« May 2007 | Main | July 2007 »

June 28, 2007

日米関係の「最良の日々」は去ったのか。

■ 来月初頭までエントリー更新を放って置くつもりであったけれども、書いておく必要のあることが出来た。
 宮澤喜一総理が逝去した。
 宮澤総理のことを考えると、真っ先に思いつくのは、「日米関係」との縁の深さである。
 宮澤総理は、戦前、日米学生会議に参加して渡米したのに始まり、戦後には、サンフランシス講和会議に全権団の一員として渡米した。今では、日米関係を支えている人々は多いけれども、宮澤総理は、その「最古参」の人物であった。
 ところで、日本にせよ英国にせよヴェネツィアにせよ、海洋国家と呼ばれる国家に特徴的なのは、「カネと貿易」に対する関心の強さである。確かに、そうした国々は、国力の源泉である土地を持たないのであるから、その弱さをカネによって埋め合わせるしかない。大蔵官僚出身であった宮澤総理にとって、「カネと貿易」で国家の再興を図ろうとした吉田茂以来の路線は、受け容れやすいものであったろう。宮澤総理が「保守本流」と呼ばれたのは、そうした海洋国家型の隆盛の仕方を継いだからである。それは、「カネや貿易」による隆盛よりも、「威信や誇り」の実現を強調した昔日の中曽根康弘総理とは、対照的であったのである。宮澤総理は、本質的に「理財の人」であったのである。
 今、「普通の国」への動きが加速している情勢の中では、宮澤総理の「ハト派」傾向には批判が多かったであろう。だが、「普通の国」への議論ですら、「カネと貿易」による国家の隆盛の上に成り立っていることを想起しなければなるまい。安倍晋三総理は、「戦後レジームからの脱却」を標榜しているけれども、それもまた、「カネと貿易」による国家の権勢を前提としている。故に、宮澤喜一という政治家は、戦後の隆盛の伴奏者として、その功績が語られるべきであろう。
 謹んでご冥福をお祈りする。

 それにしても、確かに、「昭和は遠くなりにけり」である。

Continue reading "日米関係の「最良の日々」は去ったのか。"

| | Comments (7) | TrackBack (4)

June 21, 2007

おしらせ

■ 諸般の事情により、エントリー更新は暫時、休止します。

■ 追記、更新再開は、来月初頭の予定です。

| | TrackBack (0)

何という展開か…。続

■ 「自立ということが西側同盟諸国との不和を意味するならば、第五共和制のフランスは疑いなく、昨日までの共和国が望まなかった自立を享受していることになる」。
   ―レイモン・アロン 『ル・フィガロ』(1963年10月3日)―
 昨日のエントリーは、「憂国」系ブロガーの神経を逆撫でしたようである。わざわざ、こういうことを書いたメール・マガジンを紹介された方もいる。
 けれども、このメール・マガジンの記事のような話は、雪斎にとっては、「どうでもよい」ことである。
 昨日紹介の時事通信記事が伝えた通り、、「ワシントン・ポスト」の意見広告が、米国連邦議会下院での従軍慰安婦決議案採択に際して「寝た子を起こす」結果を招いたのであれば、その「現実」を直視しなければならない。

Continue reading "何という展開か…。続"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

June 20, 2007

何という展開か…。

■ この話にも、内心、「オヨヨ…」と思っている。
 

□ 米下院、26日に慰安婦決議案採決…賛成多数で採択見通し
                6月19日12時44分配信 読売新聞
 【ワシントン=五十嵐文】米下院のトム・ラントス外交委員長(民主党)は18日、本紙の取材に対し、旧日本軍のいわゆる従軍慰安婦問題で日本に公式謝罪を求める決議案を、26日に同委員会で採決すると明らかにした。
 決議案への支持は与野党に広がっており、賛成多数で採択されるのは確実な情勢。今後は下院本会議でも採択されるかどうかが焦点となる。
 決議案は1月にマイケル・ホンダ議員(民主党)が提出し、当時6人だった共同提案者は18日時点で、140人に上っている。当初は早期採決を目指していたが、安倍首相の4月の初訪米を受けて延期していた。
 日本政府は、決議案は事実に基づいていないとして反対する一方、首相が訪米時にペロシ下院議長やラントス委員長らと会談して元慰安婦へのおわびを表明するなどして沈静化を図ったが、議会の動きは止まらなかった。

 □ 「強制性否定」が逆効果=採択濃厚の慰安婦決議案-米下院
                6月19日17時1分配信 時事通信
 【ワシントン19日時事】米下院外交委員会が26日に採決する従軍慰安婦問題の対日謝罪要求決議案は、賛成多数での可決と、本会議での採択が濃厚となっている。ここまで支持が拡大した要因の1つに、安倍晋三首相が「狭義の強制性」を否定する論陣を張り、米議員の反感を買ったことが挙げられる。日本の国会議員らによる最近の強制性否定の意見広告が駄目押しとなったとの見方も広がっている。 

Continue reading "何という展開か…。"

| | Comments (15) | TrackBack (4)

June 19, 2007

「年金」は、どうでもいいネタである。 続

■ 「まぁ、そうであろうな…」という記事である。
 

□ 年金制度「信頼していない」が76%…読売世論調査
               6月18日23時11分配信 読売新聞
 読売新聞社が16、17の両日実施した全国世論調査(面接方式)で、国の年金制度を信頼していない人が「どちらかといえば」を合わせて76%に上った。
 同じ質問をした97年12月以降の8回の調査で最も高く、「年金記録漏れ問題」により国民の年金不信にさらに拍車がかかったことが明らかになった。「信頼している」も過去最低の計23%だった。
 年金制度への「不信感」は、97年以降、5割台で推移してきた。閣僚らの年金未納・未加入問題が広がり、年金改革関連法をめぐって小泉内閣への批判が起きた2004年5月には7割台に達し、前回参院選で与党が苦戦した要因となった。
 年代別では、「信頼していない」はすべての年代で多数となり、20~30歳代は計87%に上るなど、特に若い世代の不信感が目立った。

Continue reading "「年金」は、どうでもいいネタである。 続"

| | Comments (8) | TrackBack (1)

June 18, 2007

フランスも、 政界一寸先は闇か…

■ 本日、NHK朝6時台のニュースを観ていたら、かなり驚いた。そのニュースは、「フランス下院選挙 与党予想外の苦戦」と報じていた。そのニュースは、サルコジ与党が過半数を制するるも議席を40近く減らし、社会党は60議席を増やす見通しであると報じた。
 雪斎が何故、驚いたかといえば、昨日夜の下記のニュースが頭に入っていたからである。
 

□ フランスで国民議会決選投票、サルコジ与党が圧勝へ
               6月17日20時3分配信 読売新聞
 【パリ=島崎雅夫】フランス国民議会(下院、定数577)の決選投票が17日、行われた
 保守与党・民衆運動連合(UMP)の圧倒的優位は変わらず、サルコジ与党が歴史的大勝を収めるのは確実となっている。即日開票され、17日夜(日本時間18日早朝)には、大勢判明の見通し。
 第1回投票後、社会党候補は、与党の付加価値税(VAT)引き上げ案を批判する戦術を取ったが、サルコジ与党の勢いは衰えていない。直前の世論調査によると、UMP(現有議席359)は選挙協力候補を含めて380―420議席を獲得する見通し。
 社会党(同149)は153―195議席にとどまると見られている。

Continue reading "フランスも、 政界一寸先は闇か…"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2007

「年金」は、どうでもいいネタである。

■ 参議院選挙前の争点として浮上したのが、「年金」であるけれども、やはり雪斎には「どうでもいいこと」に映る。そもそも、雪斎は、「福祉国家」発想のいかがわしさを昔日から論じてきたので、此度の騒動は、その「福祉国家」発想を再考する契機になればいいと思っている。
 厚生省という役所が戦時体制の「所産」であることに留意している人々は、決して多くはない。戦後日本の奇態は、戦時体制の「暗黒」を告発するような言辞を普段は吐いている人々が、実はその戦時体制の「所産」である厚生省の「仕事」に寄り掛かるのを当然のこととして振る舞ってきたことである。
 雪斎は、年金保険料なるものは、実態としては「福祉目的税」だと思ってきた。だから、「年金が戻ってくる」などは真っ赤な嘘だと思ってきた。問題は、税金ならば、その使われ方は、衆議院予算委員会や参議院決算委員会のような場における審議を通じて国民の眼に曝されるのであるけれども、年金の場合は、そういうことはなかったということである。数十年も「年金保険料」の使い方が厳しくチェックされないのだから、どのような杜撰な処理が為されていても判らないのである。以前、社会保険料で建てた保養施設が二束三文で売却されるという話が出たときにでも、きちんとしたチェックを入れるべきであったけれども、そこまでいたらなかったのである。

Continue reading "「年金」は、どうでもいいネタである。"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 16, 2007

「戯言」としての選挙予測

■ 安倍晋三内閣支持率が、時事通信のものでは、30パーセントのラインを切ったそうである。
 此度の参議院選挙に関する雪斎の予測を出してみよう。
 こういうものは、ブログ上の「戯言」としてなら、書くことも許されるであろう。
 それは…。

Continue reading "「戯言」としての選挙予測"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 14, 2007

壮にして学べば…

■ 一ヵ月後、7月14日、フランスは、革命記念日である。
 日本では、東京・麻布のフランス大使館で大使夫妻主宰のレセプションがある。今年は、雪斎のところにも招待状が送られてきた。
 「昨日、招待状を受け取りました。ご招待、有り難うございます。喜んで参上いたします」。
 これは、過去形も未来形も含んだ文面であるけれども、この文面でフランス語でメッセージを書き、フランス大使館に送った。後で大使館から返信が届き、「(雪斎のフランス語メッセージには)ほとんど直すところがない」と書かれてあった。安堵した。
 三週間前には、まるで知識を持たなかったフランス語で書いた。よりによって、大使館宛てにである。「阿呆」というべきであろうか。
 ところで、フランス語の「数え方」というのは、一種独特のものがある。
 たとえば、「74」は、「60+14」(soixiante-quatorze)、「97」は、「20×4+17」(quatre-vingt-dix-sept)という具合である。この感覚というのは、どうもピーンと来ない。
 
■ 参議院議員選挙一ヶ月前だというのに、こういう「俗世」から切り離された話に走っている。此度の選挙の争点は、何時の間にか、「年金」になったようである。白々しい。今時の四十歳代以下の人々に、「年金」を当てにできると考えている人々などは、どれだけいるというのであろうか。社会保険庁の対応以前に、「そもそも、老後の生活に公的年金など当てにできるのか」ということが、問いただされるべきであろう。「悪者」探しなどやっている場合ではないと思うのだが…。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

June 12, 2007

フランスの「9・11」選挙

■ 例年、6月は雪斎にとっては「最悪の一ヶ月」である。例年、暑くなり始めの時期には、具合が悪くなるものであるけれども、今年は、乗り切っている。L
 三週間前に始めたフランス語も、大体、どのような言語かが判ってきた。
 精進あるのみである。

Continue reading "フランスの「9・11」選挙"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

June 10, 2007

「正統」を継ぐ才能

■ 最近、かなり集中的に聴き出したのが、ゲルハルト・オピッツの演奏である。手始めは、次の二つのアルバムであった。
 □ 「ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集}
・ピアノ協奏曲第1番ハ長調 op.15
・ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 op.19
・ピアノ協奏曲第3番ハ短調 op.37
・ピアノ協奏曲第4番ト長調 op.58
・ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 op.73「皇帝」
・ピアノ協奏曲ニ長調 op.61(作曲者によるヴァイオリン協奏曲からの編曲版)
 ゲルハルト・オピッツ(p)
 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 マレク・ヤノフスキ(指揮)

 □ ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集VOL.1
・ピアノ・ソナタ第5番ハ短調
・ピアノ・ソナタ第6番ヘ長調
・ピアノ・ソナタ第7番ニ長調
・ピアノ・ソナタ第8番ハ短調「悲愴」
ゲルハルト・オピッツ(P) 

Continue reading "「正統」を継ぐ才能"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 09, 2007

さて、次は「洞爺湖」

■ 色々な意味で、来年は、アジアに注目が集まるのであろう。
 

□ 次回は洞爺湖サミット=来年7月7日から
          6月9日0時0分配信 時事通信
 【ハイリゲンダム8日時事】次回の第34回主要国首脳会議(サミット)は来年7月7日から9日まで、北海道洞爺湖町で開催される。ハイリゲンダム・サミットに続いて、地球温暖化問題への対策が主要議題となる見通し。
 安倍晋三首相は8日午後(日本時間同日夜)、サミット閉幕に当たっての内外記者会見で「世界に日本の素晴らしい自然を発信していきたい。環境立国日本として、ハイリゲンダムの成果の上に努力を積み重ねる所存だ」と述べ、ポスト京都議定書の枠組みづくりに向け、議長国として議論を主導していく決意を表明した。

Continue reading "さて、次は「洞爺湖」"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 07, 2007

コムソン・ショック

■ 日本の社会福祉制度の信頼性を損ねるという観点からすれば、これは、「消えた年金番号」以上のものになるであろう。
 

□ コムスン事業所の新規・更新、2011年末まで認めず
             6月6日14時35分配信 読売新聞
 厚生労働省は6日、グッドウィル・グループ(GWG)の訪問介護大手「コムスン」(東京都港区)の全国の事業所の新規指定と更新を、2011年12月まで行わないよう都道府県に通知した。
 2006年4月施行の改正介護保険法により、不正な行為があった事業者による指定・更新を5年にわたり認めないとする規定を適用した。コムスンは、全国8か所の事業所で、雇用していない訪問介護員を勤務しているなどと偽り、介護事業所指定を不正に取得したことが問題とされた。この規定を全国規模で適用するのは初めて。
 同省によると、5月末現在、同社の介護事業所は2081事業所(介護予防サービス事業所除く)あるが、同法では不正がなかった事業所も含めて更新が5年間禁じられるため、来年度には1424事業所に減少、最終的には、2011年度に426事業所にまで減る。2081事業所には、訪問介護だけでなく、デイサービスやグループホームなどの事業所も含まれる。サービス利用者は、更新時期まではサービスを受けることができるが、事業所の更新が認められないと、事業所を変えなければならなくなる。

Continue reading "コムソン・ショック"

| | Comments (8) | TrackBack (3)

June 06, 2007

ブラームスはお好き?

■ 雪斎が割合、頻繁に聴くのが、 ヨハネス・ブラームスの「交響曲第1番ハ短調作品68」である。
 ブラームスは、ベートーヴェンの九つの交響曲を意識した故に、自作の交響曲の発表に慎重な構えを崩さず、最初の交響曲は、着想から完成までに二十一年の歳月を要した。交響曲第一番は、交響詩のような新たな作曲形式が登場する時勢の中で、ベートーヴェン以来の交響曲の系譜の正統を歩んだ作品として世に受け容れられ、「ベートーヴェンの第10交響曲」と呼ばれた。ブラームスは、そうした姿勢の故に、「保守派」と呼ばれた。
 どの世界でも、偉大な先達がいれば、それを意識するのは、当然である。ブラームスは、ベートーヴェンの系譜に連なりたいと願った。その気分は、雪斎には、非常によく理解できる。雪斎も、日本では、吉野作造や清沢洌の系譜に連なりたいと思っているし、海外ではレイモン・アロンやジョージ・ケナンといった知識人の影響の下にある。そうした自分の「位置」を自覚することが、知識人として道を踏み外さないための作法であろうと思う。
 「ブラ1」は、下の七種の演奏が雪斎の「お気に入り」である。
① オイゲン・ヨッフム/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
② クルト・ザンデルリンク/シュターツカペレ・ドレスデン
③ ギュンター・ヴァント/北ドイツ放送交響楽団
④ リッカルド・シャイ-/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
⑤ エドゥアルト・ファン・べイヌム/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
⑥ カール・ベーム/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
⑦ ルドルフ・ケンペ/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
 只今、聴いているのは、②であるけれども、聴く頻度からすれば、③、④、⑤が多い。やはり、「コンセルトへボウ」の音が好きだということであろうか。それにしても、雪斎も、自らの「ブラ1」を書いてみたいと思う。精進しなければならない。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 05, 2007

「八幡馬」の話

■ 雪斎のフランス旅行の折、日本での窓口であった在日フランス大使館のR・P書記官に対するお礼の意味も込めて進呈したのが、青森県南地域の伝統民具「八幡馬」である。
 ところで、最近、拙ブログは、日曜夜にアクセス数が増える傾向がある。何故かといえば、NHK大河ドラマ『風林火山』に伊武雅刀さん演じる「大原雪斎」が登場するからであろう。一昨日放送分は、伊武さん演じる「雪斎」の策略家ふりが強烈に伝わってきて、観ていて心地よかった。もっとも、雪斎は、このドラマは、騎馬武者を前面に押し出したオープニング・タイトル・ロールが気に入っている。騎馬武者が駆け抜ける「躍動感」に満ちた映像は、本当に爽快である。そういえば、歴代大河ドラマのオープニング・タイトル・ロールの中では、雪斎の印象に残っているのは、『風と雲と虹と』、『独眼竜政宗』、『武田信玄』、『太平記』、『真田太平記』といったものであるけれども、それらには、軒並み「馬」が登場する。日本人と「馬」の関わりは、本来は身近であったのではないか。
 日本の「武士道」の伝統とヨーロッパの「騎士道」の伝統は、おそらくは重なり合っている。日本に「平家物語」があるように、フランスには古叙事詩「ラ・シャンソン・ド・ローラン」がある。この「縁」の意味を判ってもらえれば、日本とフランス、そしてとヨーロッパの距離は、近くなる。
 こういう意味合いで「八幡馬」を使えたのは、良かったと思う。

Continue reading "「八幡馬」の話"

| | Comments (1) | TrackBack (2)

June 04, 2007

「日の丸を付けないメイド・イン・ジャパン」

■ ワシントン在住のI女史から入ったメールには、眼を剥いた。一部を抜粋する。
 

「渡辺謙のこと知っている?」――このようにあるアメリカ人に聞かれたときには、思わず聞き返してしまいました。重ねて「彼は日本で知られている俳優か?」と聞かれて、本当に驚きました。「だって、彼って日本人よ」と言う私に、今度は彼のほうがびっくりしていました。トムも決して日本のことを知らないわけではない人です。仕事上、何度も日本に行ったこともありますし、挨拶程度の日本語は言うこともできるのです。そんな人が、日本人はKen Watanabeを知っているのか、あの“ハリウッド俳優”を? という疑問を抱いたのも、考えてみれば不思議ではない……そう思い直すのにそれほど時間はかかりませんでした。
 5月13日、ワシントンの大使公邸に、その人、Ken Watanabeは颯爽と現れました。大股で入り口ホールを横切って控え室に消えるまで、ほんの2秒半しかかかりませんでした。私が普通に歩けば20秒はかかる長さですから、瞬きほどの短さと思ったのも私の幻惑でしょう。ただ、目の前を通り過ぎる細身のウエストと顎のあたりの無精ひげのシルエットが、残像として私の脳裏に焼きつきました。

Continue reading "「日の丸を付けないメイド・イン・ジャパン」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 02, 2007

「鉄は国家なり」…か。続

■ 5月31日付韓国紙『朝鮮日報』は、下のような社説を配信している。同じ趣旨の記事が『東亜日報』や他の韓国紙にも出ている。
 

□ 【社説】世界の鉄鋼史を塗りかえたポスコ
 ポスコが1年で150万トンの生産が可能な世界最初のファイネックス工場を完成させ生産に入った。ファイネックス工法は粉状の鉄鉱石と一般炭をそのまま使用する方式で、これまでの溶鉱炉に代わる次世代の製鉄技術だ。
 製鉄所で鉄を生産する工法は1869年にドイツの企業が新しい製錬法を編み出して以来多くの技術発展を繰り返してきた。しかし鋼鉄の原料である銑鉄を作りだす技術は19世紀後半に英国で現在の溶鉱炉工法が登場して以来100年以上ほとんど変化がなかった。
 ポスコのハイネックス工法はこれまでの溶鉱炉の基本構造を画期的に進歩させた新技術だ。自然状態の鉄鉱石と有煙炭をそのまま溶鉱炉に投入できず、いったんは焼結鉱とコークスに加工しなければならない従来の製鉄技術の問題を克服したのだ。
 ファイネックス工場完成の最大の意味はポスコが日本など先進国の鉄鋼メーカーとの技術開発競争で初めて先頭に立ったという点だ。1987年に設立された浦項産業科学研究院と自社の技術研究所だけで製鉄分野の基本技術や独自技術を確保したのだ。ポスコは1973年の創業以来これまで世界最高の収益性を上げながらも技術力では先進国の技術を取り入れて改良するレベルにとどまっていた。ファイネックス工法では焼結工場やコークス工場が不要で設備投資がこれまでの溶鉱炉の80%にしかならない。低価格の鉄鉱石と一般炭を使用するので鉄鋼生産の原価も溶鉱炉の85%に抑えられる。硫酸化物や窒素酸化物などの汚染物質もそれぞれ溶鉱炉の3%と1%のレベルにまで大きく減らすことができる環境に優しい技術でもある。
 ポスコはファイネックス工法により価格競争力をより一層高めることができるだけでなく、海外においても世界のライバル企業に比べ有利な立場に立つと期待されている。ポスコが1968年に荒涼とした砂浜の上に製鉄所の建設を開始して以来夢見てきた製鉄強国としての夢がついに実現しようとしている。

Continue reading "「鉄は国家なり」…か。続"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »