« 遊びの効用 | Main | 政治ポジション・テスト »

March 14, 2007

「海」の戦略軸

■ これは、「いい仕事」である。
 

□ 日豪首脳が安保宣言に署名、経済連携でも一致
 安倍首相は13日夕、オーストラリアのハワード首相と首相官邸で会談し、両国の外相、防衛相による定期協議(日豪版2プラス2)の新設など、日豪間の安全保障協力の強化を盛り込んだ「安全保障協力に関する日豪共同宣言(日豪安保共同宣言)」に署名した。
 両首相は日豪の安保協力が日米豪3か国の連携強化にも資するとの認識で一致した。
 そのうえで、日豪安保関係閣僚の定期協議と日米豪の外務・防衛当局者による定期協議の新設のほか〈1〉テロ対策や災害救援活動での協力〈2〉自衛隊と豪州軍との共同訓練〈3〉安保協力促進のための行動計画の策定――などで合意した。
 安倍首相は北朝鮮の核、ミサイル、拉致問題での協力を求め、ハワード首相も日本の立場に理解と支持を改めて表明した。ハワード首相は、2008年の国連安全保障理事会の非常任理事国選挙での日本支持を正式に伝えた。
 一方、両首脳は日豪の経済連携協定(EPA)について、日本の国内農業への影響にも配慮しながら交渉を進めていくことで一致した。
 (2007年3月13日21時38分 読売新聞)

  雪斎は、丁度七年前、雑誌『諸君』に「新『南洋』戦略論」という論稿を発表し、次のように書いたことがある。 

その意味から、私は、「西太平洋海島諸国会議」(以下、「海島諸国会議」と略記)とでも呼ぶべき枠組の構築を提案する。「海島諸国会議」では、海賊などへの対処、海上自由航行路の保全といったものから、産業振興、人材の養成、海洋研究の推進、海洋資源の保護や管理、地球温暖化に伴う海面 上昇への対処、海洋汚染の防止に至るまで、西太平洋の「海島国」が直面 する様々な問題を議論するものとする。おそらく、その際の構成国は、パラオ共和国、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ブルネイ、パプア・ニューギニア、日本、米国、オーストラリア、ニュージーランドということになるであろう。そして、「海島国」に他ならぬ 台湾は、「海島諸国会議」には、たとえ正式構成国でなくとも、オブザーバーしての然るべき待遇を与えて招くのが、妥当なところであろう。

 「日豪安保共同宣言」は、「日米同盟」という「北緯40度の提携」の横軸に加え、「東経135度の提携」という縦軸を設定したという意義があろう。
 そして、日豪両国を結ぶ「東経135度」線の中間にあるパラオから北緯10度の線を西に引けば、その線は、フィリピン、ヴェトナム、タイ、マレーシアを経て、インドに至る。故に、パラオが持つ戦略上の価値は、日豪関係の深化と日印関係の緊密化を展望する上からも、いよいよ高まったと見るべきであろう。現在に至るまで、日本の総理大臣と外務大臣のパラオ訪問は、実現されていない。雪斎は、それを七年前から唱えている。早急に実現させてもらいたいものである。そこは、かって「日本」であった国である。

|

« 遊びの効用 | Main | 政治ポジション・テスト »

「国際情勢」カテゴリの記事

Comments

日豪安保共同宣言はよかったですね。島国から海洋国家へ脱皮するため、海洋基本法案を早く成立させて国内の海洋政策を一元化し、戦略的に日米豪印の連携を図っていかれるといいと思います。

森総理のとき、たしか「島嶼サミット」みたいなのがあったような・・・と思って調べてみたら、「太平洋・島サミット」が開かれていました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ps_summit/pif_3/index.html
森先生はアフリカにも力を入れておられたし、いま思えばなかなか味わい深い外交が展開されていたのですね。この「太平洋フロンティア外交」なんて、すっかり忘れ去られた感がありましたが、小泉さんのときにも同サミットは開かれていたのですね。麻生閣下のパラオ訪問キボンヌです♪

Posted by: さくら | March 14, 2007 at 10:27 AM

ペリリュー島への慰霊・献花の訪問なら、硫黄島やテルモピレ一の映画が流行っているこの時期ですから自然に受け取られるかもしれません。
間違ってオタクな閣僚が「ソロモンよ、私は帰ってきた!」などと発言すると、ガンオタ以外誰も喜ばない結果になるでしょうけど

Posted by: KU | March 14, 2007 at 12:30 PM

麻生閣下のパラオ訪問は僕もキボンヌです。パラオ、ミクロネシア、マーシャル諸島と南洋諸国歴訪してくれないかなあ。w

Posted by: Baatarism | March 14, 2007 at 12:44 PM

>「日豪安保共同宣言」は、「日米同盟」という「北緯40度の提携」の横軸に加え、「東経135度の提携」という縦軸を設定したという意義があろう。

この発想は鋭い。というのは、この統計135度縦軸戦略は明治以来、いわゆるアジア主義へのアンチテーゼ対抗軸であるのですが、戦後それを言う人が少ないのです。昔は、福沢諭吉、田口卯吉、竹越三叉、など錚々たる人が発言していたんですが。この軸を、日米同盟と連携させる視点は重要ですね。それを見失って、アメリカと対立したのが太平洋戦争の一面でしょう。

Posted by: M.N.生 | March 14, 2007 at 03:00 PM

雪斎さん

日本は、海洋国家にも関わらず、海洋戦略があまり実際の海洋政策に至っていなかったように思います。特に、戦後は。。。

オーストラリア・ニュージーランドをはじめとする、南洋諸国。東南アジア諸国を経由してのインドは、経済関係のみならず、外交上も言うまでなく、今後、特に重要度を増しますね。

私の直接の先生ではなかったのですが、ご教授、アドバイスを頂いた、A先生が、アルフレッド・T・マハンの研究をされていました。

今後、この軸を中心に、外交が活発化することを期待しています。

Posted by: forrestal | March 14, 2007 at 06:18 PM

私は、インドネシアをこの枠組み(日米豪および世界規模での民主国家のネットワーク)の中にとりこむことが出来れば実に素晴らしいと思うのですが。
安倍政権には是非とも日本とインドネシアの二国間関係進展とともに、いわば「勝ち組同盟」の中に引き込む展望ともち努力することを密かに期待したいのであります。
インドネシアとオーストラリアの関係を安定化させるという面からも、我が国のはたすことのできる役割・責任があるのではないでしょうか。

Posted by: 妖怪 | March 16, 2007 at 01:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/14254460

Listed below are links to weblogs that reference 「海」の戦略軸:

» 問題提起 [地球冷却運動 (Earth Cool Movement) [地球温暖化防止対策]]
 地球温暖化が、世界中で多くの不幸をもたらしています。異常気象により被災者になってしまう人や沈み行く島に住む人々。絶滅してしまう動植物も・・・。  この不幸を回避するために、私たちは何が出来るのでしょ...... [Read More]

Tracked on March 14, 2007 at 05:29 PM

» 地球温暖化 [地球環境の危機]
地球温暖化 [Read More]

Tracked on March 14, 2007 at 05:52 PM

« 遊びの効用 | Main | 政治ポジション・テスト »