« 「復党問題」という妖怪 | Main | 「丸山眞男をひっぱたきたい」… »

March 01, 2007

二月二十八日の三題

■ エントリー更新は控えると昨日、書いたが前言撤回である。
 昨日は、上海発、ニューヨーク経由、東京行きの「世界同時株安」に揺れた。
 絶好の「買い場」であったはずであったが、何とキャッシュを残していなかった。
 誠に残念である。

■ 浅野史郎前宮城県知事が東京都知事選挙立候補前向きだそうである。
 午後、移動中のタクシーの社内ニュースで知った。
 雪斎が浅野前知事と会ったとき、彼は厚生省の課長であった。
 程なくして、彼が知事選挙に打って出たとき、応援部隊の「主力」を構成したのは、愛知和男代議士の後援会組織だった。
 そして、後日、愛知代議士が「自分の選挙よりも力が入った」と評した選挙で、彼は勝って、「地方発、改革派知事」として出発した。
 もう十数年前のことである。
 そうした事情を知る立場からすると、雪斎は、「考え直せ」といいたくなる。
 「キャリアにわざわざ傷を付ける必要もあるまいに…」。
 石原慎太郎都知事を相手にした選挙であれば、なおさら、そう思うl。

■ 夕刻以降、愛知代議士の「在職25年」を祝うパーティが開催される。
 祝辞を述べたのは、中曽根康弘大勲位、伊吹文明文部科学大臣、尾身幸次財務大臣、中川秀直幹事長、武部勤前幹事長といった人々である。千数百人を集めた盛大なものであった。
 中曽根大勲位のスピーチは、「凄い」の一言である。何が凄いのかというと、そのエネルギーである。とても、齢九十近い人物だとは思えない。
 雪斎は、このパーティ絡みの仕事は既に終わっていたので、会場では何もしていない。
 それにしても、「二階派」のスタッフ総出で着た「法被」は、雪斎には全然、サマにならなかった。「慣れないことはすべきじゃねえな…」と思う。
 

|

« 「復党問題」という妖怪 | Main | 「丸山眞男をひっぱたきたい」… »

「学者生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/14086543

Listed below are links to weblogs that reference 二月二十八日の三題:

» 雪斎さん、浅野史郎氏都知事選出馬について語る [うみおくれクラブ]
 「雪斎さんの随想録」さんこと櫻田淳氏は、宮城県出身、現在、愛知和男代議士の政策秘書である。  雪斎さんが、浅野氏の都知事選出馬について言及している。 ■ 浅野史郎前宮城県知事が東京都知事選挙立候補前向きだそうである。  午後、移動中のタクシーの社内ニュースで知った。  雪斎が浅野前知事と会ったとき、彼は厚生省の課長であった。  程なくして、彼が知事選挙に打って出たとき、応援部隊の「主力」を構成したのは、愛知和男代議士の後援会組織だった。  そして、後日、愛知代議士が「自分の選挙よりも力が入った」... [Read More]

Tracked on March 04, 2007 at 01:49 PM

» 東京都知事は気楽な商売か? [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
オフイス・マツナガです。TBさせていただきます。「東京都知事は気楽な商売か?」というエントリーです。 [Read More]

Tracked on March 13, 2007 at 06:07 PM

« 「復党問題」という妖怪 | Main | 「丸山眞男をひっぱたきたい」… »