« 「命懸けの仕事」 | Main | 北朝鮮の経済成長率 »

February 02, 2007

モノ語り 1

■ 最近、購入したモノを紹介する。
 ① ULTRASONE ヘッドフォン PROline2500 オープンエア ダイナミック型  
  : このヘッドホンは、値段が非常に高い。ただし、雪斎のように、賃貸マンションの自室で夜中に音楽を聴くという生活を続けていると、ヘッドホンに「いいモノ」が欲しいとおもっていた。「音質」だけではなく「健康」に配慮したというのが、この商品のセールス・ポイントなので、思い切って購入してみたのである。
 聴いてみると、実に「安心感のある」モノである。かなり長時間、装着していても、耳が痛くならない。昔、とある人物に中古のベンツに乗せてもらったことがあったけれども、そのときに抱いた感想に似ている。雪斎は、基本的に、「モノは、シンプルにして、かつ堅牢であればいい」という考え方の持ち主なので、こういう「安心感を与える」モノは、有り難いと思う。

 ② 「ベートーヴェン:交響曲 第5番 ハ短調 作品67」(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、録音:1947年5月 ベルリン)
  : 第二次世界大戦中の対ナチ協力を疑われ演奏禁止処分を受け、「非ナチ化」裁判の無罪判決によって楽壇復帰を果たしたヴィルヘルム・フルトヴェングラーが、その復帰コンサートで振った一作である。雪斎は、この「人類史上の至宝」と評される演奏を恥ずかしながら聴いていなかった。一聴、沈黙するだけである。

 ③ 「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー1998」
  : いわずと知られた 「シャトー・マルゴー」のセカンド・ワインである。「旨いワイン」でした。

|

« 「命懸けの仕事」 | Main | 北朝鮮の経済成長率 »

「日々の戯言」カテゴリの記事

Comments

ULTRASONEはドイツの会社で、ベンツを想起させるのもむべなるかなと思います。私はオーストリアのAKG製、K501を愛用していますが、固めなイヤーパッドであるにもかかわらず装着感が非常によく、これまた長時間のリスニングに疲れる事がありません。欧州車のシートがロングドライブでも腰が痛くならない堅めのものであるのを連想させます。実用性重視の伝統でしょうか。日本製でもSTAXなど、良い製品はあるのですけどね。

なお、高級ヘッドフォンではエージングに時間がかかることが多いようです。私のも50時間以上使用して好調になったという印象があります。恐らくULTRASONE社のも似たような傾向を示すのではと思います。マニアの間では、留守の間CDプレイヤーにリピートをかけて2~3日鳴らしっぱなしにするのが定番とか。音が柔軟になり、かつ情報量が増える方向に変化すると推察します。

Posted by: カワセミ | February 02, 2007 at 07:50 PM

雪斎さん

ふと夜中に目が覚めました。(というより、昼間、寝すぎて眠れませんw)

フルトヴェングラーの「幻の作品」を聞かれたのですね。
実は、私も、聴いたことがなくて。なかなか入手困難です。
1953年ものは、あるのですが。。。

私が今、聞いているベートーヴェンは、オトマール・スウィトナーのコンプリートです。

こちらも、硬さと柔らかさが共存していて、味わい演奏になってます。

Posted by: forrestal | February 05, 2007 at 03:37 AM

おや、今では入手困難なのですか。ティタニア・パラストでの演奏ですよね。私はレコード芸術が特別企画で限定復刻したものを直販で手に入れたのですが。ちなみに25日と27日の双方の演奏が現存しており、私が手に入れたのは27日のものです。そちらのほうが良い出来とされているようです。
演奏は異常なまでの集中力で、文句なしの最高の名盤、まさに人類の遺産ですね。

Posted by: カワセミ | February 05, 2007 at 09:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71618/13751057

Listed below are links to weblogs that reference モノ語り 1:

« 「命懸けの仕事」 | Main | 北朝鮮の経済成長率 »