 三週間前に始めたフランス語も、大体、どのような言語かが判ってきた。
 精進あるのみである。

■ フランスの「9・11」選挙のようなものであろであろうか。
 

□ <仏下院選挙>与党が地すべり的勝利 7割前後の可能性
                6月11日11時34分配信 毎日新聞
 【パリ福井聡】フランス国民議会(下院、定数577)選挙の第1回投票が10日実施され、得票率や調査機関の獲得議席数予測によると、サルコジ大統領の支持母体である右派与党・国民運動連合が大勝、野党・社会党が大敗する見通しとなった。最終的な各党の獲得議席数の判明は17日の決選投票後となるが、与党陣営が過半数を大幅に上回る7割前後の議席を占める可能性が大きく、自由主義的な経済改革路線を掲げるサルコジ大統領が政策を実行する態勢が整う。
 仏内務省が発表した暫定最終得票率によると、国民運動連合39.54%、社会党24.73%。577議席中105議席が確定したが左派の当選者は1人だけだった。小選挙区制のため得票率以上の大差がつく見通しで、調査機関の獲得議席数予測は▽国民運動連合率いる与党陣営383~501(現有359議席)▽社会党67~170(同149)▽共産党6~13(同21)▽中道・民主運動1~4(同0)。与党大勝の事前予測や好天などから投票率は約61%と過去最低水準だった。
 右派は前回02年総選挙に続き2連勝。国民運動連合のフィヨン首相は「(与党大勝の)勢いははっきりしているが、決選投票での圧倒的勝利こそ改革を前進させる前提」と陣営を引き締めた。オランド社会党第1書記は「与党による国民議会独占を危惧(きぐ)し、均衡を求める人は決選投票で左派に投票してほしい」と呼びかけた。
 社会党は最悪の場合議席を半減させかねない深刻な事態に直面している。労働者の権利重視を掲げる党内左派と市場経済を認める党内右派に割れ、ロワイヤル元家庭担当相が敗北した大統領選後も方針が固まらない。党内右派のストロスカーン元財務相は「社会党敗退と考えるのは自然だ。路線論争が続く中で致命的敗北だけは避けねばならない」と危機感を表明した。

 
 ニコラ・サルコジが大統領に就任した日、「今日はフランスにとって記念すべき日だ」という声を聞いた。この雰囲気の意味を理解することは、大事である。そして、下院選挙では、七割の議席の獲得という情勢である。まるで、一昨年の「「9・11」選挙のような動きである。
 フランス社会党の惨敗に関しては、セゴレーヌ・ロワイヤルを初めとする社会党政治家が、学歴その他の上で「満ち足りた人々」であることが、その退潮を加速させている一つの理由であろう。「恵まれた立場」にある人々が、「弱者保護」を語る場合、そのことは、自らの「既得権益」の擁護を「裏の意図」にしていることが往々にしてある。この「裏の意図」が透けて見えてくれば、世人の支持を失うのは当然である。一昨年の「9・11」選挙における自民党の大勝の理由は、郵便局が「既得権益の塊」であるという小泉純一郎の説得が上手くいったということであろう。同じことが、フランスでも起こっているのである。
 フランス滞在中、雪斎は、会った人々に語った。「サルコジ路線を熱烈に支持しそうな男が、極東の島国にもいる。それは私だ」。サルコジ与党の大勝を大いに嘉したいものある。ところで、サルコジは、「親米派」といわれているそうであるけれども、それは本当であろうか。サルコジ与党の大勝に、米国の意図が関わっているという新説を発表してくれる御仁が現れないかと期待している。

|

« 「正統」を継ぐ才能 | Main | 壮にして学べば… »

「国際情勢」カテゴリの記事

Comments

 あのyoutubeでG8におけるサルコジ氏の会見模様が人気を集めており、なんと今週の「Most Viewed」度の第1位にランクされております(笑)。
 http://www.youtube.com/watch?v=I4u3449L5VI

 どうも記者会見の時に酔っ払っていたのではないか?、と疑惑を集めているようで、評判は上々のようです(笑)。ちなみにこの会見の「Remixバージョン」がupされてまして、こちら
 http://www.youtube.com/watch?v=_OXKpyyx9Yw&mode=related&search=
 笑えます。

 今の勢いならこのくらいはむしろ好感度upに繋がるのでしょうね。安部さんにも少し分けてあげたいくらいですね。
 兎にも角にもこれだけ注目されたのだから、サルコジ氏の「世界デビュー」は悪くないものだったようです(笑)。

Posted by: ささらい | June 13, 2007 at 09:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/15403522

Listed below are links to weblogs that reference フランスの「9・11」選挙:

» 中国と日本、各自の腕を発揮する。 [中国から見た中国と日本の違い]
 日本では、日本料理のほか、正式なフランス料理・中華料理・スペイン料理・イタリア料理など、世界各国の美味しい料理が食べられる。 日本には、日本料理以外の料理人が多くおり、独特な風格の各国レストランがあるからである。 日本人料理人は、進んでフランス...... [Read More]

Tracked on June 13, 2007 at 10:29 PM

« 「正統」を継ぐ才能 | Main | 壮にして学べば… »