« 志半ばにして… | Main | 「鉄は国家なり」…か。続 »

May 31, 2007

嗚呼、フランス語

■ 一昨日、かんべえ殿のところで、「雪斎がフランス語を勉強し始めた」と紹介された。
 日本でも影響力のあるウェブ・サイトに書かれた以上、雪斎も、引っ込みが付かなくなった。
 加えて、昨日午後、在日フランス大使館のR・P書記官が来訪し、一時間ぐらい話をした。
 後で書記官から来たメールには、こう書いてあった。
    Vous apprenez toujours le francais ?
 要するに、「相変わらずフランス語をやっとるけ」ということである。
 内堀も外堀も埋まっているなと思う。
 とはいえ、二十年前に比べれば、日本人が語学を習得する環境は劇的に佳くなっていると思う。
 CDとコンピューターの効果は、この点をかなり補強している。
 とりあえず、入門書、文法書、単語集、辞書を買い揃えて始動させた。このセレクションでいいかどうかを、フランス語に詳しい人々に聞いてみたい気がする。。
  入門書 『フランス語のABC』(白水社)
  文法書 『現代フランス広文典』白水社)
  辞書   『ロワイヤル仏和辞典』(旺文社)
 『遥かなノートルダム』を書いた仏文学者・森有正がフランスに渡ったのは、昭和二十五年、有正が三十九歳の時であった。もっとも、有正は日本国内でフランス語の取得に励んでいたのかもしれないけれども、実際にフランスに行ったのは、齢四十近くになってからであったのである。そして、有正は、亡くなるまで、そのままパリに居ついてしまったのである。だから、人間は、何時でも、「新しいこと」を始められるのではないであろうか。

■ ただし、雪斎が始めた「新しいこと」というのは、大体、成功している。
 株式投資も、手を染めるまでは、まったく「縁」がなかったものであるけれども、
 ルーティン・ワークの類にしなければ、「新しいこと」は何時も「新しいこと」である。

■ 今夜の一枚
 ● 「ブラームス 交響曲第一番」
   : クルト・ザンデルリング
   : シュターツカペレ・ドレスデン

|

« 志半ばにして… | Main | 「鉄は国家なり」…か。続 »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

雪斎先生は頭脳明晰でいらっしゃるので、フランス語も間もなく修得されるでしょう。
・・・と、これもプレッシャーになってしまうのでしょうか。(笑)
私は最近英語の勉強を始めましたが、英文を頭の中で組み立てているだけで、発音する前に一人疲れ果てています。
結局相手には何も伝わっていないのよね。
言葉は文化、一朝一夕では身につかないものなのでしょうか。

Posted by: さなえ | May 31, 2007 at 02:12 PM

雪斎さん

おはようございます。

フランス語ですが、以上の3点で、まずは、よろしいかと思います。文法で、男性・女性名詞と動詞の不規則変換を覚えれば、さほど、難しくないと思います。あとは、もう、簡単な、(私は、なぜか、サルトルでしたが)小説でも何でも良いのですが、それらを読まれて、語彙を増やされれば、良いと思います。

私は、フランス語もドイツ語も、大学の必修科目の指定教科書
を今でも、使っています。これは、独学には、向いていないのかもしれませんが、結構、重宝しております。

ただ、語学というのは、使わないと忘れてしまいますね。

Posted by: forrestal | June 01, 2007 at 10:26 AM

フランス語と言えば・・・・
欧州における宇宙開発を主導しているのがフランスであるため、宇宙開発系技術についての情報収集の為には、フランス語が不可欠である。と言う話を聞いたことがあります。
前世紀におけるロシア語並に。
また、フランス語自体、ラテン語の後継であるとのことで
ラテン語復権運動に関わって居る方が多いとか。
これからの歴史の流れによっては、火星植民地の公用語の一つがフランス語・・・もしくは現代ラテン語になるかもしれんませんな(笑)

ところで、かなり昔に東映に居た知人から聞いた、フランスやイタリアのようなラテン民族国家群における日本アニメ・マンガの氾濫について。
これらは、最近それなりに珍しく無いニュースとなっていますが、フランスの若い世代の無視できない割合が日本語を学び現代日本文化と日本に対して親近感を持っているのは今世紀半ばからの日本の財産になると思います。
フランスは世界各地に日仏会館のようなフランス語とフランス文化を広めるための施策を実行していますが・・・・
日本政府が長期的視点に立ったそのような施策を行っているという話は聞いたことがありませんな

Posted by: TOR | June 02, 2007 at 11:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/15261382

Listed below are links to weblogs that reference 嗚呼、フランス語:

» フランス といえば [フランス?]
こんなのもありますね。 [Read More]

Tracked on June 01, 2007 at 05:41 AM

« 志半ばにして… | Main | 「鉄は国家なり」…か。続 »